2002年という年

IMG_5543.jpgキヤノンは、現在14年連続デジタル一眼の世界シェアNo1だそうです。2003年からずっと1位。
じゃあその前は?ちょっと気になったので調べてみました。

2002年というのは、初めてデジカメの出荷数がフィルムカメラを上回った記念すべき年。
2000年初頭からソニーとキヤノンが熾烈なデジタルカメラ販売数のトップ争いを演じてきました。

IMG_5424.jpgその頃のデジタル一眼はまだまだ高嶺の花。シェアトップはニコンです。
当時ニコンと言えば、D1、D1X、D1HそしてD100。いずれも高くて手が出ませんでした。

キヤノンに首位を明け渡すきっかけと言えば、もちろんKissデジタル。
ボディ単体で12万円というのは衝撃的でした。発売年は翌年2003年です。


この年発売のデジカメたち


動画デジタルカメラ「DSC-MZ3」
sanyo.jpg動画に特化したカメラとして登場。スペックは195万画素。動画は640×480 30fps。
VGAかよ!って感じですが当時は30fpsって凄かったんです。これでDVDとか作ったなあ。
1600x1200で秒15コマ撮れるのもポイント高し。迷わず購入。

初代FZ DMC-FZ11428106840373.jpg記念すべきFZシリーズの初号機。端正なデザインですね。GUIを含めた扱いやすい操作性は
その後も長く変わることなく受け継がれて行きます。
最初から完成形。間違いなく天才の仕事だと思うんですよね。
ヴィーナスエンジンもこの年が最初。盛大なカラーノイズも長く受け継がれていきます(汗)
当時はヴィーナス=ノイズというイメージが僕の中でありました。

ウエアラブル・カード・カメラ EX-S2名称未設定-1EXLIMシリーズ第2弾。
実は今でも欲しくて、ミントコンディションのものを探しているんです。
驚くような薄さと、高速起動&レスポンス。初号機のS1も購入して使ってました。
この年代のデジカメは全般に動作もっさりだったんで、強く印象に残ってます。
画質はアレでしたけど(汗)

当時のデジカメのカタログを見ていると、起動時間にやたらとこだわってます。
望遠端までのズーム速度競争で、掲示板が沸いたり。これなら、○○に勝てる!とか。
誰も写真なんか撮ってなかった(笑)

Sigma SD9
名称未設定-2シグマはこの年に初のデジタル一眼レフを発売。センサーはもちろんFoveon。
改良を重ねた現在、Foveonの画質は中判カメラの域に達したと言われています。
その一方で、最新型でもAFは激遅、いまだにISO800が使い物になりません。
それでもファンは見離さない。画質至上主義のユーザーには熱く支持され続けてます。

フォーサーズシステム誕生
c_ft_standard_bene_vi_01.jpgオリンパスとイーストマンコダックはこの年フォーサーズ規格を策定、発表してます。
この後、E-1をはじめとする、デジタル一眼レフと、数々の優れたフォーサーズレンズが登場。
今もSHGレンズの愛好家は少なくないです。僕も150㎜F2を長いこと使ってました。
IMG_0063.jpgしかし、2008年にオリンパスはマイクロフォーサーズへ移行。
イーストマンコダックは2012年に経営破綻…。
canon1_1.jpgそして王者キヤノン。前の年にEOS-1D。APS-Hで秒8コマ。この年発売の1Dsは
1110万画素、フルサイズ。今でも通用しそうなスペックです。14年前だぜ?

キヤノンは10年先くらいまでの新製品が既に出来上がっていて、他社の様子を
見ながら発射ボタンを押すだけなんじゃないかと。いつもそう思ってます。

それにしても色んなメーカーがいろんなデジカメを出してましたね。
毎月わくわくしてた。上にあげたもの以外でもサイバーショットF717や
PowerShot S40を使ってました。

給料のほとんどをデジカメに使ってた。独身って素晴らしいよねえ…。



関連記事

コメント

No title

センセ、こんばんは。
何やら懐かしいカメラがいっぱい登場していますね~。センセも随分とカネを使ったんですね~(あ、いまでも注ぎ続けていますね)。
デジカメ、だっくが初めて買ったものは、EPSON CP-100 でした。画像をここに貼り付けようと思ったら・・・FC2ってそれが出来ないんでした(^^;)
驚異の30万画素、お値段何と7万円!もちろんメモリーカードなんてぇ高価なものは使いませんし、ばってりーだって単3を4本ですからねぇ。これでアナログの時代は終わった・・・そう思わせるカメラでした。もちろんこの後、だっくはフィルムカメラを買いましたけど(^^;)

Re: No title

だっくさん

こんばんは。そうそう、あの頃は単三電池が主流でしたよね。
重かったけど、すぐバッテリがなくなるカメラが多かったので、
単三仕様は安心感がありました。30万画素でも結構センサーが大きかったり
しました。あの頃のデジカメは、画素ピッチがみんな異様に広いんです。
その割りにノイズが多い(笑)まだまだ黎明期でしたね。

こんにちは

どうも、パノラマ様こんにちは。
先日だっくさんともお話したんです~センセの記事は難解すぎるとね~
辞書と首っ引きでないとコメントが書けない~
大体「黎明期」って何ですか~読み方分かるけど意味が分からない
恥ずかしながら、横井~じゃなくて、下記の意味だったんですね
<夜明けにあたる時期。新しい文化・時代などが始まろうとする時期>
これに匹敵すべき別の言葉が見当たらない~
コメントが遅れるのは偏にその為なんです~悪意は無いんです
ここへ来ると自分が無知蒙昧であることを改めて知らされます。
私もまだまだ黎明期なんでしょうね~(^^:)永久に~

Re: こんにちは

TKNさん

黎明は確かにブログには硬いですね(汗)でも好きな言葉でつい使っちゃうんです。
草莽とか使いどころがないんですけど、字の構えが素敵だなあと。

だっくさんが以前
「ブログにコメントをした人は、少しでも早くレスが欲しいものなんですよ。」
そうおっしゃってました。いや、わかるなあ…と感心したのですが
「だから、何も考えずに反射でレスしてます。時々見当違いのこと書いたりしてるんだよね。」
こうやって、必ずあとでがっかりさせるんです。
でも、コメを頂けるだけでも本当に嬉しいのです。時々で結構ですから。ぜひ脊髄反射で
レス頂ければ(笑)

No title

楽しく読ませていただきました。
僕はコニミノα7Dからデジタル入門したのです。
あの時ニコンから入っていたら、カメラ人生大分変わっていたと思います(爆)

Re: No title

monopodさん

α7D…ありましたね。考えてみればα7というペットネームもずいぶん長いんですね。
α99というハイエンド機種が出たときは、Aマウントユーザーがまだまだ多いんだなあ!
ソニーも彼らのことを無視できないくらいの存在なんだとしみじみしました。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR