FC2ブログ

マイナンバーは「19」

IMG_20190831_1116473,91,82000050190831111648
点検に出していたセブンが帰ってきました
スモールランプが切れていたこと以外は問題なし。

念願のシリアルプレートが届きました!
P9180109143,5602000190918074310
探してたレンズキャップが見つかった、みたいな気分であります。
無くても使えるけど、どうにも気になって…。

打刻されていた数字は「19」
限定60台のなかの19番目の車体ということになります。

僕は素数が好きなので、なかなか気に入っています。
IMG_20190831_1112033,91,82000064190831111204
セブンには鍵のつくトランクはありません。
車を離れる時には、貴重品は持ち歩くことになります。

リュックサックとまではいかないまでも、大きめのバッグが必要です。
出来ればハンドルも入るやつがほしい(笑)
IMG_20190831_111721_13,91,82000050190831111722
いろいろ試して、Amazonで3980円のトートバッグに落ち着きました。
mikketaという名前。ポケットが沢山ついているので小型の工具類も詰め込んでます。

ハンドルもらくらく収納できます。これで、トイレに安心していける(笑)
IMG_20190831_1116303,91,82000050190831111630
自作のハーフドアがどうしてもうまく作れず、
結局ケータハムがオプションで用意しているものを注文してしまいました。

もっこりと張り出していますね。この部分の内側は肘置きのスペースに
なっているんです。デザイン上のアクセントにもなってます。
P91400077,03,580200190914133740
構造は純正のドアと全く同じです。
窓がないだけですね。

革製の肘置きは別売りです。これはなぜか左右セットでのみ販売。

出荷時は、固定するスナップボタンはついていません。
ハーフドアに穴を開けて、ボタンをつける必要があります。
P91800807,03,5601250190918074200
なんでボタンがついていないかと言えば、車体ごとに
スナップボタンの位置が違うから。

手作りゆえの、この辺でイイだろう的にボタンをつけてある
出鱈目な構造。しばしば、純正の部品なのに、きちんと付けられない不具合が出る。

車体のボタンに合わせて穴を開けるのは、なかなか繊細な作業。
DIYは結構きびしいかも。ディーラーさんに任せる方が無難です。

今回やられたなあと思ったのはコレ。
P9140003144,0602500190914133551
肘置きの革に、マーキングの跡。
革が削れてて、こすっても取れない(涙)

出荷時からこの状態。ディーラーさんは、何とか掛け合ってみると
言ってくれました。(後日、メーカーが交換に応じてくれることになった)

こういう細々としたトラブルは日常茶飯事のようです。

今回、スモールライトの玉切れがありましたが、
保証の対象にはならないとのこと。バッテリも同様。

元の品質が低いので、新車でもライトの玉切れやバッテリ上りは
普通に起こるそうです。文句を言ってもメーカーの返答は

「そういうものだから」

で終わり。昔の英国車にはその手の話がいっぱいありますよね。
Jaguar_XJS_at_tennis_club_1981.jpg
via Wikipedia

納車時に、セールス氏がボンネットを開けて見せたら、
ラジエターから噴水のように水が、とかね。

さて、ハーフドアと幌をつけて高速走行してみました。
結果、風は劇的に弱くなりました。

もう、助手席のモノが飛ばされる心配もないし、強風で頭がぼーっとすることもない。

セブンの場合、完全に風をなくしてしまうと、熱がこもってしまい
それはそれで、つらいことになります。かといって風ボーボーも困るわけで調節が難しい。

この組み合わせは、今のところ至極カイテキです。
これなら長距離の移動も苦にならないでしょう。
IMG_20190831_1116563,91,82000050190831111657
今回ちょっと焦ったこと。
純正の幌とハーフドアの併用は出来ないのです。

知らないで注文するとヤバい。
理由は簡単で、車に乗り込む隙間がないんです。

中国雑技団の方ならなんとか…(汗)

車内に入ってから、ドアをつけたり幌を固定するのは無理です。
腕の長さが2m以上あるか、雑技団の方なら…。

幌かハーフドアのどちらかしか使えないということです。

幸い、今使ってる社外品の幌はジッパーで天井が開けられます。
P9180115123,560640190918074414
この幌ならハーフドアの兼用が出来ます。
いや、マジに良かった。

色々気にしだすと、止まらないよね。この辺は、カメラ趣味にも通じます。
でも、いったん乗り出してしまえば、たいていのことは忘れてしまいます。

最初は風を切る爽快感、そのうち振動と轟音で、徐々に頭がヤラレる(笑)
返ってくる頃には、邪念も気力もからっぽに…。


プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

月別アーカイブ

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR