世界最小の500mm単焦点…か!?

ポオーポオオー!

仕事場にまで響くデカイ音。SLの汽笛みたい。
外来のTVで「機関車トーマス」でも見ているんだろうと。

あとになって父に「おい、今SLが来てるの知ってるか?」
と言われてたまげました。あれ本物だったの!?

仕事場から
RIMG0563.jpg

なんか調子悪いみたいで、後ろ向きに引かれていきました。
煙の方向が逆になってる。

父が語るところによると、地元の駅には蒸気機関車を
進行方向に回す装置があるんだそうで。

800px-Turntable_of_Railroad_001.jpg

転車台というらしい。父が子供の頃(70年前)は
年老いた鉄道員が一人で操作していたそうです。

蒸気機関車がぐるりと回るわけだから、子供は
夢中になるだろうなあ…眼に浮かぶようです。

転車台という響きがいいよね。
英語ではターンテーブルだそうな…ほう。

ウイキペディアには「現役で稼動する転車台のある駅」
一覧が載ってまして、確かに地元の駅もリストにあります。

それにしても異様に詳しいぞWiki。
なんでそんなことまで知ってんの?

余談は終わりにして、PentaxQにライカレンズをつける
マウントアダプタが届きました。RAYQUAL製。これで何個目だ?

DSC_1494.jpg

マクロエルマー90mmをつけると5.5倍の望遠効果で
500mmF4に。世界最小の望遠・単焦点システムの完成デアル。

DSC_1508.jpg

でも、手振れ補正もメカシャッターもないので三脚必須。
アダプタに三脚座が標準装備されてます。

んで早速実写。マクロアダプタつけて50cmまで寄ってみる。

DSC_1274.jpg

ファーストインプレッションは「ピントが分からない」(汗)
なんか画面全部が花色でもやもや。

DSC_1264.jpg

何とか撮ってみた。
IMGP2032.jpg
PENTAX Q Macro-Elmar 90mm F4

うーむ…難しいです。
じっくり合わせて撮るのは楽しいけどねえ。

IMGP2048.jpg

なんかピントの山がはっきりしない…Borgの時とは勝手が違うようです。
じっと動かないニャンコなら。

DSC_1990.jpg

これもやっぱりピントが分かりにくい。
結果はいいですけどね。

マニュアルに切り替えたりしてたらフリーズして
こんな画像が出た(汗)

IMGP1906.jpg

見なかったことにしよう。
今のところ、あんまり困ってないし…。

そういうわけで初回はいまひとつ感触がよくありませんでしたね。
ちょっと90mmは長かったかなあ。

35mmズミルックスとか50mmDRズミクロンで試そうかな。
ともかく手持ちは無理です。三脚でじっくり撮るアダプタです。

Leitzのミニ三脚と雲台に装着。

DSC_1504.jpg

ウム…満足ぢゃ!(初代黄門さまー東野英治郎調で)

スポンサーサイト

プロフィール

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR