α9 ちょっとD5と較べてみよう

P5270006_20170529202747a5c.jpg
α9、素晴らしいカメラだけど、今のままでは、仏作って魂入れずだよねえ。
とにかく、望遠単焦点が欲しい。

新しいレンズが出るというので、ひょっとして…と思ったら16-35mm F2.8とか。
超広角で高速連写…何も思いつかない。

父がクシャミで入れ歯を飛ばすところを、真横で撮るとか。
スイカ割をかぶりつきで連写とかねえ。なんにしろ苦しいですよ。
DSC02120_20170529203612199.jpg
ISO100 F3.2 1/1600sec -0.3EV
FE 70-200mm F2.8 GM OSSはいいレンズレンズなんだけどなあ。しみじみ。
逆光にはあんまし強くないみたいですけど、まあ自然な感じで。

しばらくはコレにテレコンで頑張るしかない。

今回は、AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIとの比較。
といっても素人が片手間にやるんで、あくまでネタとしてご覧ください。
DSC01803.jpg
ISO500 F2.8 1/2000sec+0.3EV
まずは歩道橋に乗って、走って来るクルマを連写。

α9だと、交差点進入時から連写を始めて真下に来るまで52枚撮れた。
距離が遠いと秒20コマ。至近距離でも秒19コマ撮れてる。スゲエ!

D5は同じ条件で、だいたい秒11コマくらいのスピード。
DSC01855.jpg
ISO500 F2.8 1/2000sec+0.3EV
両機とも400枚ずつ撮影したんですが、ほぼ外さない。
驚異的な性能であります。

走りゆく車内の荷物や着ている服のロゴまでクッキリ解像。ある意味恐ろしい。
ぴかぴかのレクサス新車なのに、助手席には「おとぼけ課長」の単行本かよ!とか。

いやまあ、大きなお世話なんだけどさ。誰に見られてるか分からない。
僕も気を付けないと。助手席に置くのは岩波にしとこう。そういう問題じゃないか。

次は、子供に頼んでチャリンコでそばを走り抜けてもらいました。
DSC01423.jpg
ISO100 F2.8 1/1000sec
遠い状態ではほとんど外さないので差が出ない。
ある程度近づいてから、連写を開始して、すぐそばを通過するまで連写。

最終的にこんな絵柄になる(笑)
DSC_0719.jpg
ISO100 F2.8 1/1250sec+0.3EV
最初はD5でやってみました。EXIFから計算した連写速度はおおよそ10コマ/秒強。
スペック上は12コマなんですけど、これは設定でかなり変わってきます。

バチピンだけを○とすると
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
○○○○○△○○○○○○○△△△○○○○○○○○○○○○○○××

とまあ、圧倒的な数字。いや惚れ直したぜD5。70-200は旧型ですけど
相変わらず切れまくりの画質だし、まさに性能評価の原器であります。

で、α9は
X△○○○△○○△○○○△○○○○△○○△△○○○○○○○○
○△××○○○△○△○△○○○○○×××××△××××
まずまず…でもなんか眠い。レンズのせいかなと最初は思ったんですけど
時々、エッジの立った目の覚めるような画像がある。何かヘンです。

この時、AFエリアは「中央」にして、さらに顔認識ONでした。
ひょっとして、コレが原因か?
DSC02893.jpg
ISO250 F2.8 1/4000sec
もう疲れた、と嫌がる息子に懇願し、設定を変えてリトライ。
今度はゾーンAFにして顔認識OFFとしてみた。

顔認識ONだとコマ速が12~14くらいまで落ちてたのが
一気に秒18コマまで回復。「顔認識」は意外と負担になってるんだなあ。
DSC02938.jpg
ISO250 F2.8 1/4000sec
恨みがましい顔で通り抜ける…許せ息子よ。

さて、結果はというと、

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○△△○○○○○○○○○
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
○○○○○○○○△○○○○○○○○△△○○○○○○○○×××

と、成績がぐんぐんアップ!まるで別人のようです、
ふくろう博士もびっくり(意味不明)

そもそも、ソニーの顔認識で良い思いをしたことがないんだよな。
さかんに四角い認識枠が出るのに、そこにピンがこないの。

あれは、「ここに顔があります」という単なるお知らせなんだと思う。

※α9の瞳AFはかなり精度が高いとレポートが出ています。
 今回は結果が出ませんでしたが、機会を改めてトライしたいと思います。

DSC01933.jpg
α9のバッファは相当巨大のようで、長めの連写を断続的に繰り返しても
鋭敏に反応します。

でも書き込みが長い。ずっとアクセスランプがついてる。ここはSDカードも
最高速のものを奢ってやろう、というわけで、UHS-IIのカードを購入。
P5300002.jpg
おお…後光が差してるぜ。いかにも速そうだ。

まずは一世代前のパナUHS-Iカードを使ってみる。READ90-WRITE45MB/ sと書いてある。
連写してみると、465枚でバッファフルとなりました。(JPG-エクストラファイン)

連写時間にして約40秒。延々と連写できます。

(後日、繰り返しテストを行ったところ、20秒程度でバッファフルになるようです。
秒間20コマ連写を続ければ20秒で400枚に達するわけで、この時の結果は
何か設定が間違っていたのだと思います。訂正してお詫びします)

この間、E-M1markⅡで坊主の70m走を連写してたら、途中でバッファフルに
なってしまって、ゴール間際が途切れ途切れになっちゃったんです。このカメラなら…。

バッファフルまで連写後の書き込みは2分30秒。これをじっと待つのはツライ。
カップラーメンでも作ろうかって。ま、書き込み中も連写撮影は可能ですけど。

さあ、ここで最新型ExtremePro登場。お前の実力を見せてくれ!

結果・・・旧型パナと全くいっしょ。

いや~腐っても金パナですな。みんな良かったね。
カードは買い替えなくてもいいみたいよ。

ExtremePro…返品したい(涙)



関連記事

コメント

No title

センセ、おはようございます。
いやぁ、凄い凄い!
これで超望遠単焦点が来たら鬼に金棒ですね~。
って感心してたら・・・最後の「落ち」・・・
お疲れ様でしたm(__)m

それにしても、やはりD5って凄いんですね~。

Re: No title

だっくさん

おはようございます。もともとα5000番台の性能はすごかったようなんですが
僕は初体験だったので、余計に衝撃が強かったです。
これで、望遠単焦点(最初はヨンニッパですかね?)が出ると、プロも興味を
持つかもしれません。
D5の安定ぶりは驚異的で、改めて長年鍛え上げられてきたカメラの良さを
実感しました。今後もこのカメラは手放せませんね。

No title

ニコン1の顔認識モードも酷いものです。ちゃんと顔認識の四角い表示は出るけれど 撮影した画像は全部ピンぼけ。
暗いズームレンズだからピント深いはずなんですが...あきらめて1点AFのターゲットを顔に持って行ったらちゃんと合焦。
つまり「顔がそこにあることは認識したが ピントを合わせるとは言ってないぞ!」というモードなのでしょう。

坊ちゃん 凛々しい顔立ちですね。ジャニーズ系ではなくて快男児系ですね。意志が強そう。

No title

今回、瞳AFは試されましたか。
他のカメラマンの方は、AF-C、ワイドの設定で
ビシビシ瞳AFが効くとレポートされていましたが。
70−200GMだとレンズのフォーカスロックにカスタマイズで瞳AFを割り当てればと思います。
既にお試しであればご容赦ください。

Re: No title

salgadouさん

おはようございます。
>顔がそこにあることは認識したが ピントを合わせるとは言ってないぞ!
いやもう、まさにこれですよね。枠が出ると、おおここに合わせてくれるのかと
思うのが人情。ちなみに顔の登録というのも出来るのですが、合わせてくれないんじゃあ
登録する甲斐がないですよねえ。

Re: No title

Northbrookさん

おはようございます。
瞳AF、実際に使っています。とても良い機能とおもいますが、今回のシーンでは
実際につかうとやっぱりコマ速が落ちますし、成績も思わしくありません。
あくまで僕が試した範囲のはなしですけど。
高速で移動し。かつこっちに向かってくる動体に関しては体全体をゾーンで
捉えたほうが効率的かなあと。

こんにちは

「顔認識」って、顔を四角い枠が囲うあれですね
あれを「翡翠顔認識」にしてもらえませんかね~
そしたら、下手な追尾モードよかずーっと良い訳なんですけどね
特にこちらに向かってくるカワセミの場合、「顔認識」が大切です
カワセミ愛好者がまだ少数派だから無理っすかね?

Re: こんにちは

TKNさん

おはようございます。野鳥撮影のかたは半分くらいはカワセミだとおもいます。
ロクヨン購入者となると、さらにその比率は上がるんじゃないかと。
勿論、他の被写体も撮るんでしょうけど、カワセミ認識はみなさん嬉しいと思いますよ。
僕は自分の脳にsdが挿せる時代が早く来て欲しいですね。眼で追うのは、レンズと
違って簡単ですものね。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR