お子様の舌

lgf01a201301020500.jpg
いまだにブラックコーヒーが苦手です。妻がコーヒー好きなので、毎朝起きると
食卓にコーヒーの香りが漂います。僕は飲みませんが、いい香りだな、と。

あまりに美味しそうな匂いなので、ちょっと飲んでみるとやっぱり苦いし酸っぱいし
要するに変な味です。あまり好んで飲みたくはない。
DSC03190.jpg
コーヒーをブラックで飲むようになったのはいつからなのか、
これをインタビューすると結構面白い。

面倒くさいから…

34歳♀ 高校生の時バイトしてたのがすかいらーく。コーヒーだけはタダなので、
よく飲んでいた。最初は砂糖を入れていたが、面倒くさくなりブラックで…。

28歳♀ 家族みなコーヒー好き。砂糖を入れて飲むのは自分だけ。そのうち、自分用の
コーヒーを別に用意するのが面倒になり、ブラックに。

この面倒くさいから、というのは、結構多いんです。意外なことに。
もっとこだわりがあるのかと思った。そんな理由で、あの苦さを我慢できるものかなあ。

味がいい

もちろん、専門店のコーヒーをブラックで飲んでから、その美味しさに目覚めて…という
正統派のひとも多い。

同級生に珈琲店の店主がいます。若いころ銀座の老舗で修行しているときに、
常連のお客さんに鍛えられたそうです。

相手は、自分が生まれる前から、店に通っているひとばかり。
ちょっとした違いもすぐ気づく。自分が淹れたコーヒーが何度も突き返される。

どこが悪いのか聞くと「これ、まだ早いよ」
ただ、それしか言われない。

「あのころは、本当に毎日すごく緊張してたよ」
彼はそう言って述懐するのですが、こうなると単なる飲み物じゃないよね。
DSC02985.jpg
ブラックコーヒーを飲めない、という話をすると、子供みたいだねと
馬鹿にされるのですが、これもわからないでもない。

辛い物、苦いものの味がわかるようになるには、ある程度、舌を鍛えなきゃいけない。
それこそ、日々刺激に馴らしていかないと。その先に見えるものがある。

ただ苦いだけじゃなく、その中に甘みや渋み、酸味を感じるように
なるには、まず刺激に負けてちゃダメなんでしょうね。

粘膜を鍛えるという点では、亀頭のトレーニングに近いものがある(爆)
ガーゼやタオルで擦るとか、温水/冷水に交互につけるとかあるでしょ。

弱い刺激に反応してちゃあ奥義を極められないってことだ。なんのこっちゃ。
DSC07466.jpg
ともあれ、宴会の最初はビール、という国民的コンセンサスがあるように、
出先でコーヒーを出されることって多くないですか?アレは本当に困る。

商談とか会合とか知人宅にお邪魔したときとか。どうぞ…なんて笑顔でいわれて。
手をつけずに、だんだん冷えていくコーヒーを見ていると冷汗が出てくる…。

営業マンとか、出された飲み物は絶対飲むよね。明らかに苦手そうな感じの人も
いるけど、商談の終わりに一気に飲み干す。漢よのう…。


プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR