いろいろちょうど良いフォクトレンダー21㎜

DSC03231.jpg
フォクトレンダーUltron21㎜F1.8 Aspherical α7ⅡS


買ってからすでに3年以上経過してますがしみじみ良いレンズであります。いろいろ「ちょうどイイ」レンズなんです。
4530076132108-01-(1).jpg

成り立ちとしてはライカのズミルックス21mmF1.4の廉価版です。ネットの最安は7万8千万円。本家のレンズは90万円以上(爆)差がありすぎだよ…。扉の写真はスカイツリーの展望フロアからガラスにレンズを押しつけて撮影。これ以上画角が広くなると周囲の写り込みが多くなって使いにくい。開放F1.8の強みでSSもそこそこ確保できます。
DSC02617.jpg
山手のベーリック・ホール。室内の撮影にも重宝します。28mmだと後ずさりしなきゃいけないけど後ろが壁ってけっこうあるでしょ。
DSC02687.jpg
21mmという超広角ながらF1.8という大口径。近接撮影では、背後のボケが期待できます。フォクトレンダー製のマウントアダプタ併用ならさらに強烈なマクロ効果が。これは誰が見ても21mmとは思えないでしょう。
PB050008.jpg
正式名称はVM-E Close Focus Adapterというやつ。ヘリコイドの繰り出しを控えたり絞って使ったり、いろいろ工夫して遊べます。
DSC02727.jpg
このレンズ使ってて楽しいのは、EVFでみる拡大映像がキリッとしてシャープなんだよね。ピント合わせが楽しいわけです。解像性能の高いレンズはみんなそうです。
DSC02828.jpg
こうなると、「なんちゃってズミルックス」という立ち位置がもったいないなあ。廉価版のレンズって使ってるうちに本家のレンズはどうなんだろうって気になってくるでしょ。タムロン買ったあとでニッコールも買ったりして。でもこれはそうはならない。このレンズ自体がすごく魅力があると思うんですよねえ。


プアマンズ・ズミルックス

広角レンズについて回るのが色カブり。
デジタルライカの弱点です。

右端の青空がむらさき色になるです。
RAW現像の時に直せばいいんだけど面倒・・。

で、このレンズ。

ULTRON 21mm F1.8 Aspherical
DSC_2749.jpg

ショップで試写させてもらったんですけど。
全然色被りわかんない!素晴らしい!

L1002376.jpg
LEICA M ISO800 F1.8 1/500秒 

うれしくって店内撮りまくり(汗)
21mmでF1.8の明るさ。背景ボケますね~。

L1002385.jpg
ISO800 F1.8 1/750秒

これはきっと何かの縁だと勝手な理屈を
つけて購入してしまいました。うひひ。

さっそく街に出かけてみました。

L1003012_2013100310394209d.jpg
ISO800 F1.8 1/180秒

街じゃない(汗)思いっきり田舎だよ。
それにしても広角+ボケはなかなか新鮮。

気がつくとそればっかり狙ってます。

L1003092.jpg
ISO200 F2 1/1000秒

前にポンと主題が飛び出て、後ろが抜ける。
そういうシーンって意外と無いものですね。

ポートレートに挑戦してみた。

L1002475.jpg
ISO200 F2 1/360秒

背景ヒドイ(汗)
でも意外と面白いかもねえ。

良く見ると手が不自然に大きく
写ってたりして、超広角ですなあ。

まあ普通に使う分には全く問題ナシ。

L1002971.jpg
ISO800 F5.6 1/250秒

L1002976.jpg
ISO800 F5.6 1/125秒

モロに逆光のシーンでは紫の縁取りが
でますね。絞ってもあんまり変化無し。

まあこれだけ明暗が極端なシーンでは
出ないレンズのほうが珍しいけど。

開放値F1.8というのは、やはり心強いです。
室内、夜間は本当に便利。

L1002562.jpg
ISO200 F4 1/90秒

L1002626.jpg
ISO1600 F1.8 1/30秒


超広角・大口径という面白いジャンルの
レンズですが、これには「本家」があるんです。

LEICA SUMMILUX-M f1.4/21mm ASPH
4471.jpg

21mmでF1.4、圧倒的なスペック。
値段も圧倒的。80万円以上します。

80万円・・・スイートルームでカリブ海
クルーズ出来ますなあ。

対するコシナ・ウルトロンは11万円。
言ってみれば、プアマンズ・ズミルックスですな。

コシナ・フォクトレンダーのレンズラインを
見ていると、そういう傾向ありあり。

いくら何でもこれは・・とライカの価格に
たじろぐユーザーを狙い撃ってきます。

DSC_2725.jpg

ウルトロン21mmは使ってみると、
僕にぴったりのレンズでした。

コシナ製のレンズは、造りもしっかりかっちり。
モノとしての満足度はとても高い。

性能も申し分なし。レンズ検出オフでも
色カブリは極小だし。

ズミルックス21mmはきっとすごい性能なんで
しょうけど、僕にはtoo muchです。

80万の投資に見合うものが21mmの単焦点レンズから
得られるとは思えないなあ。

結果が求められるプロでもないし。
全紙に引き伸ばすこともないわけで・・・。

L1003278.jpg

しかし21mmっていいすね。僕にはちょうど
いい広さに感じます。

広角なら広いほど、望遠なら長いほど
イイと思ってましたが・・・。





プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR