α9 競馬場でカジノについて考えこむ

IMG_0089_2017062411423899d.jpg

一時期、カジノ法案が話題になってましたけど
アレってどうなったんですかねえ?

僕はサイコロのゲーム、特にクラップスが大好きなので
日本にカジノが出来たら、必ず出かけるだろうと思います。

心配なのは、ハウスエッジ(寺銭)。宝くじのように、よってたかって
役人の食い物にされないと良いのですが。
DSC07065.jpg
さて、新しいカメラを買った時のお約束。
競馬場での撮影です。今回は船橋競馬場。

パドックでは、特に人気に関係なく、気になる馬を撮影するんですが
これが超高確率で走らない(笑)逆なら良かったんだけどねえ。
DSC07005.jpg
今回はエフティロビンとポッドライジングの二頭が気になった。
特にポッドライジングの眼が綺麗。澄みきって、賢そう。

これはイケる…かも。
DSC07513_20170624102810a30.jpg
一斉にスタート!頑張れ!
カメラを持つ手に力が入ります。
DSC07669_20170624102811716.jpg
ゴール前の激しい競り合い。
横にいる親父は

「よーし!そのまま、そのまま!取った、取ったぞ4-8!」

4-8?ポッドライジングは?エフィティロビンは?

掲示板にも乗らない。着外です。
それぞれ6着、9着…また駄目だった。

うーむ、またしてもか。あの眼の澄み方は諦念の現れだったのか。
戦う前に、悟りをひらいてちゃあ駄目なわけだ。

それにしても、目を付けた馬は絶対走らないね(爆)ある意味恐ろしい才能です。
DSC07729.jpg
この日は船橋の才能あふれる若手騎手、中野省吾の400勝記念式典がありました。
温かい拍手が送られてましたが、ちょっとお客さんが少なすぎで気の毒。

今後も頑張ってください。
DSC07431w.jpg
α9 SEL70200GM ISO320 F2.8 1/500秒 クリックで6000x4000

船橋競馬場は、植え込みと外ラチが高くて、かぶりつきだと画面下に写りこんでしまいます。
2階スタンドから撮ってみました。ノートリです。

α9+SEL70200GMの解像能力は素晴らしく、隅々までスッキリ写ってます。
でも、なんか物足りない。やっぱしテレコンか。
DSC08253w.jpg
α9 SEL70200GM SEL20TC ISO4000 F6.3 1/320秒 クリックで6000x4000

2階スタンドから2倍テレコンで400㎜。ノートリです。うむ、満足(笑)
1/320秒くらいで流して撮るのが好きです。

ISO4000としては、画質もイイですよね。
DSC08437.jpg
忘れちゃいけない、場内整備のウニモグも撮らないと。
1/80秒の流し撮り。もっとSS落とさないと駄目か…。

さて、そろそろ帰らなきゃいけないんですが、掲示板をみてフリーズ。
DSC08490.jpg
4番のネコハッピー。6番のエメラルコザカナ。
めちゃ気になります。

ネコハッピーは、いわゆる適当馬名になるんですかね。
有名なのは「モチ」 以前には「ラララン」なんてのもいた。

調べてみると、ネコハッピーの近親にはネコパンチ、ネコタイショウが。
ここまでくると見事よね。ちなみにネコパンチは立派な重賞馬です。

ネコタイショウだってG1菊花賞に出たことがある。ビリだったけど。
DSC08609.jpg
この子がネコハッピー。よおし、応援するよ。

もう一頭のエメラルコザカナはいわゆる字足らず馬名になるのかなあ。
中央競馬では馬名は9文字までというルールがあります。

オウケンブルースリ(ブルースリー)
カルストンライトオ(ライトオー)

みたいに、まあ言いたいことはわかるけど、なんか気持ちワルイという。
DSC08629.jpg
エメラルコザカナの雄姿。調べてみると、この馬主さんは所有馬に全て「エメラル」の
冠をつけてるんですね。語源はエメラルド。なんで縮めたのかな。

それと、コザカナ。やっぱし小魚だと、馬群に呑まれそうというかあんまり戦う
イメージじゃないよねえ。うーむ、ひっかかる。これも応援せねば。
DSC08878.jpg
エメラルコザカナの返し馬。400㎜だと画面からはみ出します(汗)
テレコン外そう…。

さあ、いよいよスタート。ネコも小魚も頑張れ!
DSC09070w_201706241045127e7.jpg
α9 SEL70200GM ISO4000 F2.8 1/320秒 クリックで6000x4000

駆け抜けていく一番人気ゴッドフュージョン。
やっぱ、生だと、すごい高画質だね。α9はホンモノじゃ!

さて、応援した馬の成績は…小魚は5着。ネコは12着。とほほ。
また駄目でした。
thumb-1920-280547.jpg
帰り道に、カジノについて、ぼんやりと考えてみました。
新聞各紙やマスコミは、揃ってカジノ導入には否定的です。

僕が一番衝撃的だったのは、読売の社説です。
かなり前の記事なんですけど、あんまりな内容なのでスクラップしてあります。

「そもそもカジノは、賭博客の負け分が収益の柱となる。
ギャンブルにはまった人や外国人観光客らの“散財”に期待し、
他人の不幸や不運を踏み台にするような成長戦略は極めて不健全である。」

他人の不幸や不運を踏み台にってアナタ(汗)

博打に負けるのは、不幸でも何でもない。
賭博客は、掛け金を投げ出した瞬間、無上の快楽を得てるんです。

スリルを味わっておきながら、代償を払わないなんて
そんな理屈が通るわけがない。

これを書いた記者は、世のヒトを幼稚園児のように
思ってるんじゃないかしらん。自分が何とかしなきゃって。

なんだかなあ…。

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR