超拡大版 E-M1markⅡの電子シャッターについてあれこれ考えてみる

P2130037.jpg
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO E-M1markⅡ
最近まるっきり翡翠ダイブが撮れてません、今日はチャンスは一回だけ。岩陰のヘンなところに飛び込みました。しかしあとで確認するとしっかり撮れていたのです。以下クリックで2400x1600.P2130040w.jpg
P2130041w.jpg
P2130042w.jpg
P2130043w.jpg
P2130044w.jpg
P2130045w.jpgどれも良く解像してる。1枚で良かったんだけど、秒18コマで全部合焦すると、選べない(汗)それにしても、よく周囲にピントを持っていかれなかったなあ。着地直前のセキレイもくっきり解像。クリックで拡大。
P2060978w.jpg
着水とか、着地前とかあんまりスピードの無いシーンはすごく得意。本当にキリッと写る。ところがカメラを振り始めると途端にメロメロになるわけです。これはいったいなぜなんだろうと。
 いろいろ理由は考えられるわけですが、電子シャッターだからという推論はどうだろう?電子シャッターによる高速連写って今までにもたくさんあったけど、いずれも画質的には評価出来るものがなかったのです。オリンパスの開発者インタビューによると、E-M1markⅡのセンサーは従来の3倍の読み出し速度になっているそうです。まずは例によって実験です。。E-M1とmarkⅡでそれぞれ試してみました。300㎜F4PROでレンズを横に振りながら遠くの煙突を撮影してみました。
名称未設定-22SSは1/8000秒。煙突はピサの斜塔のごとく歪んでます。E-M1markⅡの歪みは旧型機と比べて少ない。読み出しの速度が上がっているのは間違いないようです。さらにレンズを早く振ってみます。名称未設定-1ゴーカイに歪む。なぜ、こんなことが起こるかといえば、露光は間違いなく1/8000秒で行われているんですけど、データを読み出す速度が遅いんです。センサー1枚分のデータを上から下まで順に読み出すわけですが、一般的にこのスピードは、せいぜい1/60から1/80秒くらいと聞いてます。
 今度はレンズを固定して、横切るクルマを撮影してます。SSは1/3200秒。P2120184.jpg軽トラ全体がななめに押しつぶされたようになります。センサー上部を読みだしている間にも車はどんどん進んでいるので、下部を読む頃には上の情報とズレが生じるわけですね。
車速に合わせてレンズを振ってあげると、メインの被写体は歪みませんし、細部まできっちり解像します。電子シャッターだからと言って、動き物が撮れないわけじゃないようです。P2120240.jpg余談になりますがメカシャッターでは、動体歪みはほとんどない、とされています。説明のために、RX100M3でシャッター幕の動きをハイスピード撮影したんだけど、960fps程度では全然追いつけない。ネットに1万fpsで撮影した動画があったのでご紹介。2分15秒くらいからスタート。SSを1/8000秒にすると、シャッターがその速度でまばたきしてるのかと思ったらそうじゃないんですね。先幕を追いかける後幕の間に出来るわずかな隙間からセンサーに光があたってます。これが1/8000秒という極めて短い時間なんです。上から下へなぞるようにその隙間が移動して行きますよね。この短い間にカメラが大きく移動すればやはり歪みは生じるはずです。DSC_9391RAW.jpgNikonD5にゴーヨンをつけてレンズを振ってみました。E-M1のように派手ではないですけど、建物が帆を張ったように曲がっているように見えます。これはブレなのかなあ。よくわかりません。
そんなに電子シャッターの動体歪みが気になるなら、メカシャッターで撮れば?という話が出てくるのは当然の流れ。メカシャッターだと秒10コマになりますが、これでも十分速い。しかし開発者インタビューでは、動体を捉えるのは、電子シャッターモードがより有利とのこと。具体的な理屈は明示されてないのが何とも残念。しかし使っていて感じるのは電子シャッター連写のほうがはるかに快適だということです。P2060755w_201702132123563b2.jpgクリックで拡大。サムネイルだと良さそうだけど、微妙に甘い。ちょっと流れている感じがあります。電子シャッターでの連写では実にこれが多い。しっかり追尾出来ていたはずなのに、何だか眠い画像になる。そう、横っ飛びの撮影は本当に難しい。P2060976.jpg一眼レフで撮れていたような、疾走感のある写真がなかなか撮れないのは何故なんでしょうね。僕は専門的なことはさっぱりなので、何とも言えません。しかし、はっきりしているのは、レンズを振りながらの撮影は相当丁寧にやらないと結果が出ないということですね。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

センセ、こんばんは。
いやぁ、度肝を抜く翡翠画像!!
こりゃホントにぶったまげましたよ。
すっごい解像感です。
しかも極めて厳しい状況での撮影ですからねぇ・・・。
その後の斜め画像に関しては興味が無いのでコメントのしようもありませんm(__)m
これからは、EM1MK2だけでいけちゃうんじゃないでしょうか、ゴーヨン、D5はもう要らないっ!(^^;)

Re: No title

だっくさん

おはようございます。
本当に良く写りますよね。実はこれ、手持ちなんです。三脚よりカメラを
振りやすいし、おつりがほとんどないのも魅力です。
最も、寒い中ずっと手で持つのはかなりぐったりしますね(笑)
画質をだっくさんに認めてもらえれば、ホンモノでしょう。

初めまして、画像はもちろん、そのリッチな写真道に感動しながら拝見しておりま
す。当方撮るものの95%は競馬場で走る馬の流し撮りというところですが、最近歳の
せいでAPS-CサイズのSLR+サンニッパを持っていくのがきつくなってきたので、思わ
ずE-M1IIを購入してしまいました。ミラーレスは過去にα6000などを使用したことが
ありますが、タイムラグが馬鹿にならないのと、競馬場内には柵やポール等地面に直
立しているものが多数あるので、やはりそれらが斜めに写るのには閉口してました。
今回のE-M1IIはタイムラグが相当減りましたが、静音Lで時速60キロで疾走する馬を
流し撮りすると直立物が斜めに写るのは克服されていません。E-M1IIでこれなら、流
し撮りがほとんどを占める分野でミラーレスが主流になるのは相当先だなと思いまし
た。

Re: タイトルなし

おはようございます。コメントありがとうございます。
競馬場での撮影がメインでは確かに気になりますよね…。内ラチとか
思いっきり歪みそう…。
僕も馬が好きなのでたまに競馬場に出かけます。今度試してみますね。
小型軽量と画質はなかなか両立しないものですが、オリンパスのPROレンズ群は
それを達成する稀有な存在だけに、この点だけが残念です。

うむ…

御意!初代E-M1の歪は凄くて、まっすぐな建物が入っていたりすると悲惨の一言。二度と使う気になりませんでした(^^;) 
パナのほうがその点、少しいいような気がしましたが~やはり動画で鍛えられているからでしょうか、どうなんでしょう。。。

Re: うむ…

monopodさん

パナソニックは撮像素子が内製ですし、120FPSでの撮影を可能にしてますから
高速読み出しの技術も、オリンパスよりずっと進んでいそうですね。
ただ、昨年キヤノンがグローバルシャッターのCMOSを発表していますし
今後、動体歪みの問題は解決されていくのではないかと気楽に考えています。

コメント遅くなりました(汗)

これは最近ググッと興味を惹かれている機種の実験的映像
これを見逃しちゃうなんて~確かに優れた機能、欠点色々あります。
でも、お値段を考えると、やはり魅力的なマシーンですね。
この組み合わせが1番なのか、はたまた別に何か良い組み合わせがあるか
今後も興味深々です。

Re: コメント遅くなりました(汗)

TKNさん

手持ちで疲れず、しかも画質的に不満の無いシステムはこれしかないと思います。
機材の小型化、軽量化は画質とトレードオフの関係にありますが
これは例外です。TKNさんの使い方で行くと、一番お薦めの機材であることは
間違いありません。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR