名誉挽回。MP-E65mm マクロフォトをα7Ⅱで

CANON MP-E65mm F2.8 1-5 x マクロフォト。
恐るべき拡大力を持つ異能のレンズです。

前回はマイクロフォーサーズボディにつけて
その、あまりの使いにくさに閉口しました。

DSC_0114.jpg

今回はα7Ⅱに装着しました。
使い勝手はこれで激変する・・・はず。

接続はMetabones製のアダプタ経由。
これは、他社製のボディでも絞りが動くスグレモノ。

DSC_0120.jpg

キヤノンのレンズは電磁絞り。ニコンのGレンズの
ように爪を引っ掛けて操作することは出来ません。

Metabonesのアダプタは電子接点があって
α7で絞り操作をすれば、絞りが動きます。感動。

DSC04250RAW.jpg

これは、バッテリグリップの電子接点を撮影。
絞りはF16です。これでもごく一部しかピンが来ない。

プロの写真をみると、マクロではF20なんてのが
珍しくないんです。滅茶苦茶しぼるんです。

よく絞り過ぎると、画質が落ちるとかいうじゃないですか。
全然気にしてないみたい。要は絞らないと写真にならないと。

HVL-MT24AM
DSC_0123.jpg

で、我が家には何故かα用のツインフラッシュが
ある(汗)これはアームをいっぱいに伸ばしたところ。

なんだかタカアシガニっぽいよねえ。これ持って
ウロウロするのはかなり勇気がいります。

DSC_0117.jpg

最新のαボディにつけるには、別売りの
アタッチメントが必要でした。

これ、ミノルタ時代の製品なんですよね。

フラッシュ背面には液晶パネルもなく、
今となっては一昔前の製品といった雰囲気です。

DSC04301RAW.jpg
α7Ⅱ ISO200 F16 1/250sec

500円玉を接写。フラッシュは最小光量に
マニュアルで設定。

写りはとても良好。しかも65mmなので
フレーミングもしやすいです。

何より被写界深度が、深くなってとても
扱いやすくなりました。

最大に絞ってもEXIF上ではF16が限界。
本来はもっと絞れるはずですが。

さて、いよいよフィールドへ・・・。

DSC04455RAW_201507311225095e6.jpg
IDO800 F16 1/250sec  クリックで2000x3000

えー(汗)いきなりで申し訳ない。
ま、これが一番イイ写りだったので・・・。

僕もあんまり虫は得意じゃないんですが
どこまで行けるかと言う誘惑には勝てない。

DSC04353RAW.jpg

こっち見んな(笑)

よく見ると河童に似てる。

芥川龍之介の小説に出てくるゲエルや
マッグ、クラバックはこんな顔だったのかも。

DSC04493RAW.jpg

アリも撮ってみました。

やっぱし、オリンパスボディにつけるのとでは
段違いに使いやすいです。

深度も稼げるし、画角も広い。もともとこうやって
使うんでしょうね。納得。

DSC04698RAW.jpg

やっとまともな画像が。もう虫は出ませんから。

この花にしても、爪の先くらいしかありません。
何しろ、等倍より小さくは撮れない。

ある意味「究極」とも言うべき極マクロレンズ。
使いこなすのは大変ですけど、その価値はあるかと。

DSC_0136_201507311241525b2.jpg

でも、今後もガンガン使うかと言うと・・・
やっぱこっちですかねえ。

軽いし、安いしよく写る。
M.ZUIKO 14-42mmの前玉抜き。

これ使っちゃうと、もう戻れなくなっちゃいます。
それくらい素晴らしいんですよ。この改造レンズは。

MP-Eにはいずれ標本撮影で活躍してもらいましょう。





プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR