マクロアダプターM 徹底的に遊ぶ話

L1025834.jpg
LEICA M9 MACRO-ELMAR-M f4/90mm

大枚はたいて購入したマクロエルマーMのセット。
このアダプターがキモ。
f85a1d88-d7cc-4667-b264-00c22f4a4f70_20110904195229.jpg

こうやって合体ロボすると50cmまで寄る
ことができるようになります。
2b19934e-e60e-4ea9-9d52-c0c4d3dbf5e0_20110904195229.jpg

アダプターをつけるときは、レンズは上下逆につける。
普段は裏側に隠れて見えない近接用の目盛りが。
SDIM0060_20110905160037.jpg

90mmレンズで50cmって、大したことなさそうですが
一眼レフと違って、近接撮影が苦手なんです。M型ライカは。

で、じっくりアダプター見てると、一眼のマクロリングと
一緒で他のレンズにもつきそうだなあ・・・と。

んで、DRズミクロン装着。
SDIM0070.jpg

ピントリングは普通に動きますね。
見た目は普通じゃない(汗)

最短撮影距離10cmくらいのスーパーマクロに変身。
距離計はもちろん連動なしのフルマニュアル。

手持ちのレンズを次から次へと装着。
遊びすぎてアダプターの内部が削れた(泣)
SDIM0072.jpg

後玉が飛び出している広角系は駄目ですね。
ウルトラワイドへリアー12mmでマクロしたかったな・・・。

SDIM0058.jpg

一番相性が良さそうなのが、Nocton classic 40mm。
これはすごく寄れる。

例えばマクロエルマー90mmの最近接側。
L1025607.jpg

Nokton40mmだとこんな感じ。
L1025637.jpg

かなり寄れる。でも純正90mmとの組み合わせと
違って距離計は連動しません。二重像を丁寧に合わせて
撮影する楽しみはなし。単に撮れるだけです。

ただ、ミラーレス機につける場合はライブビューで
フォーカスを確認できるので充分実用になります。
早く、GXRやNEX-7につけてみたい・・・。

これはNoktonの開放F1.4
L1025688.jpg

強烈な収差でモヤモヤ・・・これはこれで味があります。
カリカリにしたければ絞ればいいんだし。

L1026160.jpg

ところでライカの最新型(といっても2003年)
エルマー90mmの性能はどんなもんだという・・・。

画面中央等倍比較。開放からキリッとしてます。
名称未設定-1

これは開放の接写。バキバキシャープ。
up_20110904195147.jpg

とにかく小さい、軽いのが魅力のレンズ。
性能も一級品。ただ値段を考えるとなんとも・・・。

ところで、2003年はまだ、M型ライカはフィルムの時代。
デジタルカメラ前夜のレンズというのはコーティングに
あらわれている気も。

真横から光が差すシーン。フードなし。
結構フレアが目立つ。
L1025804.jpg

フードつけると、フレアが一気に解消。
L1025810.jpg

あんまりフード好きじゃないんだけど
これはつけないと駄目みたい。。

かといって逆光が駄目というわけでもないのが不思議。

例えばこれとかL1026175.jpg
中央拡大ー等倍
L1026175up.jpg

普通だと輪郭がモヤモヤしてもおかしく
ないけど、これはしっかり再現。すごい。
これもそう。
L1025962.jpg
中央拡大
L1025962-up.jpg

性能はすごいと思います・・・ただもう少し明るいとね。
室内撮りはほとんどぶれちゃう。M9は高感度あんまり
得意ではないので。
L1025242.jpg

しばらくは練習あるのみ。
スポンサーサイト

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR