細かすぎるBMW i8 インプレッション 

L1010563.jpg

BMW i8を購入した。今回は新車である。走行距離の少ないバリもんの中古車が結構あり、価格的にも魅力十分だったのだが、この色(プロトニックブルー)のブツがなかったのだ。2000㎞走ったところで気になったところをレポート。Webにチョイのりの試乗記はいっぱいあるんだけど、普段の使い勝手とかは実際に使ってみないとわからない。

L1010510.jpg

購入動機の8割は見た目のヘンテコさである。独特すぎるボディシェイプで街中でも注目はアツい。もっとも、じっと見ているのは男の子かオッサンだけだ。スーパーカーはエロ本に似ている。女性は滅多に興味を示さない。単に「ヘンなクルマ」と思うだけだ。

L1010481.jpg

ボンネットはディーラーでのみ開閉可となっている。セールス氏の解説によるとアルミ製で薄いので一人で持ち上げると歪んでしまうとのこと。この黒い部分の塗装はとても柔らかい。拭き傷が簡単に付く。雑なバフ掛けをされた挙句、円周状のスリキズだらけになった悲惨な個体を見たことがある。洗車時は注意したほう良さそうだ。

L1010574.jpg

BMW伝統のキドニーグリル。豚鼻と呼ぶ人もいる(爆) i3と同じく樹脂製のパネルがはめ込まれていて通気孔としての機能は果たしていない・・・と思ったら下半分に隙間があって手が入る。ボンネットのラッチをここで外すのだろうか?

L1010575.jpg

僕のクルマは納車時より、60㎞/hくらいの速度でインパネからビビり音がする。ディーラーでチェックしてもらったところ、共振音の発生源は、この部分からだったようだ。調整してもらったところ、消失したが一日でまたジリジリ音が出るようになった。後日もう一度チェックしてもらう予定。

L1010589.jpg

最近の車にありがちだが、車幅はかなり広い。1940mmもある。加えて車幅が非常につかみにくい。スタイリングに凝った車は皆そうなので仕方がない。ディーラーの試乗車はホイールがガリ傷だらけだった。慣れてない人がかわるがわる乗れば、そうなるのも無理はない。この手のクルマとしては、ホイールの値段が比較的安価なのが救いである。

L1010434.jpg

そういえば、この車のドアはガルウイングでなくシザードアだそうだ。ドアを跳ね上げると、いかにもスーパーカーという感じになる。開けるのはボタン一つで力はいらない。スーッと持ち上がる。見て回った中古車の中には、ギーッと異音を出す物もあった。経年変化だろうか。中古を買う場合には要チェックである。乗るときは、片手でドアノブを持ち、広大なサイドシルにお尻をどすんと乗せてしまうと楽に乗れる。慣れてしまえば乗り降りはスムーズに出来るようになる。ただし降りるときは股関節をガバッと開く必要がある。スカートの女性には最高に嫌われそうだ。

L1010747.jpg

ドアを跳ね上げたところ。約70㎝横に張り出す。横にぴったり駐車されるとドアを開けられない恐れがある。ドアの性質上ちょっとだけ開けて中に入るということが出来ないのだ。駐車場所はある程度選べるが困るのは駐車場のゲートである。

L1010521.jpg

一番の問題は駐車券の出し入れだ。フロントシートから窓の外がとにかく遠い。しかも窓は部分的にしか開かない。サイドミラーをこするくらいの気持ちで寄っていかないと、駐車券が取れないのだ。これはマジにアツい。駐車場の出入りは本当に緊張する。うっかりドアを開けるとシザードアが横に張り出してぶつけてしまうことになる。駐車券が取れない、ドアも開けられないというダブルバインドに陥らないための訓練が必要だ。

ボディ後部のクリアランスは結構あって、輪留めに無造作に当ててもボディ下面をこすることはない。これは助かる。でも何となく心配で、いつもぶつかる手前で寸止めしている。小心者・・・。

L1010737.jpg

リアのエンジンフードはガラス製でかなり重い。バンッと閉めるとラッチの受け側にキズが付きますから注意してくださいと言われたのだが、納車時よりちゃんとキズがついていた(笑)注意してみないとわからないし、あまり気にしないほうがいいと思う。

L1010449.jpg

この車のトランクはスーパーカーとしては標準的だ。小さいが見た目よりも結構モノが入る。しかし、ここに大切な物は絶対に入れてはいけない。板一枚隔てたところにエンジンがある。遮熱がろくにされていないようで、走行後に荷物がかなりの熱を持っていることにびっくりする。濡れた衣類を入れておくと乾燥機として使える(爆)

L1010664.jpg

次回は室内および走行編を。






関連記事

コメント

No title

センセ、おはようございます。
をぉ・・・i8でしたか・・・
河原のCM、大半はガルウイングモデルじゃないか?カウンタックだろ!という意見だったのですが・・・BMとはビックリです。
なぬ?自分でボンネット開けちゃダメ?拭くと傷がつく?
う~ん・・・何とも扱いにくいヤツを選んじゃいましたなあ。
で、コレ乗って何処行くんですか?
助手席は息子さん専用だったりして?
まさか奥様は乗りたがらないでしょう(^^;)

※センセには、完全レストアした2000GTなんかが似合うんじゃないかと。

No title

こんちはー

ブログ改築、新車ご購入おめでとうございます。

ほんと、僕も2000GTがお似合いだと
まあ維持費ぱないっすけど。。。

ガルウィング。。。憧れです。
僕ら昭和40年代後半生まれ世代は特に。

あれだけで、僕らのヒーローです。

にしても、panoramaheadさんのブログの背景が白になって、一気に雰囲気変わりましたよ。

いい方向性と思います

さてさて、今日は今から車とバイクと仕事です。
部屋とワイシャツと私ではないですよ(笑)

Re: No title

だっくさん

こんにちは。ガルウイングというのは鋭いですねえ。でも僕の普段の行動って
ガルウイングに通じるかなあ…身なりはヒドイし車は泥だらけだし。皆さんよく見ておられます。
カウンタックだったら良かったですか(笑)あれは憧れますけど、後ろが全く見えないですからねえ。
グータラなんで、手のかかる旧車は基本手が出ませんね。自分で直せるくらいシンプルな奴は一台
欲しいですけどね。

Re: No title

Tanskさん

単なる思い付きだったんですけど、こっちの方が見やすいですかね。
しばらくこれでいきましょうか。ガルウイングは結構乗ってるんですよ!
トヨタセラとかマツダAZ-1とか以前は国産小型車にも跳ね上げドアがあったんですよね。
勿論原点はランボなわけですが、まず手が出ないですものねえ。値段のことが一番ですけど
駐車怖いとか音がうるさ過ぎとか。

こんにちは

こんばんは、一度は乗ってみたいドア跳上げ車~
つい購入されたのですね!確かTVのCMでも流れて居ましたね
ブランドイメージを高めるために、使われたのでしょう
でもセンセの仰る通り、あまり実用的ではないようです
先日、追撃者とか言う映画で、ベンツの特製車に
エスプレッソマシンが搭載された車がありました
この車にもぜひ搭載して下さい~保温も良いようですし(^^)/

Re: こんにちは

TKNさん

センチュリーだったかプレジデントだったか忘れましたけど
熱いおしぼりが出てきたことがあって感心するより笑っちゃいました。
なるほど、お偉いさんはこういうのを喜ぶんだなあって。
ストレッチリムジンにあるミニバーも、使ってなくてうっすら埃が
溜まってたりすると物悲しいです。車内に凝るのも大変そうです。
そういう意味では車内が丸洗いできるジープとかエクストレイルっていいなあと思います。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR