収差なしってマジすか!? 

P7160597.jpg

ザブンザブンとダイビングするインカアジサシ。
鳥は辛いよね。この陽気だと。

ネット上では絶賛の嵐。無敵の高性能を誇るM.ZUIKO 75mm F1.8
レビューサイトによると、RAWでも色収差はみられないらしい。

いやあスゴい。素晴らしい。でも僕のはちょっと違うんだよね。
収差はあるの。しっかりと。

P7140290.jpg
ISO200 F1.8 1/2000秒

注目すべきは、サルが乗っている鎖。

P71402931.jpg

まあ、見事に紫色。これって色ズレだよねえ?
ハイライト部分には頻繁に出るんです。こういうのが。

なんか置いてきぼり感強い。祭りの最中なのに。
掲示板とかで聞いてみようかとも思うけど、荒れそうな気もするし。

「ハズレの個体ですね。僕のは出ません。お気の毒です。」

なんつーレスがついたら、正気でいられません。
そうじゃなくても、

「画像拝見しました。これは収差とは違うのでは?
 そもそも収差というのは・・・」

なんてザイデルの5収差をテーマに講義が始まったらどうしよう・・・。

P7160619.jpg

それにしても困ったなあ。オリンパに相談してみようかな。
でも、手元から長期に離れるのもイヤだし。

ぐずぐずと悩んでいたら、デジカメWatchに作例がでました。
恐る恐る覗いてみると・・・

交換レンズ実写ギャラリー

この作例のテーブルをクリック・・・出てる出てる!紫の色づきが!
これは嬉しかった。僕のだけじゃなかった。

「無罪判決」と大書した半紙を持って走りたい衝動にかられましたね。
しませんけど。

P7140167.jpg

落ち着いた条件ではまったくでないので、まあ使い方ですか。
それにしても、レビューサイトと僕のは別物なのかしらん?

P7191415.jpg
E-M5 M.ZUIKO75mmF1.8
ISO800 1/160 秒

クリックで等倍
ひかく

レンズのリムに注目。やっぱしあるんだわ。でもF1.8のレンズを
絞って使うのもなんだし。何のための大口径なのかわからん。

とにかく自分だけじゃない。それは何より心強かったです。
病気だって、同じ身の上の人が沢山いると安心するじゃないすか。

わけのわからない締めで、申し訳ないですが 
No one can exist aloneを再確認したということです。。そういう話じゃないね。

誰か言い出さないかなあ。王様は裸だ!って。




スポンサーサイト

小焼けの観察

P7160715.jpg
E-M5 M.Zuiko 9-18mm

風の強い日がつづきますなあ。
こういう気候だと夕焼けが炸裂する事が多いです。

強風の中を岬にむかって出動!

P7160996.jpg

富津岬全体が赤く染まってます。

展望台に上ると、吹き飛ばされそうな暴風です。
眼をあけているのも辛い。でもこういう日がいいんだね。

M。Zuiko75mmF1.8で撮ってみる。

P7161073_20120717180712.jpg

むう、全くゴーストがでない・・・これが新型の威力なのか。
いい加減ガンダムから卒業したほうがいいけど、つい。

遠くに霊峰も見える。しかしこの構図は好きじゃない。
なんか銭湯のペンキ絵みたいだ。

P7160774.jpg

まあ、自分で撮ったんだけどさ。
銭湯のペンキ絵って誰が言ってたんだっけ。太宰治か。

いよいよ日没。カップルはぞろぞろ帰る。カメラオヤジはこれからが本番だ。
18時30分。小焼けを待つ。

P7160953.jpg

18時51分(日没17分後)
地平線と雲の間に隙間が見えている。これが重要。条件は整った!さあ来い・・・。

1851.jpg

18時53分

1853.jpg

18時55分 徐々に雲が染まってくる。その調子だ!

1855.jpg

18時57分 んんん、もうすこしか。頑張れ・・・

1857.jpg

19時 終わり、ですか(涙)

1900.jpg

うーん、もっと海全体が真っ赤に染まるのを期待していたんだけど。
あまり贅沢を言ってはばちが当たるか。とりあえず終了。

P7160722.jpg

年に一度はこういう強烈なのが来る。台風の後とか。
レタッチで我慢して、次回に備えよう。

真夏は都会で鳥撮り 

P7160532.jpg
E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
ISO200 F1.8 1/400秒

朝起きて窓を開けると、ドライヤーみたいな温風が押し寄せてきますね。
かなわん。

連休は軽井沢で鳥撮り・・・なんてのは夢のまた夢。
熱風渦巻く関東平野をウロウロしております。

午前中ぽっかりと3時間の空きが出来たので、上野動物園に出動。
片道1時間。弾丸ツアーならぬピストンツアーです。

P7160214.jpg

9時半到着。わりと空いてましたね。連休最終日だしこの暑さだし。
目指すは、入り口すぐの「日本の鳥1」です。

P7160217.jpg

屋内で若干涼しい。若干ですけど。強調しなくてもいいか。

P7140242.jpg

ビンズイ登場

P7140230.jpg

美しいさえずりを聞かせていたのはこの子。
キビタキ・・・だよなあ。でもあんまり黄色くない。

P7160312_20120716210831.jpg

冬鳥もいた。暑さは大丈夫か?心配になるけど
餌台のシジュウカラを追い払ったりして元気そうです。

P7160560_20120716210830.jpg

マヒワ。

P7160369.jpg

落ち着き無く動き回って、なかなか撮らせてくれないエナガ。

P7160430.jpg

いいところににはなかなか来てくれない。動き回ると鳥が落ち着かない。
じっと待つのが良いのはフィールドと一緒。

ゴジュウカラは結局撮れなかったです。すばしっこい!
お馴染みのこの子も。

P7160298.jpg

最短撮影距離に近い・・・眼しかピンが来てない。F1.8だもの。

P7160356.jpg

M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8は予想通り、暗いバードケージで大活躍。
開放でもカリカリですし。

さて、午後から仕事だ。帰ろう。

P7160209.jpg

この時期は、どこへ行っても鳥の出が悪いです。
野鳥観察を売りにしている宿にも相談してみましたが、やはり厳しいと。

まあたまにはいいと思いますよ。僕はしょっちゅういってますけど(汗)







手抜きなしの道楽レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

P7080088.jpg


OM-D M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

うわさの高性能レンズが手元に届きました。35mm換算で150mmという望遠単焦点。
すでに、その高性能振りが各種レビューサイトで話題になっています。

実際に手にとって見ると、細部までしっかりと作られているのがわかります。

DSC_1721.jpg

まず感心したのは、レンズキャップ。絶妙な摺動性とでもいいますか。
ヌメ~っとした抵抗感がくせになりますね。

気がつくと、用もないのにキャップを付けたり外したり。ヘンタイ…。

レンズフードも素晴らしい。

DSC_1704.jpg

良くある爪で引っ掛けるタイプではなく、フード上にある一本のねじで
止めることでロックがかかります。これだけでとてもクラシカルな雰囲気に。

鏡体に傷がつかないような工夫もフード内側に見て取れます。細かい。

シルバー筐体だとビシッとはまるなあ…。

DSC_1800_20120709132311.jpg

なんか撮る前からすこしおなかいっぱいになってしまった。
とにかく、細かいところまで気を配ってくれている。満足度高し。

P7070209.jpg

ひとけの無い早朝の公園。この日は涼しかった・・・。
園内の小動物園で撮影。

P7070142.jpg

問題はこういうケージなんです。
暗いレンズだと、結構写り込むんだよね。

P7070112.jpg

しかし、150mm相当F1.8ともなると、目の細かいケージも
ものともしない。わずかにコントラストを調整しました。

P7070105.jpg

むう…これは。(海原雄山調)


キレまくりですなあ。どうでもいいけど、笑ってるみたいに見えてほのぼの。
動物園レンズとして今後も活躍しそうだ。

もっと目の粗いケージなら、補正なしでもビシッと写ります。

P7070041.jpg

いやはや。スゴイレンズだね。実売9万円と安くは無いけど
ちゃんと値段分の仕事はしてあります。いや、それ以上か。

150mmは確かに使いにくいけど、70-200のズームレバーが
動かないやつと思って撮るとそんなに苦になりません(汗)いやホントだって。

DSC_1747.jpg

しかし、これだけモノとしても満足度の高いレンズは最近珍しいのでは?
あまり一般的なレンズではないけど、好き者には迷わず推奨する逸品であります。


作例はすべて開放。
E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

Olympusが元気だ

ウワサされていたハイグレードレンズが出ました。
M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

001_20120524183825.jpg

換算150mmでF1.8の明るさ。特に何も考えず、脊髄反射でポチ。
フードはネジで止めるクラシカルな構造。

004.jpg

まあ、よくわかってますよ。Olympusは。
この価格帯のレンズをどうアピールするのか。

しかし150mmで何を撮るんだろう、俺は。
ちょっと長いよなあ…まあカッコいいから許す。

シビれるようなスタイルのスニーカーを手に入れたけど
サイズがブカブカで履けないみたいな。

…なんか買う気がなくなってきた(汗)

一方で、PanasonicはF2.8通しの標準ズームを発表。
LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 ASPH. POWER O.I.S

K0000378040.jpg

どうだい、この不細工さは。たまらんぜ…なんとかしてくれよ。

Panasonicは迷いなく王道を歩もうとしているからこれで良いんだろうね。
自社ブランドのF2.8広角、標準、望遠ズームまで揃うんじゃないすか?そのうち。

メーカーは、ハイアマやプロがターゲットと言ってます。
そんなところに遊びが入る余地はねえぞ、と。

どっちがいいんだろうねえ。

そんななか迷いなく購入を決めたのは、Olympusの防水カメラです。
Olympus TG-1

olympus-tg1-bestbuy.jpg

あんまりスタイルは好みじゃないんですけど、これシステムカメラなんです。
レンズアダプタを介してフィルタやコンバージョンレンズがつけられる。

index_image03.jpg

Olympusの超望遠コンデジは最近、レンズアダプタを廃止してしまい寂しい思いを
していました。色々つけて遊ぶのが楽しいのに。

水中で魚眼はかなり楽しそうだよねえ?今年も熱い季節がくるなあ。
実はもう屋外プールで泳いでるけど。まだ鳥肌立ちますね。


プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR