FC2ブログ

E-M1 V3.0 流し撮りパラダイス!

P3093006up.jpg
E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
クリックで2400x1599

V3.0で生まれ変わったE-M1をもって
水族館へ。

水族館みたいな暗い場所だと、
C-AFはどうなんだろう?

イワシがぐるぐる回る回遊水槽。

P3092450.jpg
ISO800 F2.8 1/80秒

C-AFにして流し撮り。ちゃんとピンが来る。
秒9コマでひたすら連写。

P3092649.jpg

いや、これは痛快。面白い。
僕、この場所で三杯くらいメシ食えます(意味不明)

これはイイ練習になるね。

P3092847.jpg
コンゴテトラ ISO800 F2.8 1/125秒

これも流し撮り。ゆったり泳ぐ魚ですけど
カメラを固定しちゃうとぶれる。

カメラもゆったり動かして撮ると、虹彩の
模様までバッチリ。鳥肌ものですわ。

ラッコの水槽でも流す!

P3093381.jpg
ISO1600 F2.8 1/80秒 -0.7EV

この子は強敵だった。本当に難しい。
暗いし速い。水面滑走はガラスが汚れててダメ。

なんとか止まった一枚。

P3093313.jpg

いい年して、なにやってんだか・・・。
でも麻薬的にオモロイ。

買ったばかりの40-150mmPROも
持って行きましたが、ほとんど出番なし。

水中イベントを、人混みの奥から
撮るときだけくらいかなあ。

P3093142.jpg
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
ISO800 D2.8 1/640秒 -1EV

サメを抱っこするお姉さん。
このあと魚たちに囲まれカオスな状態に。

P3093181.jpg

基本的に12-40mm F2.8PROがあれば
ほとんど用は足ります。

ワーキングディスタンスが極端に短く
マクロレンズとしても優秀なんです。

P3093493.jpg

干潟を模した小さな展示です。
至近で生物を観察できます。

フードが水に濡れるくらい寄ってみました。

P3092962.jpg
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

これノートリです。

ミナミトビハゼの玉ボケもの(笑)
F4.5まで絞ってもこの浅さ・・・。

ベニシオマネキにがぶり寄り!

P3093006.jpg
ISO800 F.5.6 1/400秒 +0.3EV

体長15mm位の小さなカニです。

トップに拡大可能な写真を載せました。
これがノートリの画像です。

F5.6ってことはフルサイズのF11相当です!
いかに近いかお分かりいただけるのではないかと。

試しに 40-150mm F2.8 PROでも撮ってみました。

P3093432.jpg
ISO1600 F2.8 1/1600秒 +0.7EV

望遠端300mm相当の画角。このレンズもかなり
寄れます。屋外ではこっちのほうが使いやすいかも。

画像的には、やっぱり生物目線のほうが面白いよね。

ともかく、やたらと楽しい撮影でしたねえ。
E-M1のC-AFは水族館でも十分実用になります。

んでまた、流し撮りにちょうどいい暗さなのよ。
バシバシ連写して流して・・・もう日が暮れるよ!






放蕩息子の帰還

僕のブログのカテゴリのトップはE-M1です。
その前はE-M5だった。

いろんなカメラを買い散らしていますが、
一番好きなカメラはオリンパスなんだよね。

P1900018.jpg

V3.0ファームアップにより、秒9コマのAF追従連写が
可能になりました。はたしてその効果はいかに。

まずは撮ってみました。今回のテストは全て
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROで行いました。

P2280693.jpg
E-M1 ISO200 F4 1/1600秒 +1EV

たいていのカメラが得意なはずの空抜け飛翔。
後ろは何にもないんだもん。ズレようがない。

ところがオリンパのMFTカメラはこれが苦手。

一瞬合焦したと思いきや、イッキにデフォーカス。
ファインダ像はぼやけたまま、戻って来ない・・・。

それが今までのオリンパスでした。

P2280748.jpg

V3.0のE-M1はどうか。

これははっきりと改善されましたね。まだふらつく
場面はありますけど、連写を開始するとちゃんと追ってくれます。

ふらつき防止のためにAFロックオンは「強」にしました。

走行するクルマを連写。全部で33枚。
連写スタート
P2281599.jpg
ISO200 F5 1/1000秒

連写33枚目
P2281630.jpg

等倍でガッチリ解像を◎
僅かにコントラストが低下しているものを○
ブレ、ピン甘を△

ならべてみると
◎△△○△○◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎○○◎◎◎○◎◎◎○○△△△

一枚も完全なピンボケはありませんでした。
なかなかやるではないですか!

特に感心するのは、背景にピンが抜けそうな
場面でも粘るんです。

P2280178.jpg
ISO200 F3.5 1/2500秒 -1EV

これとか、D810だと「絶対」ダメなシーンだけど
しっかりピンが来ました。

港のカモメも大丈夫。

P2281300.jpg
ISO200 F5.6 1/1600秒 -0.3EV

ハイエンド一眼でもこういうシーンは抜けやすいのに・・・。

いやいや、この変身振りはいったいどうしたこと
なんだろうね。今までのは何だったのさ?


カモが泳ぐ池に場所を移してテスト。
テレコンをつけて換算420mmでの撮影です。

連写スタート
P3022130.jpg
ISO400 F4.5 1/1600秒 -0.7EV

連写14枚目
P3022144.jpg

連写20枚目
P3022150.jpg

例によって、結果を並べて見ますと

◎◎◎○◎◎△△○△◎◎△○◎◎◎◎◎◎◎◎◎△△

のようであります。特に後半の食いつき
具合は見事でした。

この画像のみクリックで2400x1600
P3022237big.jpg
ISO400 F4.5 1/4000秒 -1EV ノートリ

この画像をみたときに、確信しました。
ついに本当のフラッグシップになったんだなって。

マジにオリンパのC-AFってひどかったんです。

初代ペンデジタルから、ずっとそう。
次はよくなるだろう、次こそは。

そう思って買い換えてきましたけど全滅。

多彩なフィルターとか、凝りまくりのHDRとか。
豪奢なレンズフードとか。

本筋とはちょっとズレてるところで、才気煥発な
放蕩息子だったわけです。オリンパスMFTは。

それが突然パリッとしたスーツを着こなして
さっそうと家に帰ってきたみたいな。

喜ぶよりなんかしみじみ安心した感じだね。
いや、本当に良かったです。

レンズメーカーとしてはもともと素晴らしいわけで
ボディ性能が更に上がっていけば、凄いことになるかも。

今年発売になる300mmレンズがいよいよ楽しみ。

広角のPROレンズまで揃うとかなり隙のない
システムになるんじゃないでしょうか。

次回は新たに導入したPROレンズ
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROの感想を。




ファームアップでムキムキのアスリートに!E-M1 V3.0

あまり話題になっていませんが、個人的に
たいへん驚かされたニュース。

001_201502261312526ed.jpg

オリンパスのフラッグシップE-M1が
AF追従連写で、秒9コマを達成したのです。

無改造のファームアップのみで!

発売から実に1年4ヶ月以上たってからの大変革。
ちなみに今まではAF-Cで6.5コマ/秒・・・。

喜ぶよりこんなコトあるのかねえ?
そういう気持ちになりました。

100m走で11秒切るくらいがやっとの
陸上選手だったヒトが

「トレーニング法を見直したり食事に気をつけたら
9秒台で走れるようになりました。嬉しいっス」

みたいな感じ。いやいやそれはオカシイだろ。
なんかヘンな事してるだろお前。

そんな風に考えてしまいますよねえ。
ファームアップでそんなにムキムキになっちゃうの??

PA280476_20150226140527f3e.jpg
E-M1 Zuiko Digital ED 150mm F2.0

以前に撮った映像ですが、置きピンです。
E-M1のC-AFは、他社のカメラと較べるとかなり物足りない。

以前のエントリーでも書きましたけど
このカメラでは、大型の鳥でさえAF-Cで追うのは困難です。

今回のファームアップで、どれくらい改善されて
いるのか。期待半分、不安半分です。

何しろオリンパスのカメラでちゃんと追えた事が
一度も無いんだよ。いやホントに。

P1890700.jpg

AFが優秀と言えばFZ1000。

先日、ふと気が向いてFZ1000をスコープから
外して手持ちで撮ってみました。

すると、やっぱし楽しいわけです。
ピンもビシビシ来るし。ちゃんと追える。

翡翠の飛び出し連写。

何回かクリックすると大きくなります。JPGレタッチなし。
korabo.jpg

FZ1000はつくづく良く出来たカメラです。
400mmF4という設定がとにかく絶妙。

EVFだと、動き物は追えないっていう話を
良く聞くけど、そんなコトはないですよ。

ある種の一眼レフ・・・特に像消失時間の長い
タイプのほうがキツいかなあ。

P1890556.jpg
FZ1000 F4 1/2500秒 +0.3Ev

FZ1000レベルまで熟成されて来るのなら
オリンパスファンの僕としては最高・・・。

一応、室内でバリバリ連写してみたんですが
ちゃんとAFは動いてますねえ。

それにしてもファームアップだけで
こんなに変わるものでしょうか。

素の状態では、「そこそこ速い」くらいの車が
ROMチューンだけで筑波で1分切ったみたいな。

最高に分かりにくいこと書いてますが
最初からそのくらいのポテンシャルがあった。

そういうことだよね?

フィールドに持ち込んで試してみるのが
今から楽しみで仕方ないです。








佇まいが夢中にさせる M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0


PA080041.jpg
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

最近夢中なのがこのレンズ。
35mm換算で、24mmという大口径広角レンズ。

評価サイトでは、値段ほど写りは良くない
みたいに言われてます。

P1010337.jpg

でもねえ・・・カッコいいのよ。
特にフードがね。

最近では、めったに見なくなった金属製。
はめ込むのでなく、ねじで締めこむ。

P1010349.jpg

ちなみにフードは別売りで7000円弱。

レンズの値段が高いこともあり、なんで別売り
なんだと怒ってるヒトもいるみたいだけど。

でもテカテカの安っぽい樹脂製フードが
ついてくるよりよっぽどいい。

PA100278.jpg

それにしても、この佇まい。マジにしびれる。
もう画質なんてどうでもいい(爆)

格好なんてどうでもいいんじゃ!
写りが問題なの!そういうヒトはこれがイイ。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
K0000575072.jpg

広角端12mmの画質もすごくいいですよ。
マクロレンズとしても超優秀。

でも、あんまり使ってない。
便利すぎて愛情が持てない。

どうでも良いけど、製品名に「PRO」って
カッコ悪くないですか?

本当のプロ機材は、自分からは名乗らない。
そういうもんだと思ってますが。

PA080171.jpg

このレンズだけじゃなくて、オリンパスの単焦点は
明らかに「狙って」ますね。

本当にスキモノの心を掴むのがうまいよなあ!

僕のような人種は、殺虫灯に集まる蚊のごとく
次々撃ち落される・・・はず。

PA080018.jpg

単焦点レンズ持ってると、いつもの景色も違って見える。

なんてーのは、単なる言い訳で、別にズームでも
何でも良いわけだよね。

上手い人はスマホでもコンデジでも、
いい写真撮りますもん。道具は関係ないですよ。

P1010333.jpg

でも、僕の場合、単焦点をつけて撮ると
なんかすごく背が伸びた気がするんだよなあ。

視界が開けるというか・・・厚底の靴を履いている
のに近い感覚がある。

そう、僕にとっての単焦点レンズはシークレットシューズ
だったんだね!

secret1.jpg

「視界が変われば、世界が変わる」って秀逸な
コピーだよなあ。本当にそう思うよ。

結局勇気が無くて、件のシューズは買わなかったけどさ。

これってカツラと一緒で、一回つけたら使い続ける
しかないじゃんか?違うかなあ。

その点、単焦点はいつでも付けたり外したり
出来るから安心だよね。

それが結論かよって(汗)
自分で書いといて言うのもなんですけどヒドイね。

過剰反応・・・

P9290495.jpg
オリンパスE-M1 ボディーキャップ魚眼

スナップと言うジャンルはいまや絶滅寸前です。

他所の子供にレンズを向ければ不審者扱い。
若い女性を撮れば、盗撮と間違われます。

結局、撮って安全なのはオジサン。
しかも背中向きということに落ち着きます。

P9290721.jpg
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

幸い、年季の入った男の背中には滲み出る
「背中力」とも言うべき魅力があります(笑)

これは撮っていて楽しいものです。

P9290569.jpg

摩天楼の下、楽しそうに話しこむ2人の男性。
昼休み中なんでしょうかねえ?

目も眩むような高さのビルの下で、おっきなヒトと
小柄なヒトが佇むのは、なんだかオモシロい。

P9290488.jpg

こういう写真を撮るときもやっぱり、人が写ってないと
僕の場合さみしくて仕方ない。

やっぱり、誰か座ってくれたほうが落ち着きます。

P9290299.jpg

昨今の個人情報保護に対する考え方は厳しくなる
一方なんですよね。

僕の同僚が、夏祭りで子供を担いで踊ってたら
それをスナップした人から

「写真のコンテストに投稿していいですか?
本人の許可が取れないと選考基準にひっかかってしまうのです」

という手紙が職場あてに来たそうです。

法被に書いてあった、職場の名前を元に、祭りの主催者
である市役所を介して問い合わせがあったそうで。

手紙にはきちんと撮影した画像がプリントして添えられて
いたそうです。

撮影者の熱意スゴイ。素晴らしい。
でも、そんなことまでしなきゃいけない時代なのかと。

いやはや・・・。


プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

月別アーカイブ

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR