準備(だけ)完了!DMC-GH2導入

パナソニックのフラッグシップ機、GH2が
到着しました。

動画主体に使うつもりです。
いつも困るのは収録中にピントの確認が
したくても、画面が小さくてよくわからないこと。

今回は少し大きめの外部モニターを併用してみようかと。
PA300841.jpg

購入したのはMarshall ElectoronicsのV-LCD50-HDMI。
55755円でした。この手のモニターとしては格安です。

この手の、というのはHDMI入力を有するポータブル
モニターのこと。

最近一眼レフで動画を撮る方が増えたので、
少しずつ認知されてきてますけど、
まだまだ業務用という扱いですよね。

他にもいくつか候補がありましたが、日本に代理店が
ないとか、正しいアスペクト比で表示されない場合が
あるといったカキコミを見かけまして・・・。

V-LCD50-HDMIの良い所はとにかく軽い!
そして単三乾電池駆動というところ。
これなら、いざという時も、コンビニで調達できます。

入力はHDMIのみ。ガランとしてますよ。
なんか寂しい・・・でもおかげで軽いからいいか。
PA300845.jpg
見え方はすごくイイと思います。カメラの
情報もちゃんと見えます。

参ったのは、映像を外部出力しているとき
MFアシストが動かないこと。これじゃあ超望遠で
みっちりピントを合わせるとき困るです。

ファームアップでなんとかならないかなあ、これ。
うーむ。

ちなみにMFアシストの効いた状態はこんな感じ。
PA300838.jpg
もうギンギンに拡大。
心ゆくまでMFで合わせることが出来ます。

しかし、動画撮影中はどのみち拡大はできない。
どちらかというと静止画のための機能です。

その代わりにといっては何ですがMarshallのモニタには
中心部の画像を等倍切り出しする機能があります。
これはワンタッチで録画中も切り替え可能。

通常画面。
PA300843.jpg
拡大画面
PA300844.jpg
録画中のピントあわせならこれで十分かな・・・。
まあ、実際にフィールドで使ってみないと
わかりませんけど。

あと電池ですね・・・ものすごくなくなるのが速い。
カタログでは単三4本で2時間ってなってますが
とてもそこまでは持たない。

なんか久しぶりにRX-7の燃費を思い出しました。
最高にわかりにくいことを言ってますが。

PA290831.jpg

野鳥撮影がメインの用途なんですけど
季節はずれの台風が・・・参ったね。

ところで、最近話題の超解像技術ですけど
この機種にも搭載されてます。

「超解像」という響きはぐっときますね。
「切」から「弱」「中」「強」「拡張」
となってます。

特に「拡張」に関しては
より解像感を高めた自然な画像を撮影できます
とか書いてありますよ!?まじすか。

ISO200 超解像OFF
iso200off.jpg
ISO200 超解像・拡張ON
iso200on.jpg
ISO800 超解像OFF
iso800off.jpg
ISO800 超解像・拡張ON
iso800on.jpg

違いがよくわからんです(汗)
まあこれも使ううちにわかって来るでしょ。

ともかく明日は晴れて欲しいです。
仕事場の廊下でテスト撮影してると滅入ってきますよ・・・。
PA290828.jpg





























プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR