FC2ブログ

ネット上の墓標

DSC03067.jpg
最近知り合いのご母堂が亡くなられて、通夜に出ることになりました。
式は1時間余りで終わったんですが通夜振る舞いの席で怒ってる人がいまして。

「こんなに長時間付き合わせるなんてどういうつもりだよ」

ま、そんなら寿司なんか食べてないで帰ればいいのに(爆)
でも、皆さん口々に

「今日は長かったねえ」

聞いてみると、最近の通夜は、読経が始まって10分もしないうちにお焼香。
お焼香が終わったら席には戻らず、そのまま通夜振る舞いの部屋に。

あとは飲み食いするもよし帰るもよし。そんな感じだそうです。
喪主と会わないなんてのもよくあるそうで。
DSC01943_20171118161330d25.jpg
最近はお墓の進化もスゴイみたいですね。

「自動搬送式」「ロッカー型」「マンションタイプ」

字面だけ見てると、何のことなんだか分からない(汗)
ともかく、安く、手軽に、スピーディに。そういう時代です。

you tubeにも、たくさんCMがアップされてました。印象に残ったのをご紹介。




倉庫から骨壺が自動的に参拝スペースに運ばれて来るのが、
「自動搬送式」だそうです。

故人も自分が回転すしみたいな立場になるとは思わなかっただろうなあ。

僕は、リン酸カルシウムの塊を拝むよりは、ブログをお墓にしたほうが
いいんじゃないかと思う。その人の考えとか思いとか全部詰まってるわけでしょう?

命日にぽつぽつ読めは、思い出が蘇りますよ。カウンターが回ると
故人も喜ぶんじゃないの(爆)

実際、亡くなった後も、コメントの書き込みが絶えないサイトってあるよね。
タレントとかミュージシャンとか。
DSC02005.jpg
ただブログにアクセスするだけじゃあ物足りない。お参りしてる実感がほしい。
そういう人には、それらしいサービスを提供すればいい。

定期的に訪れないと、ブログのタイトルが薄汚れていくってのはどうだ?
背景も草がボウボウ生えてくるの。

課金すると草刈が出来る(笑) お花を供えるボタンとか、新しい卒塔婆立ててみるとか。
SIMお墓ですよ!

いまや、神社もバーチャル参拝出来る時代ですからね。おみくじも引けるし
絵馬に文字を刻める。鈴を鳴らせるところもある。

怖いのは、運営がいなくなることだけ。じいちゃんの墓にお参りにいったら

「404 not found お探しのページは見つかりませんでした。」
DSC07397.jpg
僕は死後の世界というものを信じませんが、もしあったらと考えるのは好きなんです。
身ひとつで、霊界に入ったら、いきなりクロマニョン人に襲われたりとか(爆)

だって、いままでに死んだ生物が全部いるはずでしょう?
言葉が通じないからヤバい。

霊界の役人に、お前はここに住めとか言われて、
つれて来られたのがギュウギュウ詰めの長屋。

向かいでは、蓮の上のソファでゆったり過ごしてるやつらがいて、

「僕もあっちに行きたいです」
「あれは、戒名が大居士だけのサロンだ。お前はここだ」

なんて、霊界まで格差社会だったらやだねえ。
そのうち、デモが始まるよ。俺たちに明日は無い、なんて。

関連記事

コメント

No title

センセ、こんにちは。
センセの「馬鹿ネタシリーズ」メチャクチャ面白いですよ。センセ、本業よりこっちのほうが才能あるかもバキッ!!☆/(x_x)
通夜・・・昔はその字のとおり、夜通しだったんですけどね。
線香の火を絶やさないように、必死になって起きていたものです。いつの間にか、蚊取り線香みたいなお線香が登場、いったん着火したら明朝まで大丈夫・・・おいおい、そんなことしていいんかいっ!
何でもかんでも便利になるというのは、ホントは困ったことなんじゃないかと思います。不便だからこそ工夫もするし努力もする。それが今は・・・すでに工夫、自助努力の限界点付近に来てるんじゃないかと。
でもってあと20年かそこらでAIが人間より賢くなるとか・・・う~ん・・・世も末ですなぁ・・・

Re: No title

だっくさん

こんばんは。馬鹿ネタばっかり書いてると、あとで、これをお墓に出来なくなりますね(汗)
子供たちが、あとでみて「うちの親父は…」と嘆息する姿が目に浮かびます。
通夜、本当に一晩中だったんですか!それはツラいですね。うちの地元だと、踊りを踊ったり
することがあったそうですが、僕は見たことがありません。
結局、ケータイとネットが全てを破壊したんだと思います。短時間で恐ろしいほどいろんなことが
出来てしまう。もう誰も待てない。じっと待つというのは「無為に時間を過ごす」のと同義になってしまいました。

No title

急に何か月も更新が無いサイトとか見ると
交通事故とかで、すでにこの世にいないのかも
と思ってしまいます・・・

Re: No title

jetさん

こんばんは。確かに見てるほうは不安になりますよね。
知ってる人だと、直接電話したりして確かめられるんですが、ブログ上の
お付き合いだけだと、それもかなわず…。

こんばんは

三島由紀夫の小説に「禁色」とか「美徳のよろめき」とか
はたまた「獣の戯れ」などの小説が有りました。
読んでみると、いやらしい話ではなく、何れも
格調高く、文学的な内容で、学生の頃失望したものです
ボクがこの題名で何か書いたら、全てエロ本になるでしょう
サブタイトルは、~実体験による官能小説~なんてね
石原慎太郎の「太陽の季節」の障子パリンの方はいやらしいです
渡辺淳一の小説はどうでしょう~エロいんだけど薄絹を
纏って居るから~女性には人気があったのでしょう
あ~ボクは何が言いたかったのか?良く分からなくなりました。

Re: こんばんは

TKNさん

>学生の頃失望したものです
すごくわかりますよ~。とにかくそういうものに飢えてましたからね。
どこからでも引っ張ってくる馬鹿力があったんです。描写のいやらしさといえば
やっぱり小松左京かなあ。
今はネットでいくらでも即物的なものが手に入ります。そんなドキドキもない時代ですね。
僕も何の話をしてるのかわからなくなりました。

No title

パノラマセンセイ、こんばんは
お墓もここまで進化しましたか~考えた人若い人なんでしょうね~
それを形にするって凄いですよ
今はネット世界で生活しているので爺さんからばあさんまでPC、スマホを触らない日が無いくらい、PCもHHDからクラウド、もうinternet of things:iot の時代ですからね~
音声認識のスマートスピーカーが数社から販売してますもの。
センセイのブログの墓参り、iotと絡めると面白いカモですね
あっ私も何を言っているのか分からなくなりましたよ^^

No title

ASKさん

おはようございます。昨日のニュースでも20代の若者はほとんど
外出しないってニュースが出てました。マジにヤバいです。
目的地に行って、(1回)帰ってくる(1回)途中寄り道する(1回)と
カウントする方式でも、平均2回を割ってます。
ますます在宅で何でも済ますサービスが流行しそうですね。
既存の業界で無くなっちゃうものがたくさん出てきそうです。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR