FC2ブログ

GT-Rをレンタルしてみた

P1290296.jpg
今回はGT-Rを借りてみました。日産レンタカーで借りられるんです。
手続きもごく簡単。置いてある店舗は限られるんですが。

レンタル費は朝9時から夜7時まで借りて3万5千円。レンタカーとしてはとても高額。
でも車が特殊だからね。しかもクルマが新しい!2017年型です。

僕が借りたのは昨年1月に登録された車で、まだ1万5千㎞しか走ってませんでした。
簡単なレクチャーを受けて、いざ出発。
IMG_20180129_102812.jpg
スターターボタンをおすと、結構な音量でブオオオンと目覚めます。
でもフェラーリのような爆音ではないです。何とかギリギリ許容範囲。

まずは、外に出てじっくりと車を眺めてみました。
IMG_20180129_170206.jpg
僕が実際に乗ったり、所有したことがあるのは、
80年代後半に復活した三代目GT-Rから。

その中でも、この車は一番ハンサムに見えます。すごくカッコいい。
見てすぐ「おっGTRだ!」ってわかりますもん。そういうの大事。

2007年デビューのクルマですけど、古臭い感じナシ。
P1290305.jpg
印象的なタテ目のヘッドライト。中はずいぶんと複雑な構造なんですね。
近づいてじっくり見たのは初めてだったので、興味津々。

車高はかなり低い…。
IMG_20180129_173047.jpg
係のヒトにも、駐車場の出入りは気を付けてくださいねと言われました。
輪留めはおろか、ちょっとした段差でもゾリゾリと音が聞こえてきてぞっとしてます。

ノーマルでこれか…フロントリフト機構があったほうがいいかもしれない。
P1290319.jpg
伝統のエンブレム。オーナーにとっては誇りを感じる逸品でありますが
よく盗まれるんだコレ(汗) 僕も2回やられた。

慣れてるんだかなんだか知らないけど、綺麗に剥がすんだよね。跡形もなく。
それが余計にムカつく(笑) ガソリンスタンドのお兄さんに

「わざとエンブレム外してるですよね?さりげないなあ」

そうホメられて、ええ!無くなってますか(汗)なんて。
P1290330.jpg
走り出してすぐに思ったこと。
「この車、すげえうるさい!」 

運転席からは実に色んな音が聞こえます

かちゃかちゃ…跳ね石がホイールハウスを叩く音
ひゅーひゅー…タービンの音
ぼーぼー…マフラーからの重低音
きーきー…ブレーキ鳴き。
じーじーびりびり…内装の共振音

長時間乗ると確実に脳をやられます。受ける印象はチューンドカーそのもの。
でもこれノーマルだからなあ。こんなにうるさくていいのか?

サスのセッティングを一番固くしてみると、脳天に響きます。 事実上のサーキット専用。
ソフトにすると、適度に締まった素晴らしい乗り心地になる。
P1290363.jpg
超大径のブレンボ製キャリパー。
この色は鮮やかで好きだなあ。

ブレンボがサポートするディスク径は最大38㎝まで。それ以上だと、
温度の均一性が保てないという理由で作っていないそうです。

GT-R開発者は、自ら図面を引いて、ブレンボを説得し39㎝の
規格外ディスクを作らせたという逸話を何かで読んだ記憶があります。

GT-Rが目指す性能がいかに凄いものだったかがわかるエピソードですね。
P1290284.jpg
リアタイヤは285/35とか、異様に平べったい感じ。フロントでも255。
ブレーキを踏むと、轍の方向にハンドルが取られる。

超扁平タイヤのあるあるです。なんだか懐かしい感じだけど
いまさらこういうのに乗っても高ぶったりはしない。もう年だし。
IMG_20180129_170000.jpg
色気のかけらも無い室内。
全然わくわくしません。

ドアミラーの操作スイッチとか、ドリンクホルダーのカバーは
信じられないくらいの安っぽさ。これはちょっと…。
P1290350.jpg
これデザインしたヤツ誰だよマジに。特別なものを扱う感じゼロ。
もうちょっとやりようがあるはずだと思うんだけど。

エアコンの操作パネル下のスイッチ類は特にひどい。大昔のラジカセとか
無線機並みの仕上げです。セッティングを変更する重要な部分なのに。

ポルシェもこんな感じだよね。実用一点張り。
IMG_20180129_165919.jpg
リアシートはひどく狭い。911よりは少し広いかな?小学校低学年なら
何とか。馬鹿学生は「うおお狭いぜw」とか大騒ぎで乗ると思う。

モテない車オタクの青年4人組が車内ぎゅうぎゅうになりながら
楽しく走るのが目に浮かぶ。深夜のデニーズで話し込む。勿論クルマの話オンリーよ。
P1290344.jpg
340㎞まで書かれたスピードメーター。歯車型に打ち抜かれた文字盤(カーボン柄)は
何やらG-Shock風であります。

ノーマルの状態では180㎞でリミッタが作動。つまり速度計の上半分は使わない。
サーキットに行くとGPSが反応してリミッタを解除するとのこと。ナルホド。

もちろんこのままでは商売にならない。ちゃんと抜け道は用意してあります。

スポーツリセッティングというNISMO製のコンピュータを購入すると、
保証を保ったままで、リミッタの上限が320㎞になるらしい。ふむむ。
P1290341.jpg
で、実際にアクセルを踏み込んでみるとどうか。
これが驚いたことに、エンジン車っぽくない。

ギュイーンという、ある種モーターのような、電気的な唸りがメインなんです。
何かに似てると思ったら、グランツーリスモというTVゲームですね。

あのゲーム中に鳴り響くエンジン音(のようなもの)にそっくり。
いわゆる内燃機関の音とは一風異なるものです。

もちろん速いんですよ。今まで乗った車の中で、明らかに一番速い。
しかも、すごく安定してるんで怖くない。気が付くと凄いスピードになってる。

非常に不思議な感覚です。



僕の気のせいかと思ったけど、動画で見るとやっぱし独特なんだねGT-R。
途中からバルブが開放されて音が大きくなる。

でも運転席からはあんまし、その高まりは感じられないんです。
812236165739f781e04do.jpg
2012年に、「ウサイン・ボルト仕様」GT-Rがオークションに出品されたことが
ありました。本人のサイン、プレート付き。

世界で一台。外装色だけじゃなく、内装やホイールも特別に設定されたもの。
いったいいくらになるのか注目してたんです。

結果は、当時の日本円で1600万円弱で落札。これだとカスタマイズや
企画のための準備にかかった費用のほうが高いかも。

何ともお寒い結果になってしまいました。富裕層は全く興味がなかったんですね。
P1290311.jpg
金の大好きなアラブ諸国の方々が買うかと思ってたんだけどなあ
やっぱし特別な感じがないというのは致命的。

ニュルでタイムを追求するのもいいですけど、そういうのは中華メーカーもやってる
ことだし、GT-Rという偉大な看板をもっと押し出してもいいと思うなあ。

以前フェラーリが「BUSHIDO」という特別モデルをだしてましたけど、あれこそ
GT-Rがやるべきですよ。「菊一文字」とか作ってほしいよね。

スマートキーに蒔絵をあしらってほしい。センターコンソールは
七宝焼きです。毛唐たちが涙流して入札してきますよ。東洋の神秘!

関連記事

コメント

No title

今度はGT-Rですか。
私も昔はGT-R命で、R32とR34に乗りました。
良い車でしたが、ポルシェボクスターに乗ると、こんなにも違うのかと!(もちろんポルシェが上)

今でも第二世代GT-R(32、33、34)には惹かれますが、35はないなぁ。
S○NYのゲーム機みたいだし、速ければなんでもいいって感じで、魅力を感じません。

速いけど油温がすぐ上がるとか、ブレーキが聞かないとか、何か欠点が無いと愛せないのかなぁ???

Re: No title

hiroshiさん

おはようございます。hiroshiさん、ずいぶん濃ゆいGT-R生活を送っておられたのですね!
個人的にはR32のボディがコンパクトで好きでしたねえ。
SONYのゲーム機というのはまさにそのとおり!実は音がそっくりなんですよ。
グランツーリスモというゲームをしてる時に聞こえてくるのとそっくりな音がするんです。
> 速いけど油温がすぐ上がるとか、ブレーキが聞かないとか、何か欠点が無いと愛せないのかなぁ???
うふふ…それは間違いないです。どこか隙が無いとねえ。

No title

センセ、こんにちは。
GT-Rも確かにスーパーカー的存在なのですが、何故か「スーパーカー」というカテゴリーには分類されていませんよね。
何故なのでしょう・・・性能的には十分なのに。
日本人は、スーパーカーを性能だけで分類するのではなく、異様なスタイルを伴っており且つ手が届かないくらい高価でなければいけないと思っているのかもしれません。
GT-Rは、パッと見、ちょっと尖った普通車ですもんね。
だからセンセの車評にも、スーパーな部分を強調する表現がありませんよねバキッ!!☆/(x_x)

Re: No title

だっくさん

GT-Rのことは、日本の誇るスーパーカーだと思ってます。
GT-Rは2500万くらいにすると、売れるようになるんじゃないでしょうか(爆)
内容的にはそれくらいしてもおかしくないですよね。
でも、その性能を堪能するにはあまりにもハードルが高いんです。法定速度内で走ってる分には訴えてくるものが
あんまりなくて、ネガな部分ばかりが目立つんです。ある種のクルマは、街中を流すだけでもゾクゾクするんですけどね。
サーキットに行くとすごく楽しそう…でも今更もう一度ライセンス取って走るかって言うとやらないだろうなあ。

No title

いいですねぇ「菊一文字」
でもここはもう少し一般的に「虎徹」なんかどうでしょう。
響きもいいし♪
うちの車は古鉄ですが(泣)

No title

パノラマセンセイ、こんばんは
これ乗るんじゃないかと思ってましたよ~^^
鬼の様な加速で海外では若者の注目の的ですものね~
でも加速って慣れてくると、あと加速以外の魅力って何なんだろうって考えてしまうかもです~やはりサーキットでがお似合いかもですね
あと35GTRよりトヨタのLFAの排気音の方が個人的に好きです^^

GT-R  懐かしい響き

panoramaheadさん

雪になりました。
私達世代にとってこのGT-Rは神に近しい存在でした。
想えば・・・昭和44年に18歳で免許を取って初めての車が親のすねかじりの2000GTでした。初代GC10 GT-RはGTの2倍の価格(150万円)で衝撃的なデビューを飾り、プリンスR380のGR8型エンジンをデチューンした心臓のS20型は4バルブ3キャブ2カム(フェアレディZ432の由来はここから)は地を蹴る怒涛の160PS(グロス値、笑)で当時としてはとてつもないものでした。
また、俗に言うGT-Rもどきが流行ったのもこの時代でノーマル2000GTに手を入れてエンブレムを変えたりフェンダーを叩き出したりして爆走する若い衆が少なくなったのですが唯一どうしてもRにならない箇所が透明ガラスとそれを固定するゴムのモールでした。
現代より車に対する若者の思い入れが熱かった時代、タコメーター・フロアシフト・ラジアルタイヤ・・・それだけで「凄ぇ、凄ぇ」の世界ですからそんな背景の下に降臨した日産スカイライン2000GT-Rが如何に孤高の存在であったかが伺いしれるというものです。
今、この文章のキーを打ちながらこれほどまでに自分の気持ちが昂って来るモデルは今も昔もそうは多くありません。
今月で67歳になる私ですがまだまだハートは熱いです。(笑)

No title

日産GT-R、10時間のレンタカーで3万5千円!
昨年秋に北海道でトヨタ・プレミオを1週間借りましたが 1万8千円でした。トヨタって安んですね(-_-;)

美銀座師匠の財布から、火砕流のように現金が噴出して日産ディーラーを直撃!のXデーも近いようです....(噴火予報)

Re: No title

monopodさん

日本刀だけじゃなく、monopodさんの大好きな焼酎の名前だっていいですよね。
風雅な響きのお酒がいっぱいありますもの。ああでも商標の面でダメですかね。
そもそも風雅もダメか。やっぱし日本刀でしょうか。

Re: No title

ASKさん

LFAは特別ですよ!値段もぶっちぎり(笑) あれこそまさに日本の誇る名車です。
遅くてもよいので、音のいい車を出してくれないかなあ…きっと売れると思うんですけどね。
GT-Rに無理して乗る若者はあまりいないようですね。たいていおじさんです。
今の若い人は車に興味がないみたいで…。

Re: GT-R  懐かしい響き

美銀座美人さん

新成人の欲しいクルマの第一位がトヨタ・アクアでかなり絶望したんですけど
GT-Rもちゃんとランクインしてました。13位だったかな?
美銀座さんの時代では考えられないことですが、本当にクルマに興味がないんですよ彼らは。
絶対まずいとおもうんです。大人たちが、GT-Rのことを折に触れて伝えないと、こういう車は
いずれ消滅していく運命です。
週末に改造車で繰り出す若者もすっかり見なくなりました。たまにみるとオッサンだったりします(汗)
みんな家でスマホいじってるのかなあ…。

Re: No title

猿画堂さん

> 美銀座師匠の財布から、火砕流のように現金が噴出して日産ディーラーを直撃!
のXデーも近いようです....(噴火予報)

あっはっは!美銀座さんのようなアツいひとがいないと、メーカーも困ってしまいますよね。

こんばんはパノラマ様

1度、コメントを入れたのですが最後に誤って
ESCキーを押して消してしまいました~
でも、拙きコメントをもう1度入れさせて貰います
美人さんも仰ってるように、ボク等の学生時代は
男子にものすごく人気が有ったのがあの箱型のスカイラインでした
ボクは最初の頃、そのGTXのブルーの車を割賦で購入
嬉しくて朝から、車を立て横から眺めて居たので
ご近所の人に良くからかわれたものです~
ケンメリになってからはご縁が無くなりましたが
その血統を受け継ぐGT-R今でもそのエギゾーストノート
を聞くと、脳からアドレナリンが分泌され血圧が上がります
今の型は570馬力でしたっけ?最高速も軽く300超えでしょう
「誰でも、どこでも、いつでもSCの魅力が味わえる」
とか言ってますが~「違うだろう!」と言いたくなります。
明日は本県にご来臨賜れますか?

Re: こんばんはパノラマ様

TKNさん

箱スカ全盛のころは、まだ生まれておりませんが、あの形は現代においても美しく
しびれるほどカッコいいと思っております。そういう遅れてきたGTRファンはいっぱいいると思います。
GT-XというとL20SUツインキャブですね。当時としては相当の高性能車だったと聞いています。
美銀座さんとおなじく皆さん熱い想いを持っておられますね!
今のGT-Rは僕ら素人でも扱えますけど、たぶんその性能の数%くらいしか味わってないんでしょうね。
限界が恐ろしく高すぎて、いったいどこでそれを試せばいいのか。

PS

>いったいどこでそれを試せばいいのか~
さあ、きっとそれはサーキット?


しょうもない~~~
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR