ビッチリ追尾と消える水浴び

PA041445.jpg

僕のホームグラウンドと勝手に思い込んでいるI沼。
ここで野鳥趣味に目覚めたこともあって、いまでも
時々立ち寄ります。

昼休みの時間にちょっとだけ撮影。
サギをデジスコで追いかけます。

ビッチリ追尾

これよりずっと長く追尾してるんですけど、まあさすがに
それ全部は見るのは退屈ですから(爆)

河原でカワセミに振り回された効果でしょうか。
サギのようにゆっくり飛ぶ鳥なら追尾できるように
なったみたいです。

ところで、今回はひとつ発見がありました。
カモの群れを見ていると突然水面が大きく乱される
ことがあって、以前からなんだろうと思ってました。

でも、その波打つ水面を見てもカモはいないんです。
はて?

秒600コマでみてやっとわかりました。

消えるカモ

おそらく、水浴び行動の一環なのではと。

肉眼では追えないような超高速で潜水して
ずいぶんと離れた場所で顔をだします。

これを前触れ無く、突然に行うので、視線をうつした
時には、波立った水面しか見えなかったのですね。

やっぱりハイスピード撮影しているときがなんだかんだ
一番充実してる気がします…。
関連記事

コメント

No title

センセ、こんばんは
サギの追尾、かなり完成度が高くなってきましたね~。
このシステムに、あにょさんのAFシステムを組み込むことは出来ないんでしょうか。
そうすればピントに注意力を分散させることなく、追尾に全力を注げるのではないかと♪

ハイスピードはやっぱりいいっ!

匠なりけり

チュウサギの着陸シーンは巧ですね
それを詳細に見ることが出来て
その匠の技に魅了されました
また消えるカモの潜水は
元々浮きやすい撥水ボディーを
【うりゃぁ~~!】っと沈める気合とでも云いましょうか、生き物の真剣さを見たようです。
ハイスピード⇒⇒⇒⇒⇒まさに匠君です!!

No title

だっくさん
AFもD3みたいに食いついて離さない優秀なやつなら
いいですけど、あらら~みたいのだとかえってストレス
だったり。基本的にコンデジですものね。
むしろMFのほうが予期せぬ動きがない分、いいのかも?
僕もあにょさんくらいテクがあれば小鳥の飛翔も
狙えるんでしょうけどね…。

No title

NightRiderさん
>元々浮きやすい撥水ボディーを
>【うりゃぁ~~!】っと沈める気合

まさにまさにそれです!分かりやすいなあ~。
そうですね、考えてみれば浮き輪を無理に
沈めるようなものなんですね。
この行動は、一羽がやり始めると周囲の個体も
次々連鎖していきます。カモは遊びまねみたいな
ことを良くやりますね。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR