裏通りから眺める桜

桜と菜の花の組み合わせは、春の定番・・・。
人気のスポットは大混雑します。

ここは、ドブ川沿いだし、桜並木の裏は
ラブホテル(爆)ひっそりしてます。

CIMG2040.jpg

こういう所のほうが落ち着くなあ。
連れ込み宿の看板が入らないように注意が
必要だけど。ドブは諦めるしかない・・・。

CIMG2020.jpg

今の季節はホテルの窓からも綺麗に見えるはず。
どんなカップルが利用するのかしらん。

「私のカラダが目当てだったのね!酷い・・・」

「ねえ、いつになったら奥さんと別れてくれるの」

それを聞いているのか、聞いていないのか
男は桜を見ながらタバコをふかすのであった・・・。

CIMG2056.jpg

よろめきドラマの見すぎだ・・・でもそういう
ワルイことも一度くらいしてみたい。

そんな勇気も甲斐性もないし。
一生妄想のまま終わる気がする。


余生は夕日の見えるところで・・・

仕事の合間に夕日をパチリ。

CIMG1723_20110330190105.jpg
海辺の街に住んでます。
毎日規則正しくドブンドブンと夕日が沈みます。
真っ赤な夕焼けとともに。いいよお。

CIMG1796_20110330190105.jpg
しかし、仕事が終わる頃には、とっぷりと暮れてる。
毎日あんなに焼けてるのに。浜にいきたいなあ。

夕方になると仕事を辞めたくなります・・・。

今は使われていない休憩所で撮影
CIMG1687_20110330190105.jpg
さてどうやって撮ろうかな。思案していると

「あらあ、こんな所でお仕事ですか?
 大変ですね」

なんて話しかけられたり。慌てて仕事に戻ります。
後で考えるとあいつもサボりに来てたんだなあ、とか。
まったくもう。

暗くなってからは、もっぱら店の中でHDRに
励むことになります。

CIMG1800_20110330190143.jpg
飲めないけど、酒瓶をとるのは愉しい。

CIMG1813_20110330190143.jpg

帰り際に、未練たらしくもう一枚。
CIMG1666_20110330190105.jpg

夕日の見える老人ホームで余生を過ごすつもりです。
もう場所は決めてあります。アクアラインの近くに。

毎日欠かさず夕日だけブログにアップ。
肺炎になって2ヶ月休んで、奇跡の復活!とか。
もう展開まで見える。

さすがに入所予約はまだ早いのでしてませんがね・・・。

全てEX-ZR100で撮影。






停電に備えて作業灯を購入するはなし

CIMG1826.jpg

懐中電灯の光で飯を食うのは難しい。
今回初めて知ったんですけどね。

停電してもガスは出るし、何とかなる思ったんだけど。
暗いと何だか味もわからないし食欲もなくなります。

被災地の苦労がしのばれるね・・・暗いと何にも出来ない。
充電式のランタンとかあるとイイのに。
これとかね。

170-9374-m.jpg

すげえ魅力的ですよねえ。定価8800円。
でもどこ行っても売り切れでさ・・・。

被災地に優先的に出荷してるんでしょう。
しょうがないです。しかし、在庫のある業者もいる。

Amazonに出品してる業者は定価の1.5倍とか
2倍とかにしてる。ひでえなあ。

ランタンだけじゃなくて、単2乾電池とかも
定価の倍以上高くしてたり。

それでも買うヒトいるんだろうね。イヤな話。
不当なプレミアムをつけられた乾電池のページを
よく見てみると・・・
名称未設定-1

このほかにも「火事場泥棒」というタグも
あったりして爆笑です。

しかし、なんとかしなければいけない。
車のバッテリーにLED電球つなごうかともおもったけど
子供がひっくり返すんじゃないかと心配だし。

で、いろいろ迷ったあげくこれにしました。

セットの中身はこんな感じ。
CIMG1864.jpg

充電器デカイ。さすが業務用。関係ないか。
使ってみると明るいです。
CIMG1828.jpg
3100ルクスだそうです。日中、明るい部屋の窓際
くらいの明るさだそうですけど、そんなには・・・。

CIMG1827.jpg
むしろ天吊りのほうがいい。
これだと新聞読めるし、ご飯も普通に食べられます。
ちょっと暗いかな、くらいの感じです。

もう一灯つければ完璧だけど、19800円もするからねえ。
まあ我慢。

もともと夜間の自動車整備とかに使うみたいです。
確かに車の中の落し物探すにはピッタリだね、これ。

2011年のフラッグシップ EX-ZR100 レビュー


絞り優先 F4.4 1/20秒 -1EV

Casioによると「2011年のフラッグシップ」だそうです。
年毎に旗艦が変わるのは妙な話・・・。でも今の技術革新の
スピードからするとそういうものかもしれないね。

CIMG1316.jpg

白は人気がないみたいです。3万円を切る格安店で
買いましたが在庫は白のみ。

このカメラの特徴は大きく3つ。

1 A/S/Mモードを有する
2 超望遠
3 HDRアートの効果が三段階に変えられる


3万円を切る安価なカメラだけどA/S/Mが
ついてます。HDRは独立したモードになりました。
CIMG1330_20110321115252.jpg

コントローラーダイヤルには何も印刷されてません。
だけど、これがものすごく使いやすい!
CIMG1321.jpg

Casioの製品は操作系がきちんと統一されており、
ほとんど迷うことがないです。パナもそうですな。

家電メーカーのほうが、ユーザーインターフェースが
こなれているのは興味深いことです。対極にあるのは
オリンパス・・・。

僕のような望遠馬鹿にはたまらない性能を
有しているEX-ZR100

広角端は24mm
CIMG1371.jpg
望遠端は300mm
CIMG1375.jpg

これだけでも充分オモロイ。しかしこの先があるのです。
「マルチ超解像ズーム」を使うと600mmまで
伸ばすことが出来ます。

24mm
CIMG1422.jpg
300mm(マルチ超解像ズーム)
CIMG1424.jpg
600mm(マルチ超解像ズーム)
CIMG1426.jpg

望遠端だと、カメラぶれがすごい。
それでもちゃんと写るけど。
三脚+セルフタイマーがベストかも。

試みにデジスコ撮影もしてみました。
TSN-884併用 1500mm域
CIMG1380.jpg
拡大像
CIMG1380-1.jpg

充分実用的です。ポイントが高いと思うのは
メカシャッターで秒10枚という超高速連写機能が
あること。

4000x3000のフル画素で上限30枚。
連写中はカチカチカチ・・・と機械式時計みたいな
イイ音がしますよ。

これで1.7型とかの大型センサーだったらなあ・・・。
等倍切り出し
CIMG1417_20110321121638.jpg
インチキ~という感じの画像。
やっぱり余裕がない。

4200mm域
CIMG1388.jpg

望遠端はさすがに甘いっす。

ちなみにこの機種でもハイスピード動画は撮影可能。
ちょい撮りしてみました。

EX-ZR100 ハイスピード動画サンプル

望遠だけじゃなくてマクロも強い。
スーパーマクロモードにすると焦点距離42mmに
固定されます。
CIMG0086.jpg
近すぎてレンズの影が(爆)

ちなみに、42mm域にしておけばマクロへの
切り替えなしで限界まで寄れます。便利すぎ。

これは63mm
CIMG0068.jpg
ズームするたびに焦点距離と最短撮影距離が
モニタに表示される。マジ最強です。

HDRは独立したモードになり使いやすくなりました。
CIMG1532.jpg
HDRアート レベル2
CIMG1531.jpg
背景だけがぶれています。暗所で撮影してると
結構この現象が。失敗例なんだけどなんかちょっと面白い。

先代機のHDRはやりすぎ感がアリアリで
それが逆に面白かった。
今回は3段階に調節できるようになりました。

これはレベル2
CIMG1448.jpg
あんまりレベル1使わないですね。中途半端で。

合成速度は先代機EX-ZR10のほうが速いです。
数少ない改悪点の一つ。

そのほかにも連写によるパノラマ撮影機能も。
既にいろんな機種に搭載されているので新味はないけど・・・

まとめ。
・遊べる望遠
・シームレスに操作できて寄れるマクロ
・マニュアルモード、独立したHDRなど
 優れた操作系

先代機と較べると
・やや分厚くなってしまった。
・やはり広角端24mmは使いやすい
・HDRアートが可変になり、露出補正、WB
 と組み合わせるとかなり表現の幅が出る

結論 EX-ZR10を買った俺の立場は? 
   
生き馬の金玉を抜くデジカメの世界。
先物買いのリスクは充分承知してるつもり。

それでも、たいして変わらない
価格でこれだけ優れた後継機が出るのは辛い。
辛すぎるよねえ・・・。

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR