α9 シェイクダウン

P5270004.jpg
α9が到着しました。結局買ってしまったという…。
とりあえず55㎜をつけてみました。

最初の印象は「デカい。太い。」勿論、5Dと較べると夢のように小さいのですが
α7を持ちなれていたんで、かなりガッシリした印象です。P5270001.jpg
SDのデュアルスロット。上のスロットにカードを入れると認識されない。
アレ?と思ったら下がスロット1なんだね。変なの。

55㎜じゃあどうにもならない、ということで、FE 70-200mm F2.8 GM OSSを購入。
P5270008.jpg
ボディとレンズですでに大出血。もうあとには戻れない。
しかし、このレンズはイイですね。ちゃんと高級品らしい佇まいがある。

オフホワイトの塗装も上質だし、花形フードの裏は起毛処理してあります。
付属のソフトケースも、立派。巾着袋を毎回つけるどこかのメーカーも見習ってほしい。
DSC02219.jpg
FE 70-200mm F2.8 GM OSS

屋外に出てすぐに、ツバメが近くを通り過ぎたので、パチリ。
驚いたことに、カッチリ捉えている。これは凄い。
DSC02355w.jpg
FE 70-200mm F2.8 GM OSS ISO100 F4 1/6400 +1EV

この画像はクリックで拡大。200㎜で鳥撮りってのも相当無理がありますな。
しかし、この秒20コマ連写はマジに素晴らしいっすよ。

僕は電子音は好きじゃないので、基本オフなんですけど、このカメラだけは
鳴らして撮ってます。ガガガガッと電動ガンみたいな音が気持ちいい。

ブラックアウト無しだと本当に、追うのが楽です。手ぶれ補正付きの双眼鏡で
見てるみたいな感じですよね。将来的には全てコレになっていくのかも。
DSC02753.jpg
スゲエなと思うのは、肉眼で分からないくらい離れた飛翔体でもAFが
捉え続けること。真ん中にツバメが写ってるんですけどわかりますか?

細かな無数のインジケータが画面上で明滅してロックオンしてるのを
知らせてくれるんですが、本当に反応が速い。
DSC02675.jpg
FE 70-200mm F2.8 GM OSS ISO200 F2.8 1/4000秒

動体歪みが少ないというので、思いっきりパンしてみた。
確かに、今まで見てきたミラーレス機で一番すくないかも。

でも400㎜以上の超望遠で鳥を追いながらだと、また違ってくるでしょう。
7月までは望遠レンズがないわけですが。
DSC02775-(2).jpg
FE 70-200mm F2.8 GM OSS ISO100 F2.8 1/800 秒

で、ここで重要なことに気付いたわけですが、α9のEVFは相当ヘボい出来です。
斜め線はジャギーが目立つし、波打ち際になどの動きの激しい部分には無数のブロックノイズが出る。

これは、よく見れば、というようなレベルではなく、使ってるうちに必ず気づくレベル。
イメージとしては、ややビットレートの低いyou tube動画みたいな感じです。

技術的なことはわかりませんが、画質を犠牲にして応答性を高めたということでしょうか。
DSC02042.jpg
FE 70-200mm F2.8 GM OSS ISO100 F2.8 1/400 -0.3EV

このEVFだと、いくら動体が捉えやすくても、光学ファインダを見慣れてる
ひとには相当違和感があるでしょうね。僕もかなり萎えました。

これだけの高額商品で、既存のEVFより大幅に解像感が劣るものを見せられるとは
思ってもいませんでした。

でも拡大MFでのフォーカシングは問題ありません。ちゃんとピントの山は取れます。

もう、光学ファインダに近づくための努力は放棄して、動体を捉えるための
単なるデバイスと割り切ってる感じもします。

ちょっと長くなったので、休憩。この項、まだ続きます。

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR