泣く子と地頭とアドビ

DP3Merrillで撮影しました。
難しいカメラですねえ。しみじみ。

SDIM0015.jpg
ISO200 F3.2 1/8秒

アンダーで撮るとノイズが目立つし色が出ない。
その割りに白とびも早いという。

現像処理も時間が掛かるわけです、しっかり。

なんか小うるさいお好み屋のオヤジみたいな。

「ああ、そんなにカツオブシかけたら
 風味が飛んじゃうよ!だめだめ。」なんてね。

気楽に、好き勝手にはやらせてくれないの。

でも、現像段階で後悔することになるから
ちゃんと手当てしないとね。青海苔も少なめにしますよ・・・。

SDIM0024_20130508121037.jpg

PhotoshopCSは6.0で終わりというニュース。
今後はクリエイティブ・クラウド(CC)になると。

月額2200円の定額制ですって・・・!
うーん困ったぞ。年間26400円。

3年で8万円弱。アップグレードより高ええ!

ちょっと前に、バージョンアップは1つ前までしか
対応しないからヨロシク。そういう発表がありました。

それから一年も経たずに、CSの開発終了。
定額制クラウドへの移行。あのねえ・・・。



PSがないと仕事が成り立たないプロ以外は
みんな散って行くんでしょうねえ。

「よいか、これからは毎月年貢を納めるのじゃぞ。
 文句のあるものは、農具を没収じゃ!」

「ひいい、お代官さまッ」

考えなくても手先がフォトショのショートカット
押すくらいに馴染んでるのに。

こんな体にしといて、今更何なんだよう。おいッ!

SDIM0049.jpg

以前ディズニーランドには入園券がありました。
たしか1600円だったと思います。

乗り物は乗らないけど、写真撮ったり、
パレード見たいヒトにはとてもお得感がありました。

それが、いつからか、一律5000円強になりました。
今は6200円!!

「乗り物券をいちいち買ったり
入り口でチェックしてもらう手間がなくなったよね。」

そんなことを言ってるヒトもいたけど、とんでもない話。

パーク側にすれば、売り上げ大幅アップ。
チケットのチェック要員の削減。いいこと尽くめなんだぜい。

イヤなら来なければいいじゃん?
ま、そうなんですけど。代替できないコンテンツには逆らえない。

今回のCS開発中止も同じ臭いがするなあ。

SDIM0005.jpg

僕みたいなシロウトはElementでいいとは思います。

でも処理がモッサリだったり、自動処理が
自由に組めなかったり。CSに慣れるとツライのよ。

当分はCS6で過ごすとして、どこに行けばいいのかねえ。



のっぽのリュックサック

富士山から職場まで高速で70分しか
かからない。これは大発見。

夜明け頃に富士山着。ちょっと鳥撮り。
ちょっとラジコン。高速飛ばして出勤。

勿論、眠いし体はだるい。
でも、情熱だけはボーボーと燃えている・・・。

しかし熱意はあっても、肝心の鳥が出てこない。




前回のキセキレイに続いて、今回はゴジュウカラが
助けてくれた。とにかく出が悪い。

夏鳥に逢いたい・・・。

ところで、僕の機材はかなり長さがある。
どれくらい長いかというと。

P1150163.jpg


600mmレンズリュックからはみ出す(汗)
これはいかにも格好が悪い。

担いでいるうちにポロリと飛び出しそうで怖い。
もしポロリと機材がまろび出てしまったら・・・。

この場合はアイドル水泳大会のポロリと違って
大惨事になるのである。

色々と長いリュックを探した結果
これを見つけた。

ガンリュックロング

10061421_506fbfedc133f.jpg


ライフルを2丁収納できると誇らしげに謳っている。
長さは80cm強。これは良さそうだ。

Amazonでは商品の対象:男の子となっていた。
男の子・・・。

しかしどういう人なんだろうね。
ライフルを2丁リュックで持ち歩くって。


さよならエラー

SDIM11182.jpg
DP3Merrill ISO200 F3.5 1/160秒

はるばるやってきました。富士吉田。
夜明けの富士山は赤く染まってました。

これがいわゆる赤富士なんですね。
こいつあ、はなから縁起がいいや。

SDIM1184.jpg

西湖のほとりで、ラジコン空撮の準備。
森の中から、上昇すると眼の前に富士山がドカーン!

さて、カメラもセットして、いよいよ飛ばすか。
そこで気づきました。送信機が無い。どこを探しても。

家に忘れたようです・・・自分を絞め殺したくなりました。
ほんと、死ねばいいのに。こんな好条件めったにないのに。

ぺヤングソース焼きそばに、ソースをかける。
そして、まだお湯を注いでないことに気づく。

そんな感じ。
もうどうしようもないわけよね。


頭を切り替えて、鳥撮り!
湖畔の水場へ。

さあ、どんな鳥に出会えるだろう。
ひょっとしたら夏鳥にも・・・。



半日待って、このキセキレイのみ。
マジにこの子がいなかったらシャレになってませんでした。

なんか、また自分自身を呪いたくなって来たぞ・・・。

SDIM1221.jpg

花鳥園でライオンヘッドラビットを接写。
もふもふ。なごむのう。少し落ち着きました。

SDIM1189.jpg

アカアシモリフクロウさんを至近距離で。
ISO200で0.4秒。フクロウならではのSS。

いつもじっとしているものねえ。
鳴かないし、動かない。

拡大
SDIM1203.jpg

DP3Mのキレはやっぱりすごい。素晴らしい。
しかし猛禽の眼って力強いよね。カッコいい。

フクロウと生活してみたい。そういう気持ちも
あるんですけど、餌がなあ。

冷凍マウスで画像検索するとおおよその具合が
わかりますが・・・嫁が発狂するな。無理。

しばらく遠征出来ません(涙)

でも、今度こそという意欲というか怨念が
ボーボーと燃えております。

DP3Merrillで蝶マクロ

SDIM1125.jpg
DP3Merrill ISO200 F2.8 1/320sec -0.7Ev

DP3Mは75mm相当の単焦点コンデジ。
22cmまで寄れます。

中望遠マクロ機でもあるわけだね。

DP3Mの画像は等倍でも高品質。
これは試したくなります。

早速限界まで寄ってみる・・・。

SDIM1146.jpg
ISO200 F2.8 1/125sec

この状態ではAFは全くあてになりません。
MFで調節も大変です、

ピント固定でカメラを近づけたり離したり。
それが一番確実です。

一部拡大

SDIM11531.jpg

うーむ、まるで機織り機で作成したような。
美しいのでございます。

SDIM1046.jpg
ISO200 F4 1/125sec

目玉しかピンが来ない(汗)
一段絞ったって効果はしれてます。

離れるか、フラッシュ使うか・・。

そういえば、新ファームで、シグマ製
マクロフラッシュに対応したんです。

EM-140 DG SA-STTL
0085126922641.jpg

ううヤバイ。カッコいい。物欲の虫がうずうず。
最安で34000円かあ・・・。

しかし、僕は既にマクロシステムは持ってます。
愛と官能のマクロレンズとツインフラッシュ。

E-M5 STF-22 ED60mm F2.8 Macro
DSC_2096_20121010132744_20130327164905.jpg

コイツが繰り出す画像を改めて
眺めてみると・・・。

PB120241_20130327152809.jpg
E-M5 ED60mm F2.8 Macro ノートリ
 
複眼のボツボツまでクッキリ。
やはり餅は餅屋だ。一気にクールダウン。

危ないところだった。ふう。

でもDP3Mのドアップはなかなかオモロイですよ。
特にオプションも要らないし。

Foveonと添い遂げるぜ!という愛好家の方は
フラッシュ購入検討の価値はありそうです。

使いやすくは無いでしょうけど、そんなことは
このカメラのユーザーは気にしないでしょうから。

深夜散撮

SDIM0849.jpg
DP3Merrill ISO100 F2.8 1/8sec

夜風もかなり柔らかな肌触りになってきました。
深夜にぶらぶら散策ならぬ散撮を。

しかし、歩くと鼻水くしゃみが止まらず。
ああ、本当なら最高の季節なんですけどねえ。

SDIM0836.jpg

特定の季節に起こるアレルギーは17世紀くらいから
あるんだそうで。ただ、こんなに患者は多くなかった。

5人に1人の有病率って異常に高いよね。
これは何とかならないのかしらん。

元々、国策で大量に植林した杉が使われずに放置され
今の状態に至ったのは良く知られるところ。

この季節になると、一部の業界は特需に沸きます。
医薬品だけでなく、マスク、メガネ。空気清浄機とか。

やつらはこのままずっと杉に無くならないで
欲しいと思ってるはず。

いつまでも、そこに咲いてておくれ~♪
僕が社員ならこっそり植えて回ります(爆)

SDIM0800.jpg

それにしてもやっかいな存在です。

何しろ、シーズン中は本当に苦しくて辛いけど
夏にはすっかり忘れてしまう。

オフシーズンにいくら問題提起しても
話題にならないものね。

過ぎたことをぐずぐず言うのは無粋という
国民性ですから。もう次々って。

しかもヒトが死なない病気なんでねえ。
かえってたちが悪い。ゴキブリのごとく生き残るんじゃないかと。

SDIM0992.jpg

特需によって経済は活性化するのかと
思いきや、全然そうではないみたいです。

花粉の大量飛散が日本経済に及ぼす影響

第一生命経済研究所の研究レポートです。
これすごくオモシロイ。

細かい数字はともかく、夏の気温が高いほど、
翌春の消費が控えめになる。そういうことらしいです。

暑い夏ほど、翌春の花粉は増える。症状が重くなる。
外出を避けるようになる、と。

しかも、その減少量が7000億とか(汗)
花粉で儲かる額よりすっと大きいね。

本当なら、ぽかぽかして出かけたくなるハズなのに。

気象庁のHPで去年の7・8・9月の平均気温を調べてみると、
平年より1.7℃も高かった!!

今年も悪影響大なわけですね。
でも、もう少しすると忘れるんだろうなあ・・・。

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR