戦車に乗って、砲台めぐり

DSC09758.jpg
色んなクルマに乗ってみるシリーズ。今回はメルセデスのGクラスであります。

乗ってるヒトに聞くと、乗り心地は良くないし、高速ではフラフラするし
良いことないよ、なんておっしゃるのですが、そのくせずっと乗ってる。

きっと何か「魔力」のようなものがあるんでしょうね。
DSC00117.jpg
僕が借りたのはG350というディーゼルのモデルでした。右ハンドル。ありがたい。
とにかく途轍もない威圧感であります。デカい。

青信号で、ぼーっとしてても誰もクラクション鳴らさない。ヤバい雰囲気を出してます。
戦車に乗ってるような感じですよ。いざ発進!
DSC00178.jpg
車高は198㎝。駐車場に入るときは、頭上がものすごく気になる。
なんか削られそうで怖い。視界は完全にトラックか観光バスみたいな感じ。

高速からの景色も普段と全然違うんだよね。良く見えるなあ~。
DSC09878.jpg
んで、今回は「台場」についてです。

息子が島について調べる宿題があるというのです。島なら何でもイイと。
なんでもいいなら「エロマンガ島」一択だろ?と彼に話しても完全スルー。寂しい。

すぐに行って歩ける島ということで東京湾の人工島、お台場に決めました。

お台場…ってなんの「台」なのか。それは砲台なんです。1853年にペリーがやってきて
開国を要求。1年後に来るからヨロシクみたいなことになって、さてどうするか。

ここから幕府の動きがものすごく早い。

ペリーがいなくなって10日後の7月下旬には、設計者が現地を下見して、
8月25日には最初の台場が竣工してる。今の政府より絶対仕事が早いっす。
DSC00032.jpg
レインボーブリッジの横にある、こんもり森に覆われてるのが第6台場。
全部で12基作る予定だったようです。

現在立ち入れるのは、公園になってる第三台場のみ。
DSC09575.jpg
この杭が凄いっすよね。将軍家所有の林から切り出し、わずか2日で現場に到着。
長さは4~8m。質の悪いものは容赦なく廃棄。総数2万本だそうです。

海中に基礎をつくるわけですから、作業の難度は想像を絶しますね。
石は伊豆から、土は浜近くの丘陵から切り出し運ぶという一大国家プロジェクト。
DSC00066.jpg
第三台場の土台部分を見ると、ちゃんと模式図のとおりになってまして
やたらと興奮してきます。土塁の部分は我が千葉から持ってきた芝のはず。

この下には長大な杉が刺さって基礎になってるんだなあとしみじみ。

僕は歴史にはまるっきり興味がないんですけど、子供の自由研究のおかげでなんか
新しい楽しみを見つけた感じです。
DSC09484_20170813205855334.jpg
今回の勉強には、この品川歴史館に随分お世話になりました。
とても良いところなんだけど、市街地のど真ん中にあるんです。

戦車の巨体を持て余すんじゃないかとおもったんですがそうでもなかった。
DSC09506.jpg
車幅は1860しかない。パサートとたいして変わりません。車体が四角いので
見切りもイイ。すぐ慣れて、狭いとこもガンガン入って行けるようになりました。

バックミラーは何にも見えないけど、サイドミラーがデカくてみやすい。
カメラもついてるので、全く問題なし。それよりこの網が…。
DSC09654.jpg
ミラーを見るたびに、この網がさあ…なんか護送車に乗ってるみたいなのよ。
乗ったことは無いけどね(爆)ともかく、すげえ閉塞感があるの。

荷物が前に倒れこんでこないようにっていうことなんでしょうけど。
DSC09660.jpg
この網は個人的に辛かったなあ。まあ借りものだからしょうがない。
荷室は広大です。あと4席くらい置けそうだね。

さて、歴史館のなかで面白いものを発見。第6台場の模型です。
DSC09531_201708132107066b0.jpg
番士休息所ってのがいいよね。こういう風になっているのか…。

ダイヤモンドみたいな、ふしぎな形の島ですね。
当時、オランダより輸入された砲術や築城術を研究した結果だそうです。
「洋式台場」と言われたとのこと。

車でちょっと走ると、陸上に作られた台場があるというので行ってみました。
DSC09744.jpg
御殿山下台場だったとのことですが、小学校があるだけ。
跡地である説明文と、ヘンな灯台のモニュメントが立ってる。

ここがそうだと言われても、海も見えないしなあ。しかしあとで
地図を見てみると…
名称未設定-2
おお!五角形になってるぜ。面白いなあ。
普通に街歩きしてても、歴史好きは退屈しないのかもね。うーむ。

再び第三台場。さっきの模型を思い出しながら散策。
番士休憩所の基礎部分。
DSC09947.jpg
弾薬庫
DSC09957.jpg
砲台跡
DSC09989.jpg
砲台跡に立つと、しみじみと江川文庫所蔵の「品川砲台大砲試発図」の
勇壮な光景が目に浮かんできます。 

煙を吐く大砲と、はるか遠くに着弾して、跳ねあがる水煙。男のロマンだぜ!
 
実際に、ここに据えられていた大砲がどのようなものかはわからないのですが
ネットで検索すると、たいていコレが出てくる。
Shinagawa_Baidai_cannon.jpg
青銅製150インチキャノン砲。うーむ、撃ってみたい。
もう一回ペリーが来ないかなあ(爆)

1年後に第一、第二、第五、第六、御殿山下台場が完成。
これをみたペリーは江戸湾への停泊を諦めて横浜に上陸。

抑止力としては十分に役に立ったようです。
DSC09763.jpg
調べものが終わって、一路、埼玉へ。
この戦車で鳥撮りに出撃!と思ったんだけど・・・止めた。

とにかく全てが大げさなんです。生理的に駄目。疲れる。
DSC09780_2017081321445211e.jpg
アクセルとブレーキの段差が凄い。これって軍用車の名残りだよね。
ジープラングラーも一緒。ものすごく操作しにくい。

踏み間違えないようにってことらしいけど、この車で戦争にいくわけじゃないし
普通にしてほしいよ。USBジャックだってついてるわけだし。
DSC09510_20170813215027c4e.jpg
ドアも思いっきり閉めないとだめ。半ドアになります。
思いっきり閉めるとビチッと昔のポルシェみたいな音がする。そこは、すこし萌える(笑)

ロックするとガシャンと牢屋の錠が下りたのかと思うような硬質の音が響く。
やっぱし戦車っぽいなあ。まあ牢屋も戦車も経験ないわけですが。

とにかく体に合わない。乗っててつらい。
契約は2日でしたけど、5時間で返却。こんなの初めてです。
DSC00083_201708132155464af.jpg
真っ黒に日焼けして精力に溢れた男のヒトが乗るものという気がする。
くたびれた中年オヤジにはいかにも辛いものでござった。

ちなみに燃費は8㎞/Lでした。燃料タンクは驚異の96L。航続距離はかなり長そうです。
ディーゼルエンジンとは思えない静かさ。室内にいるとエンジンのことを忘れます。

車速追従式のクルーズコントロールも正確に動くんで、ロングドライブも問題なさそう。
だけど、乗っててとにかく辛いのよ。何が駄目なのかね。

ま、これもいい勉強…。











関連記事

コメント

No title

ゲレンデヴァーゲンは45度の傾斜地を昇り降りできると聞いたことがありますが
運転している人にとっては「垂直の壁を昇る」感覚なんでしょうね、きっと空しか見えないと思います。
下りはもっと怖そう....「奈落の底に落ちる」感覚でしょうか?
都内・千葉県ではそんな傾斜地ありませんでしたか? 普通の階段なら楽勝でしょうね。

Re: No title

猿画堂さん

おはようございます。
G350のアプローチアングルは30度なので、45度だと鼻先を削ってしまいそうです。
45というのはウニモグのことですかねえ?
もちろんGクラスの悪路走破性はすごいものだそうですけど、さすがにレンタカーで
試す勇気はありませんでした。何より、傷一つないピカピカの個体だったんです。
これは、何も出来ないなあと最初に思いましたね。

No title

panoramaheadさん
おはようございます。
雨の月曜日ですね。
昭和時代のお台場なんてそれはそれは寂しいとこでしたよ。
夜のアベック(死語)がイチャイチャしたりしてると北朝鮮へ連れて行かれちゃいそうな危なっかしさがこのへんにはありましたかんね。
(私は経験ないから知りませんが)
それが、あ~た・・・・ゆりかもめが走るわ、フジテレビが出来るわ、ホテルが出来るわ、で、まぁ凄い変わりようでしたね。

>150インチキャノン砲

コレって白く塗ってないんですね。\(^o^)/

Re: No title

美銀座美人さん

おはようございます。
>私は経験ないから知りませんが
どう考えても実体験でしょう(笑)都市博が中止になってからも建設を止めなかったホテル日航は
大勝利でしたね。ま、親会社が駄目になっちゃいましたが(汗)
僕もぎりぎり昭和の台場を見てます。兄貴のウインドサーフィンのお供でした。
こんな油臭いところで、よくやるなあと呆れました。

>コレって白く塗ってないんですね。
あっはっは!白い方が目立って抑止力になるかもです。でも砲身が焼けてすぐ塗装が
駄目になりそうですね。

No title

あ!
おっしゃるとおりです。ウニモグと勘違いしていました (-_-;)
一度45度傾斜の世界を体験してみたいです。
ジェットコースターよりある意味すごそうです。
美銀座美人さんのNSX助手席でオーバー250km/hの世界でもいいですけど。。。
癌で余命半年の宣告受けたら、もうやけっぱちでどちらかの体験してみたいです。

No title

センセ、こんばんは。
こりゃまた凄いのをレンタルしちゃいましたね~。
コレ、鳥撮り仲間のスーさんが乗っておられました(会社社長さん)。
私のようなビンボ人には無縁の車です。
こんなんで、河原の芦や柳の小枝を踏み倒しながら走り回ったら面白いでしょうね。
え?傷だらけになる?
こんなのに乗る人は、車体の傷なんて気にしないでしょう?(^^;)
センセの来ない河口、またまた小爆発でしたよ・・・

Re: No title

salgadouさん

> 美銀座美人さんのNSX助手席でオーバー250km/hの世界でもいいですけど。。。

僕もこれがイイですね。きっと快諾してくれるはず!
坂道を上がったり下がったりするのは、足元がすーすーしそうで怖いですよね、
よくレンジローバーがデモをやってますけど、頼まれてもあれには乗りたくないです。

Re: No title

だっくさん

> センセの来ない河口、またまた小爆発でしたよ・・・
また切ないジンクスを作ってしまいました。戦犯探しから暫く逃れられていたというのに。

Gクラスの肝は、ちょっと借りて走っただけじゃあわからないんでしょうね。
あれだけ、長くモデルチェンジを行わず、小改良が続いているのは熱心なファンが
いるからでしょうし。ラクチンな車はGクラスの値段を出せば他にもいっぱいあるわけで
あえて、あの金庫みたいなクルマを選択するという。虚弱体質な人間には向きませんでした。

こんばんは

メルセデスのGクラスの画像を観て直ぐに思い出したのが
かのマイケル・ダグラス主演の「追撃者」という映画でした
ボクの記憶に間違いがなければ、その時登場したのが
このメルセデスのGクラスのオーダーメード車でした。
映画はマイケル扮する狩猟好きのサイコな大富豪のお話でした
彼が狩猟用に使ったのがこの車で、確か車の後部にカプチーノ
マシンが取付られていて、いつでもカプチーノが作れるという
すんごい代物でしたよ~お時間がありましたらDVDで
1度ご覧になる事をお勧めします~(^^)/

Re: こんばんは

TKNさん

僕、この映画見ましたよ!細マッチョな男だからいいけど、これが若い女が逃げる企画だったら
一気にC級ドタバタに…。ま、実はそんなのばっかり見てた青春時代でしたが。
富裕層には、吊るしで買うという意識は無くて、自分好みにカスタムする方が多いんですけど
特にアメリカは強烈です。車内のインテリアが全部ヴィトンとかあるんですけど、注文する人が
多いんで、カタログモデルになってたりするんです。

No title

パラノマセンセイ、こんばんは
私も重量級4駆は23年(2台)乗っていたので憧れの車でしたよ^^
ハマーもこの車も戦車のようで、相手がぶつかって来ても跳ね返すくらい剛性があるような気がします、けっこう芸能人とか事故った時に自分の体を守るために好まれるいるようですね

Re: No title

ASKさん

ハマーいいっすよね!憧れます。H1はデカすぎるので、H2がいいなあと
思ってたらH3が出たり。色々悩ましい。でもディーラーは撤退したんでしたっけ。
個人的には、幌のジムニーが好きなんです。身軽に楽しく走り回ってみたいですねえ。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR