伝説の正体 初期型ズミルックス35mmをGXRで味わう

DSC_1069.jpg

このレンズが一番好きなんです。
特に前玉。

DSC_1098.jpg

前玉がかなりふくれて前に飛び出てる。
なんというか、水玉が浮き上がっているみたい。

見てるとゾクゾクします…。
おまわりさん、ここにヘンタイがいます!

DSC_1120.jpg

実際、すごい人気のレンズですね。
特にクローム。初期型にしかない色なので。

国内のショップではほとんど見かけません。
存在自体が希少になりつつある。

ネットで検索すると香港のショップにズラリ。
そういう時代です…。

状態が良いものだと50万オーバー。
ボロボロの状態でも結構な値段で売ってます。

僕のは、メガネと呼ばれるアタッチメントつき。
これだと、ぐっと安くなります。

DSC_1125.jpg

ジャマくさい…けど、これがないとライカM3で
使えない。

それと最短撮影距離が違う。メガネ無しは1m。
35mmのレンズで1mは辛い…もっと寄りたいよね。

メガネ付きは0.65m。この差はデカイ。
迷い無くメガネ付を選択。

ところで、このレンズは色々と伝説が多い。
有名なのは、開放での写り具合。「暴れ馬」とも。

これが開放。

L1026688.jpg
M9 ISO 100 F1.4 1/1000秒

通いなれた里山も、ふわふわの写りで
メルヘン街道になってしまった…。

上のほうがぐるぐる回ってます。アップすると

L1026680c.jpg

昼間にキレイなお星様が(汗)

発売当時、このレンズの評判は散々だったとか。
僕の生まれる前なので、本で読んだ話ですけど。

ただ読んでいると、ひどいヒドイと言っている人の
コメントが何だか嬉しそうなんだよね。

こうなると自分で確認したくなってくる。
フレアやゴーストも目立つとモノの本に書いてありますが。

L1026725.jpg

こっちは、あんまり…。

R1287366.jpg

いろいろ試してたらこんなのが出た。

L1026843.jpg

これはヒドイwww

でもなんか満足している自分がいます。
やっと本に書いてあることを確認できた…。

遊んでないで真面目に。開放F1.4。
独特の世界。

L1026773.jpg
M9 ISO320 F1.4 1/125秒

これを、GXRにつけるとどうなるか。
実はものすごく扱いやすくなります。

R1287354.jpg
GXR A12 MOUNT ISO 200 F2 1/330秒

等倍

名称未設定-2

GXRにつけるとオールドレンズもはっきりクッキリ。
そういう傾向があるけど、ズミルックスの場合は特に顕著。

開放ふんわり、F2でバキバキシャープ。。
かなりピーキーな特性になります。

R1287326.jpg
GXR MOUNT A12 ISO 228 F2 1/30秒

周辺減光もコマ収差もばっさり裁ち落とされてしまいます。
全然「暴れ馬」じゃない。借りてきた猫みたい。

これは開放。

R1287377.jpg

フルサイズの開放とは全然異質の映像。でもふんわりは
適度に残ってる。灰汁ぬきしたみたいな。

ベテランの愛好家は、フィルターつきの煙草なんて吸えねえよ。
やっぱり両切りのピースでなきゃ…というかもしれないですね。

デジカメだから、濃厚クラカメ風にも仕上げられますけど
このすっきり具合がGXRの気分です。

ところでGXRはマウントに電子接点がない代わりに
自分でEXIFにレンズデータを書き込めます。

EXIF.jpg

写真見る立場からすれば、何のレンズで撮ったかは
どうでもいいことなんですけど…。

例えば初代ズミクロン35mmなら、「8枚玉」という伝説の
キーワードがあるわけで。

「Summicron 35mm 8-element」

とか入力したいです。せめて1stは入れたい。
シリアルナンバーを入れるのもシブイね。
詳しい人はピンとくるでしょ?

希少モノのブラッククロームだった日にはどうすればいいんだろう?

「BlackChrome 超レア!」

とかね。それじゃあオークションだって…。

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR