FC2ブログ

ソニーの100400GMと400F28GMの違い

DSC06357.jpg
α9 FE 400mm F2.8 GM OSS ISO1250 F5.6 1/1600s +0.3EV クリックで等倍

DSC06359.jpg
ヨンニッパに2倍テレコンで800㎜。
至近の翡翠ダイブはウルトラD難度であります。

800ミリで撮影してます、そう、師匠に言うと

「身の程知らず」

とのコメントを頂きました。600㎜でも大変なんだよ?と。
さすが、弟子を甘やかさない。千尋の谷にあえて突き落とす。

気になるのは、崖に落とした後、さらに岩を投げ落としてるフシがある(爆)
ひょっとしてトドメを刺そうとしているのでは…。
DSC06197.jpg
800㎜ ISO800 F5.6 1/2500s -1EV 

近くの被写体をわざわざテレコン付けて撮るのは
曲芸のようなもので、全く合理性に欠けます。

大口径を活かして、感度を下げるとか、絞ってみるとか
いくらでも工夫できるはず。でもやらない。

大きく撮りたいという欲望には勝てないのです。アホです。

400㎜で撮るとこんな具合。
DSC06093_20181024152922157.jpg
400㎜ ISO500 F2.8 1/6400s -1EV 

1.4倍テレコンで560㎜。
DSC06691_201810241529212f8.jpg
560㎜ ISO800 F5.6 1/4000s -1EV 

それぞれ激シャープに写りますね。
個人的にFE 400mm F2.8 GM OSSの最大の魅力は

「テレコン装着時も画質が落ちない。開放から使える。」

これだと思ってます。そういうレンズは見たことがない。

さて、価格差で4倍以上の差があるFE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSSと
FE 400mm F2.8 GM OSSはどれくらい画質が違うのか。
428-400mm.jpg
この夏、大活躍の帽子(セブンイレブンで購入)。絶妙のヘナヘナ具合と
通気性が最高…30倍以上も高いボルサリーノのパナマ帽なんかよりずっとイイ。

これを15mくらいの距離から撮影。
FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSSだとこんな風に写る。
100400-400mm.jpg
背景のボケ具合がちょっと違ってきますね。
中央部分をクロップしてみた。クリックで拡大。
400mm_2018102416050096a.jpg
1.4倍テレコンをつけて560㎜
560mm.jpg
2倍テレコンをつけて800㎜
800mm.jpg
どうでしょう。個人的には価格差ほどの画質変化は感じませんでした。

テストはがっちり三脚とレリーズで、数十枚ずつ撮影。
AFにしたりMFにしたり最良の結果になるように調整しました。

サンプルの中には、ちょっとした振動や風で、ヨンニッパの方が
甘く写ってるのも散見されます。

画質に優れ、振り回しやすく、AF動作が安定している100400への信頼は
ヨンニッパを買った今でも変わりません。

現時点でのα9とのマッチングは100400のほうが良いと感じます。
どちらか選べと言われれば迷わず100400を残すでしょうね。

ただ、100400は560㎜でF8、800㎜でF11と、テレコンを使うシーンはかなり
限られてしまいます。そこがツライよね。
DSC05230_201810241640451de.jpg
560㎜ ISO800 F4 1/4000s

560㎜F4での撮影。これも超接近戦。SSはいくらあってもいい。
こういうシーンでは晴天下でも、100400に1.4倍テレコンでは戦えません。

レンズを振るスピードが速くなるほど、ミラーレスカメラでは
映像が簡単に溶けてしまいます。防ぐにはSSを上げるしかない。
DSC04979.jpg
560㎜ ISO800 F4 1/8000s

ま、あくまで僕が好きでやるような、変態的シチュエーションに
限ってのハナシです。止まり物を撮る分には問題なし!

それにやっぱり価格差がありすぎますよ。100400なら27万円。
400F28は142万円!その差は115万円です。

115万円…三菱のエアコン「ズバ暖霧ヶ峰」10畳用なら10台くらい。
パナソニックの高級炊飯器「Wおどり炊き」5.5合タイプなら16台買える。

とんでもない値段ですよ。ヨンニッパは単体だと涼しくないし
メシも炊けない。ただあるだけ。
DSC00314.jpg
同じ役立たずというなら金地金にするってのはどうだ?
230g以上になるよ!200gの地金作れます。

一番デカい1オンス金貨を7枚作れるっす!
モデルチェンジとかないんで安心です。

115万円だと、新古の軽ワゴンも十分狙えるわけですが
いっそ、こういうのはどうすか。
Moto_Guzzi_V7_Classic__Sidecar_-_Flickr_-_mick_-_Lumix.jpg
サイドカーに乗って、全国の鳥撮り現場へ。
機材もたくさんのるし、言うことなし。

全国のフィールドが、あなたの話題で持ちきりになること
間違いない。旅先での様々な出会いも期待できます。

いやあ115万円あると夢が広がるなあ。
マジにレンズ買ってる場合じゃないよ。


プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

月別アーカイブ

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR