R8 売却顛末

L1010559.jpg

R8を売却しました。とても気に入っていたのですが、エンジンかけるたびに、町内に響き渡る爆音に耐えられませんでした。静かな住宅地で咆えまくる猛犬を飼うのはやはり無理があったようです。業者に引き取られていくとき、寂しさもありましたが、ホッとしたのも事実です。

自動車評論家の清水和夫さんは、R8のアルミシャシを絶賛されてまして、「少なくとも10年は乗って欲しい。同じアルミシャシのNSXは20年乗ってるけど、ヘタる様子もない。R8のシャシは30-40年行けるはずだ。」確かに不整路を走ってもミシリとも言わなかったなあ。30年どころか3か月でお別れしましたけど(汗)残念です。しみじみ。

L1010582.jpg

さて、乗らないクルマを持ってても仕方がない。ササっと売却することに。イタ車は買った瞬間に半値になるってよく聞きますよね。実はドイツ車でもAUDIやBMWは値落ちが激しい。某セールスの方も「まあ半値とは言わないですけど…」と暗にそれを認めてました。その分、新車購入時の値引きは結構してくれます。M3の時は別に頼んでないのに勝手に100万円まけてくれました。在庫車じゃなく、色も設定外のものを別注したクルマの話です。7シリーズだと200~300なんて話も聞きます。ポルシェは値引きが渋いですけど、価格低下も少ない。911だと3年乗って7割残るとか。本当だったらスゴイですねえ。値段が下がらないのはやはりフェラーリ。車種によっては全く下がらないか、高くなるものもある。清水草一さんは「フェラーリを買うのは郵便貯金に近い」と言ってます(笑)

L1010628.jpg

ディーラーは下取りが悪いというのはよく聞きますし、僕の経験でも買い取り業者のほうが圧倒的に高く買ってくれる。売却する時に利用したのは一括見積りサイト。登録して10秒もしないうちに6社から一気に電話がかかってきてビビりました。一社ごとに対応するのも大変なので同じ日に全社集まってもらい査定開始。よくやるのは、見積もりの額を名刺の裏に書いて、せーのっ!でドンの方式。しかし今回はある業者さんの提案で「競り」になりました。僕が某ディーラーで取った見積もりの額からスタートです。

いったいどうなるのか固唾をのんで見守っていると、時計回りに各業者さんが1000円ずつ(!)金額を積み上げて行くのです。各人ケータイを片手に買い取り責任者に逐一金額を伝えていき、押し引きを決める。1万円査定が上がるのにすごく時間がかかる。しばらく見ていましたが、見てるだけで疲れてしまいます。すぐに3社に絞られ、さらに1時間後2社になった。やれやれ、そろそろかと思ったのが甘かった。ここからさらに2時間の激闘(汗)いったいいつ終わるのコレ…途中でギブアップして僕は飯を食いに行きました。最終的に決まった金額は某ディーラーの査定から実に155万円も積みあがったのでした。負けてしまった方の買い取り業者の方は「いや~くやしいっす!でも、また何かあれば連絡くださいね」と爽やかな笑顔を残して去っていきました。いや、マジに大変な世界だね・・・。

L1010228.jpg

契約書は約款が裏に書いてある紙一枚。クルマも車検証も全て持っていかれるので、とても心細い…。でも2日後にはちゃんと全額振り込まれてました。早い!



スポンサーサイト

プロフィール

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR