奥庭荘で野鳥撮影

000200000001.jpg
GH2+Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D
シネマ動画(1920x108024p)より切り出し

とにかく野鳥までの距離がちかいのが
この場所の素晴らしいところ。

水場で遊ぶ小鳥を存分に観察できます。

000200000002.jpg

周囲に苔むした朽木や溶岩もあり
作画のバリエーションも意外と豊富。

000200000004.jpg

000200000006.jpg

ベストポジションは無し!?

最初に来たときは座敷から撮影して
いる人がうらやましかったです。
すごく近そうで。実際近いんですが。

でも座敷がベストとも言い切れません。
近い分、死角も多い。

連写音が鳴り響くなか、座敷チームは
見えなくてポカンとしていることが何度も。
もちろん、その逆もアリです。

なので、どこに陣取ってもそれなりに
楽しめるので、心配はいりません。

最適なレンズは・・・

今回は300mmのレンズにGH2。換算600mm。
実際の見え方は・・・
P1130261up.jpg
これがノートリ。

お座敷で超至近距離でこのくらい。
他の場所だともう少し小さくなります。

水場近くの枝で。600mm。動画より切り出し。
000200000005.jpg

焦点距離よりは明るさですかね。
基本水場は暗いです。ISO200で1/50出るかどうか。

被写体ぶれの連続です。天気がよければ
水場に木漏れ日が差し込みますけど。

僕は望遠馬鹿なので2600mmで・・・。
000200000003.jpg
EXテレコンモード シネマ動画より切り出し。

超望遠デジスコだとマトモに写すのもきつい。
でも動画なら一秒撮れれば24コマ記録。
ひとコマくらいアタリがあります。必ず。

疲れたんで、奥庭荘の食堂へ。
SDIM0048_20110831162908.jpg

そば定食 1500円。ド迫力。
SDIM0055_20110831162907.jpg

奥庭荘は11月まで営業しているとか。
ホシガラスやヒガラなどは、シーズン最後まで
見ることが出来ると聞きました。

そうそう!大事なことを忘れてました。
帰り道はかなりの急坂。機材を担いで
登るのは、結構しんどい。

まあ距離はたいしたことないから歩けなくはないけど・・・。
でも、撮影している方に聞くと、みなさん
「キツイ」と言ってました。

宿泊すると、上の駐車場まで車で送ってくれます。
意外とこのサービスはポイント高いです。


スポンサーサイト

深夜に富士山・奥庭に行く話

無理なことはしてはイケナイ。
しかし、無理をしないと富士山には行けない。

仕事の合間を縫って、野鳥に会える民宿、
奥庭荘に出かけました。

仕事が終わって千葉を出たのが19時30分。
高速河口湖ICに21時45分に到着。

有料道路の富士スバルラインは通行料2000円。

「こんな深夜でも営業しているんですね」

料金所のおじさんは、面食らったように

「みんな、あなたと同じように
 夜のぼるだよ。ご来光を見るためにね」

そうなんですか・・・その割には周囲に車は
ないです。心細いよお。

ネットには、富士五合目と書いて
あるんですが実際には、そこまで行きません。

五合目まで3500mの標識が出たらもうすぐ。
このデカイ看板のところで駐車。
SDIM0024.jpg

昼間は迷うことはないですけど深夜は・・・。

これが入り口。石畳の遊歩道を100mくらい
下ると奥庭荘です。昼は野鳥の声を聞きながら
ノンビリできますが夜は怖い。
SDIM0027.jpg

周囲は原生林。街灯なんてあるはずもない。
夜に来るのがそもそも間違いなんだ。
SDIM0028.jpg

下見で真っ暗だというのはわかって
いたので、LEDヘッドライトをつけて・・・つかない。

電池は入れ替えたばかりだけど、だめ。
まじすか(泣)

手持ちのミニライトはホタルみたいな光。
こりゃあ駄目だ。

この時点で半ベソ。暗いの苦手なんです。
今までに経験したことない真っ暗闇。

ふと思いついて、ケータイのディスプレイを
ライト代わりに。白バックならかなり明るい。
SDIM0032.jpg
エライぞ、ブラックベリー。さすがオバマ大統領が
愛用するだけのことはある(意味不明)

足元を照らしながら、冷や汗たらたらで進む。
目の前に白いものが突然。

「ヒイイッ」

情けない声を出してしまいました
2枚目の看板でした・・・もう漏らしそう。

やっと着いた。
SDIM0004_20110830214305.jpg

夜遅く待っていてくれたご主人。
本当にごめんなさい。

「明かりなしで来たの!?いやーよく来たねえ」

はい、自分でも驚きです・・・。

その後聞くところによると電話すれば迎えに
きてくれたみたいです。なんてこったい。

山小屋だから、座敷で雑魚寝かと思ったら
ちゃんと襖で仕切られた個室でした。
SDIM0002_20110830214305.jpg

高山で水は貴重品。風呂はもちろんないです。
でも、トイレは水洗。とても綺麗でした。

んで、今回の目的はもちろん野鳥。
宿泊者の特典は、座敷からの撮影が
可能ということ。

早起きして5時半に座敷に行ったら既に
ビッシリと三脚の林が。もう入るところない。
泣きそう。
SDIM0007_20110830214818.jpg

夫婦でいらしていた方のおかげで何とか
端っこに潜り込みました。

すごく品のいいご夫婦。仲良さそうに
撮影されていました。
SDIM0017_20110830214818.jpg

いきなりホシガラスの登場で始まった。
近すぎて顔だけ(汗)

000010000000_20110830214818.jpg

000010000001_20110830214817.jpg
パノラマソフトでつないでみようかという。
このときばかりは自分の望遠馬鹿を呪いました。

座敷で荷物もそばにおけるし、休憩もトイレも。
こんな恵まれた撮影環境ってないよね。普通。
SDIM0050_20110830215845.jpg

次回、奥庭荘での撮影について少し紹介。













プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR