FC2ブログ

3000㎜で撮るエナガ団子

DSCN4542.jpg
Nikon P1000 ISO200 F8 1/200s +1.3EV 

ノートリ。3000㎜での撮影です。クリックで拡大。
被写体が遠く、逆光ということを考えれば、まずまず良く写ってます。

エナガの巣立ち雛は、ズラリと一列に並ぶことから
よく「エナガ団子」と言われてます。

ここ数年みるチャンスが無かったのですが
今回運よく動画でキャッチできました。



こうしてみると、ヒナ同士で、体をくっつけ合うのが大好きみたいですね!

「鳥の行動学」柴田敏隆・著 によると、こういうのを「向触型」と言うそうです。
メジロ、ジュウシマツ、セキセイインコが代表例。

たしかにインコはべたべたするのが大好きですよね。
メジロ押し、というのも、鳥がくっついて群れるさまから。
DSCN4579.jpg
向触型の反対は「離間型」
クチバシが触れ合うのを極端に嫌がるので、綺麗に等間隔に並ぶ。

ツバメ、スズメなどが代表。いつも電線で群れているイメージですが
ちゃんと間をあけているんだそうです。

そういえば、僕も家族とは「離間型」になって久しいなあ。
昔は一日中べたべたしてたのにね。

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

月別アーカイブ

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR