なつのおもひで

DSC08871.jpg
庭に生えてくる雑草。これの生命力はスゴイものですね。
防草シートを敷いて、光はろくに当たらないはずなのに。

外に出ても、焼けた玉砂利に蒸し焼きにされる。
よくまあこんな環境で生育できるものです。
DSC08838.jpg
抜いても抜いても出てくると、妻はいささかノイローゼ気味。
息子と対策をしてみることにしました。

雑草もいろんな種類があるもので、ざっと見ただけでも5種類生えていました。
共通点は、茎がほとんどなくて、地面からガバッと葉が大きく開くこと。
DSC08919.jpg
いわゆるロゼット植物というやつです。栄養の少ない荒れ地でも
生育できるように適応した形です。

まずは10株、同じ種類(おそらくナズナ)を引き抜き、ポットの中で
育ててみることに。栄養たっぷりの土に植え替え。奴らにとっては夢のような環境のはず
DSC08888_20170821075443cef.jpg
ところが、移植してすぐ4株が枯れてしまいました。
エコノミークラスからファーストへ乗り換えたというのに。

調べてみると、根がほとんどない状態。息子がテキトーに
引っこ抜いた結果ですな。あれだけ頑丈な雑草も根が無いと枯れてしまう。
DSC09441_20170821075446f34.jpg
とにかく、残った草に頑張ってもらわないと、実験がスタートしない。
急に雑草にチヤホヤしはじめた(笑)

収容所で、テロリストを尋問しようと思ったら
相手がグッタリしてるんで、看守が焦ってるみたいな感じです。
DSC09449.jpg
毎日、水たっぷり、光たっぷり。なんとか6株生き残った。
さて、こうして生残った株に対して行う処置は

1.熱湯責め
2.薬物投与
3.暗室監禁

以上であります。

他にも栄養過多でメタボにしたらどうなの?とか、いぼ痔の民間療法みたく
ゴムで絞ってみるか、とか。いろいろ考えたんだけどねえ。
DSC00225_20170821075439833.jpg
まず熱湯。ドボドボ注ぐと、翌日には真っ黒に縮んでます。
一瞬で組織が変性したわけだねえ。

除草剤による攻撃も、効果的。熱湯ほどではないけど、やはり効果的。
2日でへなへなの状態に。でも、しぶとく復活するんだよな。雑草恐るべし。
DSC09474.jpg
暗室監禁は光を遮断するとどうなるかを見てみたかったんです。
これは、効果がでるまで、かなり時間がかかる。
3日くらいたっても元気、元気。びくともしません。
さすが植物。僕なら、とっくに精神崩壊してます。
DSC00210_20170821075437976.jpg

脱線するけど、今まで本で読んだ拷問で一番イヤな感じだったのは
座ることが出来ないくらいの狭い隙間に、ずっと立たせるってヤツ。

トイレは立ったまま垂れ流し。眠ることも出来ない。これは辛すぎる。
壮絶ノンフィクション「脱出記」の中に出てくる話。

シベリアの収容所を脱走して、ゴビ砂漠もヒマラヤも全部歩いて
インドに行きつくという。何度読んでも面白い。
DSC00252.jpg
これが10日後の状態。さすがに葉が変色し始めたけど
また青い部分もたくさん残ってる。微妙だ。

黒いビニールシートで被うと、除草に効果的って書いてあったのですが
遮光だけじゃなくてシートによる蒸し焼き効果のほうが効いてるのかも。
DSC09205.jpg
そんな感じで、夏の自由研究も無事終わりました。

毎年思い出すのは、自由研究をやるのが嫌で嫌で、8月31日まで
放っておいた5年生の夏。

ヤケクソで、参考書に載ってた実験を丸写しにして提出したら、それが金賞になって
県大会に出ることになったという(汗) 途中から怖くなってきたけど最後まで言えなかった。

今考えても脂汗が出てきますね。やっぱりズルしちゃだめです。

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR