FC2ブログ

警察博物館に行く

DSC07469.jpg
先日、警察博物館に行ってきました。
中央区京橋と言う、抜群の立地に加え、入場無料。この日も家族連れが多数訪れてました。

展示内容は、恐ろしくバラエティに富んでます。
気になったモノだけ紹介。
DSC07539_20170815192231e5f.jpg
免許証の歴史のコーナー。これは昭和初期のもの。
住所も顔写真も入って、個人情報満載(笑) これだけ古いと「史実」なんですね。

本籍の下谷区・中根岸町は、祖父の生家があったところ。
もしかしたら、免許の持ち主とすれ違ってるかもしれないとしみじみ。
DSC07499_201708151922305d6.jpg
各県警のエンブレム。好きな人にはたまらないんだろうね。
僕にはこの手のものにレセプターがない。

警察官の階級章も飾ってありましたが、軍隊と較べると
階級がうんと少ない。巡査から総監まで10段階しかない。
DSC07797_20170815192250f61.jpg
ドラマでもおなじみ、鑑識で使う道具の展示。髪の毛が落ちないようにネットかぶって
手袋して…夏の現場は大変だろうなあ。

ドラマの鑑識課員は涼しい顔して、現場検証してるけど、実際は汗だらだらじゃないかしらん。
DSC07807_20170815192252178.jpg
記録用のカメラはFinePix S5 Proだった!驚きだよ。ニコンD200のOEMだよね。
ついてるのはニコンのDXレンズ。なんで素直にニコンのカメラじゃないんだろう?

一時期、デジカメはレタッチ出来るから、記録はフイルムじゃないと駄目って
論調があったよね。あれは何だったんだろう。
DSC07779_20170815192249a81.jpg
警視庁山岳警備隊のユニフォーム。なんか警察っぽくない。
チロリアンハットが似合いそうな(笑)

実際に山岳救助レンジャー隊が置かれている青梅警察の出動実績をみると
かなりの頻度で呼ばれてる。これは大変だろうな。
DSC07735_20170815192226bed.jpg
水難救助隊のコーナー。陸海空と活躍の幅は広いんだね。

そういえば、昔、唇をクラゲに刺されたという救急要請があったなあ。
警視庁の水難救助訓練中に刺されたとのこと。それにしても、なんで救急車?

不思議に思いつつ救急室に入ると
細マッチョな隊員が直立不動で立ってまして。

「どこが痛いんですか」
「どこも痛くありません!」
「でも唇を刺されたんですよね」
「いえ、水面に出たら唇がピリピリしたので、クラゲじゃないかと」

しばらく、無言で見つめてしまいました。
うーむ、僕は何をしてあげればいいんだろう?
DSC07860.jpg
聞き込みをして、正確な報告を作るゲームとか
似顔絵作成とか。結構面白くて何度もやってしまう。

子供も飽きずに遊べます。
DSC07618_201708151922331a3.jpg
個人的に最も衝撃を受けたのは、あさま山荘事件のコーナー。
機動隊員が使った盾には、弾痕がはっきり残っており、しかも全て貫通しています。

機動隊員たちは盾を2重にして使っていたとのこと。
僕は臆病なので、見ているだけで震えあがってしまいます。
DSC07635_20170815192235127.jpg
内田尚孝さん(警視庁第二機動隊長)の遺品。ヘルメットの指揮官表示をみて、
頭部を狙い撃ち出来るほど、犯人たちの射撃は正確だったようです。戦慄。

警察手帳に、「にこにこと ひと声」と内田さん手書きの文字。人柄が伝わってきます。
みていていたたまれない気持ちになりました。
DSC07672_201708151922369e0.jpg
殉職された警察官の遺影。これはほんの一部。。
それぞれ殉職された時の状況がごく簡潔に記してあります。

しばし眼を閉じて、ご冥福をお祈りしました。
残されたご遺族の悲しみは如何ばかりだったことか…。
DSC07426_201708180721578fe.jpg
いよいよ東京五輪が近いという事で、オリンピック関連の
特集もしてました。64年当時の音楽隊の楽器展示もあります。

東京五輪といえばこのポスター。

今見ても本当にカッコいいですよね。本来は、真ん中に五輪と日の丸の
ロゴマークが来ることで、デザインとして完成するようです。

高速連写など出来ない時代に、どのような方法で撮影したのかは
人とものの讃歌(福野 礼一郎・著)に詳しく解説がされてました。興味のある方はぜひ。
DSC07219_20170818073643f38.jpg
子供は無邪気に楽しんでます。憧れの白バイ隊員になったつもりでウキウキ。

僕自身は展示物を見ているうちに、涙が出そうになったり、心底恐ろしくなったり。
色々考えさせられました。

お土産のコーナーで、ハンドタオルを買ったんですけど、小さくてゴワゴワ。
いかにも官製品という出来。480円。これは気を付けたほうがいいよ。

関連記事

コメント

No title

警察博物館ってあるんですか!
知らんかった・・・。
なかなか見ごたえありそうですね。

カメラがフジなのは、ハニカムCCDセンサーじゃないと嫌だ!とか、やっぱフジの色でないとって言うマニアが居たのかな?

私は正反対?の網走監獄へ行って来ました。
こちらも見ごたえありましたよ。
ブログに記事アップしたので、暇な時にでも見に来て下さい。

こんにちは

センセ、今回は警察博物館ですか~お子たちの向学のためか
はたまた個人的興味からか分かりませんが、良いことです~
朝間山荘事件の時は、全局映像がこの山荘だったです。
パンパンパンという銃の発砲音は、今でも耳に残ります。
確かに盾を手に突入する警察官の勇気には驚かされました。あの時の盾は銃弾で貫通していたのですね~鳥肌が立ちます
どちらかというと団塊世代の人に京美を持たせる博物館ですね。
 

Re: No title

hiroshiさん

カメラの選定って、入札制とかなんですかねえ。久しぶりにS5Proの筐体をみたので
懐かしくなりました。
網走監獄だけじゃなく、道東の自然を巡る写真紀行、大いに楽しませんてもらいましたよ。

Re: こんにちは

TKNさん

そうそう、団塊世代の方たちはど真ん中ですよね、きっと。
僕にとっては、歴史のヒトこまなんですけど、同時代を過ごした方たちには
色んな思いが巡るだろうと思います。それにしても、ライフルで警察と撃ちあう
時代があったなんて、今からは考えられないですよ。

No title

センセ、こんばんは。
へぇ、こんな博物館(資料館)があるんですね~。
でもさ、もう少し何とかならなかったんでしょうかね。
もうちょっと演出して、カッコ良さを前面に押し出した方が良かったんじゃないかと。
え?それじゃ趣旨に反するって?(^^;)
資料展示も重要だけど、閲覧者が興味を持ってくれて、警察官になりたい!と思えるような、そんな展示にした方が良いんじゃ無いかとおもいました~。

Re: No title

だっくさん

おはようございます。
それは僕も思いましたよ!展示をじっくり見て、よし、うちの子はぜひ
警察官に…とはならない気が。
でも、こうした尊い犠牲を払って任務を全うされた方々のことに思いを
はせる場があるのはとても良いことですね。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR