SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH レビュー その3 周辺減光とか

L1001881.jpg
ISO 800 F1.4 1/6秒

現行ズミルックス50mmの実力はいかに?
その3であります。

大口径レンズと切り離せないのが周辺減光。
ズミルックスも例外ではありません。

L1001459.jpg
ISO200 F1.4 1/750秒

まずは中心部。
F1.4
f14_20130902162959287.jpg

F2.8
f28_201309021630026d3.jpg

F4
f40.jpg

ほとんど画質変化がないですね。
開放からシャープはウソではなかった。

絞ると板の下半分が鮮明に見えてきますが
これは板が前に突き出ているせい。深度ですな。

周辺部
F1.4
f14_20130904174812294.jpg

F2
f20_201309041748219b7.jpg

F2.8
f28_2013090417594374e.jpg

F4
f40_20130904174825f4e.jpg

徐々に暗さが取れて、解像力も上昇。

完全に均一な画面にしたいならF4まで
絞るのが良さそうです。

実は画面端ってほとんど見ないんだよね(汗)
僕にとって最も不要なテストかも。

でも掲示板だと結構重視する方もいます。

周辺が落ちたほうが、主題が浮かび上がる
というのもあるんだけど。

L1001656.jpg
ISO200 F2 1/4000秒

トタンがあるとすぐ写真を撮りたくなります。
旧い町並みはトタン好きにとってワンダーランド。

L1001540.jpg
ISO200 F2 1/3000秒

こうして見ると、あんまり周辺落ちが
気になりません。というか無いように見える。

なんでだろうね。

そもそも端っこに重要な部分て持って
こないというのもあるけど・・・。

建造物とかを好んで撮る方は
気になるかもです。まあその時は絞るしかない。

L1001666.jpg
ISO200 F1.4 1/90秒

現代のレンズですからこういうシーンも
もやもやしません。

画面端の画質チェックっていつから
やたらと取り上げるようになったのかな?

等倍で簡易にチェックできる
→皆が共有できる
→話題になりやすい
→いつの間にかレンズ評価の重要項目に。

そんな流れがありそうだね。
ボケ味とかって、分かりやすい指標ないもん。

そういう話題はなかなか盛り上がれない・・・。

L1001408_20130905181940998.jpg
ISO800 F1.7 1/90秒

野郎ラーメンについて語ろう、というスレに
書き込め無いです。食べたことないから。

興味はあるんだよ。野郎ラーメン。
分かりやすい評価軸があればなあ。

何のはなしだったか・・・。

これで一旦非球面ズミルックス50mmの
レビューはお終い。

誰に頼まれたワケでもないし
勝手に書き散らしてるだけですけど。

なんか疲れたね・・・。




SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH レビュー その2 ボケのはなし

L1001939.jpg
LEICA M ISO1600 F2 1/25秒

SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPHのボケに
ついて考えてみます。

常識はずれの超高額レンズ。
きっとボケ味もスゴイに違いない。

そう考えるのが人情。そうじゃないと困る。
自腹だし(汗)

L1001680.jpg
ISO100 F2 1/4000秒

近接(といっても70cm)で撮影すると
豪快にボケますね。何が写ってるか分からないくらい。

L1001680_20130903194136684.jpg

水彩画の上に水を垂らしたような。
もわーとしております。

L1001563.jpg
ISO800 F1.4 1/90秒

ご飯時はシャッターチャンスであります。
相手が動かないから(汗)

MFで動き物を撮るのって難しいよねえ。
ましてやF1.4となると・・・。

L1001563_20130903200655eaf.jpg

開放でもシャープでコントラストはっきり。
大口径レンズですがふんわりしません。

やはりボケの量と合焦面のコントラスト。
それがこのレンズの真髄であるようです。

L1001603.jpg
ISO200 F2 1/3000秒

歩道手前から奥へのボケの変化も
ごく自然に感じます。

ところで、このレンズの絞り羽は9枚。

DSC_2684.jpg

これはF2.8近くの絞り。
金平糖のような形です。

この形はどうなんだろう。
玉ボケに影響しそうだけど。

L1001651.jpg
LEICA M ISO2000 F2.8 1/180秒

気になってF2.8で撮りまくってみましたが
まあ、あんまり問題ないみたいです。

しかし僕は疑い深い。大きな玉ボケを
出してみた。

F1.4開放
L1001773.jpg

F1.8
L1001775.jpg

F2
L1001776.jpg

F2.5
L1001777.jpg

F2.8
L1001778.jpg

ほうら、やっぱり・・・なんて鼻の穴を
膨らませている場合ではない。

これってかなりの特殊状況下ですから。

それより、F2で既に玉ボケが丸みを失って
居る方が気になります。

イガイガした形のボケは INDUSTAR-61L 50mmの
ように、芸として生かすのも手ですかねえ。

さて、いい加減疲れてきましたので
そろそろ店じまい。

その前に前ボケの話・・・あるムックで

「このレンズの前ボケは、がさつき気味なのが気になる」

そういう記述がありました。
何しろ情報が少ないので、購入前に気になったのです。

本当にそうなのか。

F1.4開放
L1001800.jpg

F2
L1001802.jpg

F2.8
L1001804.jpg

F4
L1001805.jpg

うーん、よくわかんない(汗)
ある状況では、ということかなあ。

少なくとも僕が使った限りでは
気になるシーンはありませんでした。

L1001631.jpg
ISO 200 F2 1/90秒

川越の、おびんづるさま。

お腹がヨワいので自分の腹と
おびんづるさまのおなかを触ってきました。

レンズのフレアが無くなります様に。
そういう願いを聞いてくれる神様がいるといいけど。

次回は最終回。周辺減光のはなし。

LEICA SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH レビュー その1

L1001528_20130902142458b33.jpg
LEICA M LEICA SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH

現行ライカレンズの中でも評判の良いレンズです。
値段もスゴイわけですが・・・。

ライカのHPには

「絞り開放でも最短撮影距離でも
 高コントラスト・高解像に描写する」

そういうことらしいです。
でも、自分で見たわけじゃないので。

専門誌でも、いろいろ書かれてますが
どうも抽象的で、詳しいことが分からない。

最高峰とか圧倒的とか麻薬的な魅力とか。
言葉を尽くして褒めてますけど、ホントかあ?

高い(高すぎる)レンズに限って、
詳しいレビューが無いんですよね。

自腹購入のおいらが淡々と事実のみ
を書いてみることにしますよ。

それでは始め・・・。

DSC_2712.jpg

ともかくこのレンズは見た目が魅力的。
カタチが気になるの。不思議な形。

何かに似ているんです。何だろう?

sev-jw4610-2.jpg

コック帽のようにも見えるんだけど
なんかロボットぽいというかねえ。

toys_head.jpg

アタマの上が張り出してるロボットと
言えばマジンガーZ。

うーん。ちょっと違うか。何だろうな。

ALAN-PARSONSjpg.jpg

これはレコードジャケットの写真。

アランパーソンズプロジェクト。
1984年のAmmonia Avenueですな。

一回も聴いたこと無いけど家に2枚も
あるんだよ。なんでだ?

元に戻って、ともかく面白い魅力的なカタチ。
見るたび良いなあって。

DSC_2713.jpg

レンズフードは本体に組み込まれてる。
失くす心配がないのはいいけど、ものすごく浅い。

これ、効果あるのかね?

引き出して回すとロックされるんだけど、
ユルユルです。カチッとこない。

なんか心配だなあ。コレ。
ともあれ、まずは撮ってみた。

L1001701.jpg
LEICA M ISO800 F1.4 1/30秒

撮りだしてすぐに分かるのは、合焦面の
浮き上がりがすごいぞ、と。

ボケが大きいせいもあるんだけど、
それ以上にピントが来ているところは鮮鋭。

L1001225.jpg
LEICA M ISO400 F1.7 1/4000秒

これは左から来ている車がなんだか不思議な
写り方をしている。

その場所に置きました、というような。
小さい画面だと伝わり難いのが残念ですが。

L1001406.jpg
LEICA M ISO800 F1.4 1/60秒

このレンズ持ったら最後、開放ばっかり。
撮る。浮き上がる。夢中になります。

夜に活躍することの多いレンズだと思うけど
強い点光源は得意じゃないです。というか弱い。

こういうのとか。
L1001710.jpg
ISO800 F1.4 1/30秒

これが一番良く見るパターンですか。
L1001576_2.jpg
ISO800 F1.4 1/6秒

夜に撮影していると、思わぬ方向からの
光が、こういう形で現れます。

絞ってもフードを伸ばしても変化なし。
気を付けるしかないですね。

最近のレンズは逆光無双みたいなのばっかり
なので、ここまで豪快なフレアはなかなか・・・。

なんか夜の写真ばっかりになってしまった(汗)

L1001764.jpg
LEICA M ISO1600 F2 1/30秒

次回はボケについて検証してみます。




プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR