これぞ日本のスーパーカー

DSC09934.jpg
以前から気になっていたレクサスLC500を見に行ってきました。
最廉価のグレードでも1300万円と国産車としては超弩級であります。

LCの外観を見た時の衝撃は忘れられません。「プリウスじゃん!」
purius_.jpg
これがレクサスLC
lexus-lc500_001.jpg
ライトの形が特徴的ですごく印象に残る両車。最近のトヨタ車の流行りなんですかねえ。
個人的にガンダム風味は結構好きです。

最近のトヨタ車はライトの意匠がどれも面白い。
シエンタなんて、粘度の高い液体が滴るような感じ。でろ~んと伸びてる。
名称未設定-1
いや、マジにいい。街中で止まってるシエンタを見るたび、じっくり見てます。

話が脱線した…1000万円超のスーパーカーとプリウスが似てるのは、
ちょっと具合が良くないよなあ。

でも、実際に見るとかなり違った。爪の先までこだわりが充溢してます。
こんな複雑な構造のライトは見たことない。
DSC09881.jpg
レクサスのアイコンであるスピンドルグリル。この桟の具合がマジにすごい。
設計に半年かかったというのをどこかで見たけど、納得です。
DSC09866_20171022231214ec1.jpg
パッと見にはわからない所が奥ゆかしい。こういうのは大陸ではウケない。
彼の国では見た目の分かりやすい派手さが重要なんであります。

しかも4000㏄の自然吸気。中国の税制をガン無視ですよ(笑)
(4000㏄を超えると法外とも思える高額な税がかかる)

どのメーカーも中国のほうばかり向いてるなかで、男らしいなあ。

ポルシェもフェラーリも小排気量化、ターボ付きに替わっているなかで
大排気量の自然吸気エンジンは貴重です。

ポルシェのリアフェンダーのような張り出し。
個人的にLCを最も魅力的に感じさせるポイントであります。
DSC00070.jpg
「これだけ張り出してると、跳ね石を食らいそうですね。」

僕が質問するとセールス氏は、こんな説明をしてくれました。

「実は前後で、車幅は5㎜しか差がないんです。」

「ボディ中央部を絞ることによって、引き起こされてる錯覚なんですね。
しかも、絞り込みによってかなり乗り降りしやすいんですよ。」

おお、なんと。そういうことでしたか。とてもそんなふうには見えない豊かなヒップライン。

ドアはリモコンを操作するとノブが飛び出してくるタイプ。テスラで同じ構造を見たような。
DSC00007.jpg
「L」のマークが泣かせる。こういうところでくすぐってくるわけね。

ともかく、車のどこを切り取っても雰囲気のある写真が撮れる。
本当にこだわって作ってるのがわかる。
DSC00179.jpg
DSC00157.jpg
後席は911やi8よりも狭いです。足元はともかく頭が当たる。
荷物が置ければいいので、それは問題ナシ!
DSC09982.jpg
室内の質感は素晴らしいものです。本当にすぐにでも欲しくなる(爆)、
内装色「ブリージーブルー」はLCを買うならこれしかないと思わせるカッコよさ。
l_sk_lcinterior_35.jpg
でも、この色を選ぶと、ボディカラーは白とかシルバーなどの
あっさりした色しか選べなくなる。

赤や黄色などの派手目な色だと、黒やタンなどのシブい色になる。
l_sk_lcinterior_41.jpg
レクサス自身が「この組み合わせはないよね」って考えてるわけ。
だけど、それは感心できないですね。

1300万以上を車に払うひとって、たぶんあんまり我慢しない人たちです。
選べないんなら、レクサス以外の車を選ぶでしょうね。

そもそも受注生産の車で、組み合わせを絞る意味がわからない。
なんでダメなんだろう。
DSC00059.jpg
セールス氏同乗で、試乗に出発。まずエンジンをかけてみるわけですが、
やっぱり吼えるのよね。ドカーン。でもすぐ静かになります。

しばらく待つとかじゃなく、本当にすぐ。これなら別に吼えなくても…。
DSC09999_20171022225433d77.jpg
車幅は1940㎜とかなりありますけど、全く気になりません。
駐車もバックモニタがあるしラクラクです。

街を流す分には、本当に静か。車速追従式のクルーズコントロールもついてるし、
長時間のドライブも普通にこなすでしょうね。

セールス氏に促されて、アクセルを踏んでみますと5000回転くらいから
バルブが開いて、爆音になります。その時に感じたことは

「これ、i8と一緒。」

本当によく似てます。フェラーリみたいな高音でもない。
ポルシェのようなメカニカルサウンドでもない。

どちらかというとアメ車っぽい豪快な音。普段は退屈なくらいおとなしくて、
踏むとそういう「演出」がされる。
DSC09952_201710222322482ff.jpg
うーん…なんかここで急速に購買欲が萎んでいきました。

最近いろんな車に乗り出して分かったんですけど近所迷惑な音は困るとか、
ACCがついてないのは嫌とか、後ろが見えないのは怖いとか。

あれもこれも条件を満たす車って、便利だけどあんまり魅力的じゃないんですよ。

実際に乗って、もう一度乗りたい、買いたいって思う車は、全く便利ではないけど
どこか突き抜けた魅力があるんです。
lc-structural-blue-hero@2x.jpg
家に帰ってきてからカタログを眺めたりして、色々考えてたところに驚くような
ニュースを目にしました。欧州で発表された「Structural Blue Edition」です。

レクサスや自動車関連のサイトの情報を見てみますと

・モルフォ蝶にインスパイアされた構造色
・300グラムの顔料と3,000億個の顔料フレークを組み合わせた鮮やかな青色
・入射光をほぼ100%反射(通常は50%)
・開発に15年
・元町工場で日産2台が限度
lc-structural-blue-fullbleed1.jpg
「構造色」って…要するに本物のカワセミブルーってことですよね!?
果たしてどんな色なのか。

開発に15年って…まあ全米が泣くとか構想20年とか、そういうホラをしょっちゅう
聞いてるけど、レクサスは冗談を言うキャラじゃないものね。本当なんでしょう。

しかも内装色は、本来設定できないブリージーブルー。ついにキタコレ!
もう逝きます。いくしかない。んで、レクサスに電話。いつ出るんですか?

「何も聞いていませんねえ。日本で発売するかどうかもわかりません。」

うーむ、そうですか。ま、しばらく楽しみに待ちますかね。
出来ればショールームじゃなく、青空の下で眺めてみたいものです。

関連記事

コメント

No title

センセ、おはようございます。
間もなく21号直撃予定です。
レクサスですかぁ・・・う~む・・・
そう言えば、最新型のプリウスが伸び悩んでいるそうですね。出会台数は予定の4割減だとか。
理由はたぶんあのスタイル。
トヨタさん、ちょっとやり過ぎちゃったんじゃないの?と思える異様なデザインはプリウスユーザ(ごく大人しいファミリー層)には受け入れ辛かったのかも。
で、レクサスがそのプリウスに似ているんですかぁ?車格が全く違う2台ですから、購買層も全く違う2台ですから、何の問題もないのでしょうけれど。

だっくだったら・・・コレ買うくらいならロドスタ5種詰め合わせセット買うなぁ(^^;)

No title

LEXUS LC 圧倒的な存在感ですよね。
私も発表と同時にお店にGO!でした。
20インチタイヤが醸し出すボリューミーで
グラマラスなラインは世界を見渡しても他のどれにも似ていない唯一無二の雰囲気がありますよね。
グランドツーリングが似合う車でしょうから週末には小さなバッグをリアシートにひとつ積んで箱根あたりのオーベルジュにでも行ってみたい衝動にかられます。
そして、この度フラッグシップに等しいLEXUS LSも発表されました。
世を上げてSUVだのEVへなびく風潮を横目に走る楽しさを提起してくれるTOYOTA/LEXUSにエールを送ります。

Re: No title

だっくさん

詰め合わせセットいいですね(笑)税金と保険だけでもう一台買えそうです(爆)
プリウスみたいにほっといても売れる車で、大冒険。僕はその意気や良し、と思ったんですけど
販売増につながらなかったのは残念でしたね。
プリウスが売れてないのは、スタイリングもさることながら、買い替えの必要がないからだと思ってます。
旧型を最近2週間ばかり借りて乗ってたんですけど、あまりに素晴らしい車なので中古価格をチェックしたほどです。
僕の近所でも、ほとんどが旧型を大事に乗っておられます。5年先くらいじゃないでしょうかね。買い替えは。

Re: No title

美銀座美人さん

初めてレクサスのディーラーに足を踏み入れました。サロンがあったりして
なるほど、これはみんなやられちゃいそうだなあと思いました。
近くで用事があるから、と開いているデスクでお仕事なさるオーナーさんもいらっしゃいます、
そんな説明を受けました。都内ではパソコン開いて30分なり1時間なり集中して仕事をする場所って
探すのが大変なんです。人目も気になりますし。これはかなりいいかもです。

No title

レクサスのディーラーに行って 車を見るのはまだレクサス初心者だ。
上級者はレクサスレディのヒップの曲線を後ろから堪能し、それを車体の曲面と重ねて評価するものだ!
... と、ある上級者の方から以前お聞きしました。
「レクサスの世界」奥が深いですねぇ。。。 (^^)

Re: No title

猿画堂さん

こんばんは、ええっと書いておられる内容を拝見すると、美銀座さんが憑依されてるとしか
思えませんが(笑)とある上級者はいったいどなたなんでしょう?きっとあの方ですね。
ショールームはとても良い雰囲気でリラックスできましたよ。

おはようございます!

レクサスと言えば美人さんですね。
タイトスカートのレクサスレデイにメロメロ~
思わずハンコを押してしまう件はつとに有名ですよね。
折しも、今日から東京モーターショーが始まります。
電気自動車も進化して、コンセントが無くても充電できる
優れモノも登場とか~
ただ、相変わらず大きな課題は1つだけ、1回の充電で
どこまで走れるか~でしょう。
センセの車のように1回満タンで1000kmが理想ですよね。

No title

日本のスーパーカーメラ:ソニーα9に続いて α7RIIIも発表されましたね。
同時にヨンニッパ開発宣言も!
パノラマ師匠が ヨンニッパつけたα9で カワセミを連射...おっとそれじゃ動物虐待になっちゃう...連写される日がやってきますね。

Re: おはようございます!

TKNさん

こんばんは。パサートはエコランに徹した結果、今のところ満タンで1600㎞くらいまで
航続距離が伸びるようになりました。もちろん、毎日充電してるせいもあるわけですが。
通勤だけに使うのであれば、ガソリンはほとんど使いません。
でもその一方で、ガソリンをぶちまけるように走る車も好きなんですよね~。困ったものです。
レクサスレディは皆さん、良い良いとおっしゃるのですが、僕が行ったときはお茶を出して
くれただけで、特に胸がときめくことはなかったですねえ。

Re: No title

猿画堂さん

ついにα9のヨンニッパ登場ですね。いったいいくらになるのやら。
今のところ、ニコンより割高な値段設定で来てますので120万を切ることはないんでしょう。
もし買うとすれば、いよいよ手持ちの機材を全部放出するくらいの覚悟が必要ですね。
でもそこまでする価値があるんかしら。だって100400で相当イイのが撮れてるんです。

No title

panoramaheadさん

>お茶を出してくれただけで特に胸がときめく事はなかったです・・・・

ありゃ? お飲み物と【ケーキ】が出ませんでしたか?
panoramaheadさんのような上客に対してそれはいけません、CEOによ~く言いきかせておきますね。
あ、それからLEXUSは月曜日が休みのとこが多いですから彼女たちをお誘いするのは日曜日の夕食が高打率です。 
高輪エリアが望ましいですが間違っても品プリはいけません、選り好みに長けたレクサスレディですからここで倹約すると帰られちゃいますかんね。
やっぱし、高プリでしょうかねぇ。\(^o^)/

Re: No title

美銀座美人さん

こんにちは。妻もこのブログみてるんです。僕はどうコメントすればよいでしょう(笑)
いったい、美銀座さんはレクサスディーラーにナニをしに行ってるんですか全くもう。
そういえばケーキも出てたような気も…僕はLCのカタログに集中してましたので
邪念は一切浮かびませんでした。そう言っとかないと色々まずいんです(笑)

No title

最近のトヨタのデザイン、顔が顎が外れたというか、プレデターぽいっていうか、えげつないですねぇ。個性的ではありますが、この手のデザインはアウディが始めませんでしたか?
トヨタ車を乗った経験で言えば、上質なインテリア、そつのない操作性、ユーティリティって言う感じで、嫌いじゃありません。
えげつない顔でも、馴れれば違和感なくなるかも(^o^)

No title

【人の嗜好は人それぞれ】

ファッションブランドがそうであるように人の好みは本当に千差万別・多種多様です。
とりわけ、クルマに関しては贔屓もそうでないのも含めて好き嫌いが明確に別れるところでしょう。
長い歴史と伝統に培われた欧州の名門名車はここで改めて言うまでもなく
おしなべて一目でそれと判る強いアイデンティティを併せ持っています。
それらはスリーポインテッドスターであり、キドニーであり、フォーリングスであったりしますね。
一方でその歴史がまだ浅い日本では時代背景と流行の変化によって数年毎にそのアイコンを変えてきた現実がありました。
先の各高級欧州車と互角に対峙する事を使命として誕生したLEXUSブランドはそれまでの日本車にはない高級プレミアムカーのカテゴリーに打って出る為に独自のアイデンティティ構築が必須であった背景もあり、その手段として生まれたのがここ数年に亘ってLEXUSが採用するスピンドル(糸巻き)グリルです。
遠方からでも一目でLEXUSと判るデザイン構築にこの大きく口を開いたダイナミックなフロントグリルは当然の帰結であったのでしょう。確かに好き嫌いが明確に別れるデザインと言えなくもありませんが、誤解を恐れずに言えば、或いは反論を買うのを承知で書くならば私個人的にはあのどこかのクルマが偉い御紋のように誇示して止まないスリーポインテッドスターよりは余程マシであると思っています。
ベ〇ツ崇拝者の方、ごめんなさい。

Re: No title

monopodさん

そうそう、あのでっかいグリルは最初はアウディでしたね。僕もレクサスの顔を見たときに
これはちょっとなあと思ったものです。でも、最近の糸巻き型のグリルは見慣れてきたせいか
結構いいなあと思ってます。何より、街中でおおレクサスだってすぐわかりますもの。
それはすごく重要なことですよね。

Re: No title

美銀座美人さん

あのスリーポインテッドスター、昔はSLだけグリルに貼り付けてあったような気がするんです。
それがいまや、コンパクトカーも全部そうなりましたね。やっぱり折られるからかなあ(爆)
ロールズのスピリットオブエクスタシーもいまや収納式ですから。
マークがグリルについたことで、デザインはかえって軽快になりましたね。最近のベンツは昔のような
偉そうな感じが希薄です。でも、やっぱし買う気になれないんですよねえ。AMG-GTのお尻をみてると
ゾクゾクするんですけど、あのマークで萎えちゃう。バブル期の悪いイメージをいまだに拭いきれません。
車は点検とか故障のたびにすぐに取りに来てくれるし、サービスは素晴らしいんですけど。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR