FZ1000 飛びモノ考

ツバメという鳥はとても撮影が難しい。
一眼でもなかなかピンが来ません。

FZ1000でもそれは同じことですが、必死に
やってみました。

クリックで1600x1066に拡大
P1540236.jpg
ISO200 F4 1/3200秒 +1ev 望遠端400mm

遠くの鳥なら、追いやすくなりますけど
鳥が小さく小さく・・・ジレンマですな。

なかなかファインダに捉えられないので
ドットサイトをホットシューに装着。

こうでもしないと、ツバメには追いつけない。
向かって来るツバメを連写!

クリックで1600x1066に拡大
P1540412.jpg
ISO200 F4 1/1000秒 +1ev

一体型カメラで飛んでくるツバメにピントが
来たのは初めての体験です。

このカットの前後2コマも合焦してました。
つまりちゃんと追従しているという事です。

すごい時代だ・・・。

クリックで1600x1066に拡大
P1540340.jpg
ISO200 F4 1/640秒 +1ev

カモのようにまっすぐ飛ぶ鳥なら更に追いやすく
なります。キッチリ解像。

では、FZ1000には弱点はないのか?
そんなことないです。

まず、木々などの具体的な形のある背景が
あると、間違いなく引っ張られます。

P1540348.jpg
ISO200 F4 1/125秒 

こういうシーンはメチャ苦手。
この時はたまたま成功。たいてい失敗します。

基本的に空抜けじゃないと駄目です。
逆に空抜けには異常に強い!

例えばコレ

P1540056wide.jpg

どこに鳥がいるのか分からない(汗)
コントラストに乏しく難しいシーンです。

等倍切り出し
P1540056.jpg

きっちり追従してる。いや、本当に強い!

これで、高感度に強ければなあ。
ま、それだと上位機種とのバランスが取れなくなっちゃうけど。

しかし、いいカメラですね。コレ。

歴代FZ最強というより、一体型カメラの歴史に
名を刻む名機になると思います・・・。



プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR