FC2ブログ

ウットリするようなカメラを買おう

20201228_173518.jpg
以前から男前なコンパクトカメラが欲しくてずっとアレコレ検討していました。
実はこの検討こそが一番楽しいという話もあります。

なんだかんだカッコいいのが一番。
20210118_173015.jpg
ライカミニルックスみたいな洗練のデザイン、ダイアルは露出補正だけ。
3:2固定で、パノラマとかフィルターとかお遊びの機能はなし。そういうのが欲しい。

現時点でジャケ買いしたくなるような男前カメラはなかなか無いんです。

rx1.jpg
SONY サイバーショット DSC-RX1RM2


今のところ画質最強と考えているのがコレ。新品は30万くらい中古だと24万くらい。
うんとコンパクトで軽量。精悍なデザインですよね。

でも手に取ると、RX100そのもの。電源入れるとニュウとレンズが出てくるアレ。
いかにも高級感のふりかけが足りない。

RX12.jpg
相変わらずAFの切り替えは変なところについてる。
引き出し式のEVFは、乱暴に扱うと、引っこ抜けます(汗)

構造がヤワイんだよね。高級カメラには兵器っぽい剛性感が欲しいんですけど。
「羊の皮を被った狼」が好きな奥ゆかしい方にお薦めします。

x100v.jpg
FUJIFILM X100V


35㎜の画角を持つ高級単焦点コンデジ。APS-Cセンサーを生かした軽量コンパクト。
SSのダイアルに、小窓が…。この心憎い二重構造。

x100v2.jpg

ISO値の変更は、ダイアルを持ち上げて回す。小窓のなかの数字がクルクル動く。
銀塩世代のおっさんハートをがっちりつかんで離さない。たまらん。

ファインダは光学式とEVFのハイブリッド。
81UBfXQ.jpg

普段は光学式なんですけど、レリーズすると、EVFに切り替わって、撮影結果が見える。
レンジファインダー的にも使えるという楽しいギミック。

で、このEVFがダメなのよ。スペックはライカQ2とが同じく
369万画素の超高精細型なのに!

明るい光学式ファインダーからEVFに切り替わると、
ドンヨリした色調のヌルい映像が出てきて萎えるわけ。

いかに光学式ファインダーが明るいかわかる。
EVF単独で使う分にはあまり気にならないけどねえ…。

実売18万円。APS-Cとしては値段もそれなりに高いのも痛いところ。

ファインダはやはり光学式に限るというベテラン愛好家に推奨。

dp0.jpg
SIGMA dp0 Quattro


孤高の単焦点コンデジ、シグマdp。僕は21㎜愛好家なので
dp0 Quattroはいつも気になる存在です。

持ってみるとしっくりくるし、ピントリングのヌル~とした
手ごたえには脳内快楽物質がドバドバ分泌されます。

しかし、このカメラにはEVFがない。背面液晶のみ。

dp02.jpg

動作が遅いのも、高感度が使えないのも別にいいの。許す。
だけど、背面液晶の画質だけは耐えがたい。

センスのいいシティホテルの室内に、14型のブラウン管TVが
置いてあったような衝撃ですよ!いつもこのモニタ見ては、買うのを思いとどまってます。

出来上がった画像が全て、という成果主義のFoveon愛好家に…。

さて、触って楽しいカメラと言えばやっぱりライカ。特にCLは男前。
cl.jpg
ライカCL プライムキット 18mm シルバー

シルバーは本当にカッコいい。EVFは視野がとても広くスッキリ。Q2より広く感じる。

純正のパンケーキレンズ18mm F2.8 ASPHは本当にコンパクト。こういうのでいいんだよ!
100000001004094461_10234.jpg
中古もタマ数豊富で選び放題。問題は28㎜レンズ以外はレンズが大柄で、
せっかくのコンパクトボディを活かせないんだよね。

CLに使えるレンズはパナやシグマからも出てるんだけど、みんなデブです。

そして、こんなのもある。
100000001005259851_10204.jpg
Leica CL Edition Paul Smith

ライカXの時にもあったポールスミスとのコラボレーション。とても可愛らしいデザイン。
値段はちっとも可愛くない。61万円もする。世界限定900セット。

ライカXのポールスミスはすぐ売れ切れたけど、CLはまだ新品が残ってます。
下取り価格は定価の半額以下。人気がない証拠です。

うっかり触ると大やけど…。

中古になると、人気のあるなしだけでなく、カメラの使いやすさもわかる。
ed60.jpg
ライカM Edition 60。

ライカMの一族の中でも、飛び切りの変態カメラ。

背面に液晶が無く、メモリカードの初期化すら出来ない。
家に帰るまで撮影結果がわからない。

デジカメにフィルムカメラの真似事をさせてるわけですな。

不便こそ楽しい。モニタを見ることがないので、撮影に集中できる。そういうコンセプト。

そして中古の棚には、新品同様のEdition 60が並んでる。
使い込んだ良品、並品はなく、新同品のみ…。
l_20210121105743d24.jpg
ライカQ2モノクローム

フルサイズ、単焦点、モノクロ専用というパワーワードが並ぶ。
カラーフィルタを排したことで、究極の解像力と高感度画質を達成。

これも中古の棚には、新同品がいっぱいある(汗)
みんな買ったはいいけどロクに使わずに売却したわけです。

だって使いにくいんだもの。しょうがないよねえ。
中古市場はこういうのをモロに反映する。つくづく面白い。
20210118_172038.jpg
店頭でいろいろ悩むの図。実際に試してみると、もっと悩みが深くなる(汗)
結局ライカQ2にしました。

決め手はやっぱりEVF。暖色系の穏やかな照明下でファインダを覗くと、
トロリと油を引いたような独特の雰囲気。ムラムラします(爆)

質の高いデジタルシネマを見ているかのようです。
中古で状態の良いものを購入。最近はライカジャパンでの点検証明が付くようです。
L1010176.jpg
公式の履歴書がついてるのは安心ですね。君、採用だ!
で、おおよろこびで、家に帰ってきて試し撮りしたら

「あ、あれ?見た目とEVFの色味が全然違うんですけど!」

撮れた画像は問題なし。EVFの問題です。
室内だと特に気になる。何がデジタルシネマだよ、とほほ。

EVFの色味も調整できるんだけど、完全には一致しない。
ああ、また新たな悩みが…。

俺が本当のパナの姿をみせてやる→爆死

P1120810_20160818195850b90.jpg
LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm GX8
ISO800 F5.4 1/1000秒 -0.3EV


某掲示板で、E-M1とG7の比較の
話題が出てまして。

パナの旗色が悪いわけですが、どうも
比較対象の選び方に恣意的なものを感じます。

僕は根っからのオリンパス党であります
が、これはちょっとなあ・・・。

P1130578.jpg
ISO1600  F5.4 1/2000秒 

文脈としては、E-M1と較べるとどうやっ
てもG7の絵は眠く感じる、と。

パナボディで、キレッキレのシャープな映像
を撮ってるひとがいたら情報を、という一文もあった。

悪気はないんだろうけど、なんかカチンと
くるものがありまして

137869f9.png

気分としては山岡士郎ですよ!
「俺がパナの本当の姿を・・・」

いや、これは僕の担当じゃないと思うん
だけどね。

他社機との比較になるといつも登場
する方がいるじゃないですか。

「こんにちは。私はパナ機の望遠動体
撮影能力の高さを活かし様々な撮影を楽しんでいます」

で始まるあのヒトはなんで出てこないんだろう?

クリックで拡大
P1130535w_20160818194701b07.jpg
ISO200 F8 1/80秒 +1EV

これは望遠端800㎜。
ISO200でF8まで絞った。

超近距離撮影でありパナ100-400の
解像力の限界に近い映像です。

どうだい・・・と胸を張りたいところですが
曇天のせいか、穏やかな感じ。

そもそもE-M1の作例を並べてない時点
で駄目じゃん!

まあカワセミ撮影にE-M1は持っていくは
ずがない。だってピント合わないもん(爆)

P1130389_2016081819465957f.jpg
ISO800 F5.4 1/800秒 -0.3EV

何とか、こんがりクリスピーな画像を
撮ろうとしたんだけど・・・。

良い具合の条件で至近のカワセミを撮る
チャンスはなかなか無い…。

クリックで2400x1599
P1110782w_2016081918462228a.jpg
ISO800 F8 1/640秒 -0.3EV 

湖畔に佇むセイタカシギ。
これもイイ写りだと思う。

E-M1は…やっぱり持ってなかった。
すみません。次回は必ず。

よりカッチリ写すなら、300㎜F4PROなん
だろうね。でもAFがなあ・・・。

やっぱし純正レンズの空間認識AFは
圧倒的な魅力がありますよ。

P1120591.jpg
ISO800 F6.3 1/800秒 +1EV

飛びモノにちゃんとピントがくるものね。
他社製レンズだと、結構きびしいわけです。

同じMFTなんだから、けち臭いこと言わず
DFDが効くようにしてほしいよね。

P1120504w_20160819184623cf4.jpg
ISO800 F5.4 1/800秒 +2EV

クリックで少しだけ拡大。

これも曇天。やっぱし、ちょっとキレが
足りないか。

でもGH4とパナ100-400で凄まじい解像
のツバメ飛翔をみたこともあるし。

要するに、腕が無いんです。
しょぼん。

なんか段々最初のイキオイが無くなって
きた(汗)困ったな。

P1110942.jpg

遠くの険峻な山々をみる武人。
そんな雰囲気の枯れ木をみつけました。

彼を見ながら僕も少し冷静になって考えよう…。

ローパスフィルタの有無が話題になって
ましたけど、これはあんまり関係ないと思います。

オリンパスの絵は、標準の状態でコント
ラストもシャープネスもかなり強くかかっている。

RAWから、撮って出しのJPGくらい鮮や
かに現像しようと思うと結構難しい。

標準のJPGは、相当に詰めてある。
そういう印象です。

パナの絵は、素材重視でニコンのそれに
近いように感じます。

なので、オリンパっぽくカリカリにしようと
するなら、何らか手当をしてあげないとだめです。

P1020266w_20160822141332ee8.jpg
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
ISO400 F4 1/2000秒


結局過去の作例でお茶を濁すという。
無念でござる。超解像「強」であとは全て初期設定。

見てもらえばわかる通り、パナが眠
いってことは無い。それは間違いない。

噂ではE-M1は9月に後継機が発表され
るらしいですね。

AFが大幅に改善されているという情報
をみましたが本当かなあ?

今までに何度失望させられたことか…。

レンズの性能は本当に素晴らしいわけで
AF性能が改善されれば恐ろしいことになると思いますが。






真夏の変身

L1030027.jpg
ライカQ

仕事場から外の空気を吸いにドアを
開けて・・・すぐ引き返す(汗)

マジに異常っす。今年の夏の重苦しい
暑さは。なんでこんなに湿気てるんだ?

カメラ持って立ってるだけで、頭が
ぼーっと。

L1030046.jpg

ライカQのファームウエアが2.0に
なりました。

・RAW単独で撮れるようになった。
(今まではRAW+JPGのみ)

・ワンタッチで露出補正が出来るようになった。

・顔認識に失敗したとき、自動的に多点
測距 AF へ切り替わるようになった。

・・・今までどんだけ使いにくかったん
だよって感じですな。

レンズ回りには異常にこだわるのに
ユーザビリティについてはとことん無頓着。

L1030060.jpg

最近のカメラって、ファームアップで
どんどん使いやすくなりますよね。

E-M1なんて1年4か月後に突然
秒9コマ連写になった。(それまでは6.5コマ)

使いやすくなって嬉しいけど、
どこか納得できないとこあるでしょ?

未完成なものを出しといて後で
直すってどうなのよ・・・。

L1030018.jpg

異常に完成度が高い商品に触れたとき
震えるような感動があるじゃないですか。

クラカメってそういう楽しさがある。
いつまでも手元に置きたくなる。

デジカメは違うよね。いつまでたっても
過渡期の商品。

新しいカメラが出ると、古いのはマップ
カメラに・・・という変わらぬ流れがある(笑)

黎明期のヘンテコなデジカメは駄菓子
を懐かしむのと同じノリでとってはあるけど。







ああ・・・これぞ車好きの天国である!

L1020929.jpg

お台場を通るとき、異常にデカいBMWの
ショールームがあって、いつも気になるのです。

調べてみると、先月オープンしたばかり。
「BMW GROUP Tokyo Bay 」というらしい。

面白そうなので、ちょっと寄ってみました。

L1020981.jpg

ショールームに入るなり、

「試乗ですね!予約はされてますか?」

いや、いきなりでビビったぞ。
全然予約してません。

でも、せっかくなのでミニのカブリオレに
試乗させてもらいました。

ここはほぼ全車種に試乗できるんです。

L1020844.jpg

M6のオープンモデルとか、国内で
見ることすら少ない希少モデルも試乗できる!

これはありえないですよ。新車価格は1800万超。
普通は、カタログをもらうのすら困難です。

買う場合も、実車を見ずに買うのが当たり前
だったりするからなあ・・・。

L1020934.jpg

試乗の担当の方は、あくまで案内役なので
セールストークは無し。

というか担当1人につき1日100人以上の客と
同乗しなきゃいけない!そんなヒマはないの。

なんか人気アトラクションのスタッフみたいな。
そう、これって体験型のテーマパークだよ!

L1020990_20160804194406b83.jpg

BMWの大型バイクも展示。
いずれ2輪の試乗も始まるらしい。

試乗担当のひとが後席にまたがる
のかしらん。まさかねえ。

高額のバイクで立ちコケしたらアツいよなあ。

L1020908_20160804195546690.jpg

ショールームのスタッフはにこにこしてる
けど話しかけては来ない。

みんな、適当にドアを開けたり閉めたり
あちこちいじったりやりたい放題。

こいつはマジに天国だぜい。

L1020847.jpg

ミニの超高性能バージョン。
John Cooper Works。

これが見たかった。

L1020856.jpg

オプションのダッシュボートから生える
3連メーター。シビレルねえ。

スマートもそうだけど、キノコ型の装備に
弱いんだよなあ。これ欲しい。

L1020865.jpg

車内も精悍な感じですよ。
イイ感じじゃないですか。

L1020882.jpg

展示車はマニュアル。3割はMTユーザー
とのこと。かなりのものだよね。

いまやほとんどのスポーツカーがATだからなあ。

L1020900.jpg

ミニに乗るたびに、ワクワクするのが
このイグニッションスイッチ。

なんか触るとヤバそうな感じ。
子供は大喜びですよ。

ミサイル発射!

L1020921.jpg

キャリパーにもJCSのロゴ。
やる気にさせます。

もうすっかり買う気になってたけど
後で試乗して諦めました。

シートがどうしてもフィットしないんです。
さらばJCS(涙)

L1020911_201608041950132ea.jpg

以前は、無理しても好きな車に
乗ってましたけど、長続きしないよね。

シートの相性は大事な気がする。
靴と同じで、履いた瞬間、これだ!ってあるでしょ。

長くなったんで、次回に続きます。







ご神木から生まれるヒナ

L1020799.jpg
LEICA Q

猛暑なんだか冷夏なんだか良くわからない
今年の夏。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

あの雲がいいなあと思って、車を降りると
モワーッとした湿気で、めまいが・・・。

もちろんこんな暑さじゃあ鳥も動きません。

L1020697.jpg

今日はT先輩に連れられて、ある神社へ。
毎年アオバズクが営巣することで知られてます。

樹齢800年の大ケヤキ。

L1020787.jpg

実に堂々たるものです。
胴回りは6mを超えるそうです。

この神社については1000年以上前の
古文書に記載があるということ。

L1020705.jpg

それこそ、アオバズクの飛来も何百年も
続いているのかもですねえ。

そういえば高校の先生から

君らの体を構成している炭素は、
2億年前に恐竜が使っていたモノかもしれないよ。

そう言われてやたら興奮したことを思い出しました。

L1020740.jpg

アオバスクが見つからないので、
T先輩はやや焦り気味。

普段はたくさんいるはずのカメラマンが
一人もいない。これはオカシイと。

その間、僕は境内の写真を撮ってました。
いやあ涼しくていいなあ・・・。

P1120623.jpg

で、しばらく捜索(僕はしてませんが)の後
ついにヒナ発見。

4羽が少しずつ離れて休んでいました。
パナの800㎜ズームでアップすると…。

P1120694.jpg

ウインクしてた(笑)
可愛らしいものですな。

常連さんたちは、「枝かぶりで写真に
ならないよ~」と嘆いていました。

僕はヒナを見ることが出来たので大満足。

L1020768.jpg

何とか抜けるアングルが無いか
必死のT先輩。この熱意!

僕も真似すべきですが先輩を撮ってる
時点で既に本気度が足りない(笑)

L1020801.jpg

いやはや楽しい鳥撮りでありました。

アオバズクの親子は夏祭りの花火とともに
姿を消すんだとか。いやあ風流だねえ。







プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

月別アーカイブ

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR