FC2ブログ

FE 400mm F2.8 GM OSS ソニーのヨンニッパが来る! 

28_o.jpg
6月28日、αシリーズ初めての超望遠単焦点が発表されました。
長らく待たれていた400㎜F2.8。ついに登場です。

ま、とりあえずオーダーは入れます。昨日お店に電話したら

「オーダーは7月3日以降じゃないと出来ませんよ」

火曜日か…忘れそうだ(汗)

重さは驚異の重さ2895グラム。まあでも手持ちは無理だわね。
僕は虚弱体質なので、すぐ疲れちゃう。持ち運びが「多少」ラクになりそうですが。
DSC04918.jpg
今使ってるFE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSSがかなり良いんですね。
価格差を考えるとかなり悩ましいところ。

「AF中でもフォーカスリングを掴んでMFできるフルタイムDMF」
なんて誇らしげだけど、それ、NやCでは当たり前だから!(100400GMはできない)

それと気になるのは重さ。なんでこんなに軽いんだ?
なんだかんだで、重さ、デカさ=性能、価格ってとこあるでしょ。

そもそもNやCの技術者が円形脱毛になりながら(妄想です)
グラム単位で軽量化に努めてきたわけで。

ミラーレス用だからって、そんなに軽くなるもんかね?
あんまり軽くても、アンコが詰まってない気がして心配です。
25_o.jpg
これがFE 400mm F2.8 GM OSSの構造。

蛍石が3枚!

海鮮丼に例えれば、大トロの切り身が三枚も(笑)
これはすごい…と思ったんだけどなんか、ヘンな構成だね。

今まで見てきた大砲レンズはみんな前の方に巨大な蛍石がついてた。
ソニーのは、前がスカスカで、蛍石は中央に小さいのが3枚。

これはNikonのヨンニッパ
名称未設定-1
これはCanon
名称未設定-2
蛍石はいずれも前群です。

技術的なことはさっぱりわからないのですが、素人なりに疑問はある。
一番デカくて重いレンズ=前玉を軽く出来るわけよね。蛍石だと。

デカい蛍石は製造コストがハンパないと聞きます。
噂では口径20㎝で200万とか(汗)

レンズ表面のコーティングも技術的に大変だと。
それでもやるというのは、画質的なメリットが大きいんでしょうね。

何より、バカみたいな値段を払うんだから大トロを一番上に
盛ってほしいという気持ちですよ、素人としては。

蛍石がレンズ中央にあるのは、キヤノンの70-200Lとか
前例がないわけじゃないけど…これが現在の最適解なのかねえ。

ソニーのヨンニッパの予価は他のメーカーのより高い。
コストダウンにはなってない。少なくとも。
DSC05038.jpg
100-400GMで撮影しててつくづく思うのは400㎜の画角って
本当に使いやすいなあ、ということ。

600㎜や500㎜と較べると、追尾が本当に楽なんです。
これでF2.8となれば、相当の悪条件でもこなせる。
新規

新規2
絞りがF11以下なら秒20コマ連写できるということなので
2倍テレコンも安心して使えますな。

ともかくミラーレス機にとっての新たな一歩になることは間違いないです。
まずは金策だ…。

作例はすべてα9 FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR