かわはぎ皮剥ぎ

DSC_9616_2017031522223721a.jpgお酒はからきし駄目なんですが、酒のつまみは好きです。そういうヒトは結構多いんじゃないですかね。特に、焼カワハギとかカワハギロールという名前で売っている珍味。アレが大好物です。深夜、家族が寝静まったころ、一人キッチンでカワハギを食べるとしみじみ幸せを感じます。P3150997.jpgところで、カワハギ=皮剥ぎ、でありましてなかなか物騒な名前です。魚皮が剥きやすいからこの名前が付いているようですが、実際にカワハギをさばいているところを見た限りはめりめりばきばきと結構大変そうでした。それにしてもカワハギに生まれなくてよかった。皮を剥がされるのはかなわないなあ。DSC_9570.jpg人間の皮剥ぎは最も過酷な拷問の一つ。作家たちの心をやたらと惹きつけるものらしく映画や小説でも時折登場します。村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」では、「皮剥ぎボリス」の異名を持つロシア人将校が出てきましたし、ジョージ・R・R・マーティンにはそのものずばりの「皮剥ぎ人」という中編があります。映画「イングロリアス・バスターズ」に登場する米国特殊部隊の兵士は、1人当たり100人分のナチス兵士の頭の皮を剥いで持ってくるように命じられていました。最近だと、悲願のオスカーをディカプリオにもたらした映画「レヴェナント: 蘇えりし者」にもインディアンが頭皮を剥ぐシーンが出てきましたよね。DSC01245.jpgインディアンにとっては毛髪は霊力の源と考えられており、非常に大切にする…そうWikiに書いてあったのですが、敵の頭皮を剥ぐのはそこからきてるんでしょうか?霊力の源を奪われるというのは、この上ない屈辱を相手に与えるわけで…でも、それだけじゃなく手技が簡単というのがあると思うんだよ。髪の毛を取っ手にして、ひっぱると剥きやすそうじゃん?ものすごく同意しにくいね、この話は。でもそんな気がするのよ。そういう意味ではハゲの頭皮剥ぎは、ものすごく難しそう。持つところがないし、ツルツル滑って、やりにくいことこの上ない。何の心配をしてるんだ俺は(汗)ちなみに脳外科の手術でリアル頭皮剥ぎをさんざん見てきましたが、ペロリと簡単に剥けてました。そういうもののようです。DSC01296.jpg今回はカワハギのことから頭皮剥ぎに話が流れていきました。またしても役に立たない豆知識をネットからたくさん得てしまいましたねえ。年をとると脳内実装メモリがどんどん減っていくのにこんなことを詰め込んでる場合じゃない。なんか大事なことが代わりに抜けていくような気がする(汗)ネットを見てて一番たまげたのは、「頭皮剥ぎ」で検索したら「頭皮剥ぎの通販は楽天で」って広告が出てきたことだね。品揃えが幅広すぎるだろ楽天。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

仕事で大事なことは忘れがちなのに
こういう雑学は忘れない。
困ったものです(笑)

Re: No title

jetさん

まさにそれですよ!大事なことから先に抜けていくんです。
単に仕事したくないだけかも(汗)
でも、読む本がないときのWiki巡りはやめられないんです。

こんにちは

この前のセンセの記事に投稿したのですが、見事に消えて居ました
というより、アップされなかったのでしょう~
気を取り直して、パソコンに向かうボクなのです
「レヴェナント: 蘇えりし者」は見ましたよ
それより、馬の内蔵取り出しの方が印象深いです
そして、その空になった馬の腹の中に入って行くという
あの発想は実に素晴らしいと思いましたよ~
あの作品で、たしかデカプリオは初のオスカーを
手にしたのでしたね~
あんなにも寒くて苦しい思いをしなければオスカーに届かない~
僕らのように、河口辺りで震えあがっていては
オスカーもメスカーも無理でしょうね。(^^:)

Re: こんにちは

TKNさん

こんにちは。
コメントの件、申し訳ありません…とは言うものの犯人はFC2です!時々あるみたいですね。
馬のお腹に入り込むのは衝撃的でしたね。スターウオーズ帝国の逆襲で、同じシーンがありますけど
あれはSFなんで、実際にそんなことをしてたなんて本当に驚きでした。
ディカプリオは菜食主義者なのに、生肉や生魚にかぶりついたり、凍った川に飛び込んだり
あれで賞が貰えなかったら、本当に悲惨です。映画そのものは、ひげもじゃの、臭そうな男たちが
ひたすら悲惨な目にあうという(笑)あれをカップルで見たひとは大変だったと思います。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR