カモ三昧

海辺に引っ越してきて良かったのは
カモの種類がすごく豊富なこと。

これはホシハジロ。
CIMG13400000002.jpg

マガモ、コガモなどのお馴染みさんばかり
見てきましたから、カモはいつも微笑んでいるものと
ばかり思ってました。

でも結構ヨーボー魁偉というか怪異というか。
ハシビロカモ
CIMG13400000004.jpg

前から見るとさらに変。
カモいろいろ0000001

くちばしが切れ上がってブラシみたいな
歯が見える。これはメス。すごく意地悪そう・・・。
カモいろいろ0000003

いつも沖に群れているスズガモ。
オス
カモいろいろ0000007
メス
CIMG13400000003.jpg
なんか悪企みしてそうな感じ。腹に何かを隠してそう。
妄想しすぎか。

それに較べるとヒドリガモは穏やかな顔。
オス
カモいろいろ0000004
メス
カモいろいろ0000005
つぶらな瞳がCute。
メスは明らかに微笑んでる。

いよいよ帰るんだね。北の国へ。
また来てね。

「東日本は汚染されているからもう来ないよ」

なんて言われたらショックですけどねえ。
何があっても僕は、ここにいるしかないし。
もうなるようにしかならないね。

現場で危険を顧みず、必死に頑張る作業員の方たちに感謝・・・。
成功を祈ります。



スポンサーサイト

松ぼっくりの中にご馳走

松ぼっくりは松のタネと教えられて
きました。

しかしよく考えるとデカイわりには
中身はスカスカで、これが本当にタネ
なのかしらん?

最近になって本体はあの硬いかさの
内側にあることをしりました。

CIMG13540000000.jpg

マヒワが盛んに松ぼっくりに顔を突っ込み
何かを引っ張り出すので、これがそうか、と。

まつぼっくりの中にご馳走が

ちなみに「ぼっくり」の語源は「ふぐり」
これは要するに陰嚢です。

辞書をみると「松陰嚢」とい言葉が
ちゃんと載ってました。

昔のヒトは、

「松林を歩くとたくさん玉袋みたいなのが
 落ちているなあ」

とか思ってたんですかね。本物がたくさん
落ちてたらかなりシュールな光景ですけど。

海岸線を歩くと、いつもと全く同じ。
まるで何事もなかったかのようです。

遠くのミサゴ、変わらない海

遠くカルフォルニアにまで届いた津波、なのに。
穏やかな海を見ていると、全ては残酷なまでに
偶然の積み重なりなのだと思わされます。











GC-PX1 河原デビュー

ご無沙汰でした。

PIC_10350000000.jpg
モード 180UHR 動画から切り出し

GC-PX1でついにカワセミを撮ることが出来ました。
ヘンテコな操作性にもだいぶ慣れてきましたよ。

秒300コマの高速度撮影も。

GC-PX1 カワセミダイブ

これは潜水時間が長かったのでピントリング
回す時間がありました。

なんか5倍スローだとやっぱり物足りないね。
後処理で10倍スローにしてみました。

後は、白とび。これ何とかならないかしら。
露出補正させてほしい。(仕様で出来ない)

今日はこの子たちが一番気になりました。
もず0000012
求愛の仕草をずーっと。
でもメスは全然つれなくて。

ふられてばっかり

久しぶりに皆さんとお会いできてうれしかった・・・
平和な河原に感謝。

ぶれではない。心のわななきである。

PIC_09780000001.jpg

ハクチョウの求愛は2羽が顔を寄せ合い
ハートの形を作ったりして、なかなかロマンチック。

コクチョウのそれは、くんずほぐれつ、激しく
絡み合うダイナミックなもの。

組んず解れつ

めくるめく愛欲の世界…昼間なのに。

ところで、「くんずほぐれつ」は争う様子の
描写に使うらしいですね。

僕は勝手にアッチのほうだと思ってましたが。
にたような勘違いに「わななき」という言葉が。

1985年の話。

雑誌「CAPA」に巨匠・篠山紀信に聞く、
みたいな企画が載ってまして。

読者が先月号の巨匠の作品を見て
書いてきたハガキに

「篠山先生、あの写真はブレてませんか」

それに対する巨匠の答え。

「君はなんという心の狭い人間なんだ!」
巨匠はそう読者を叱るのです。

シャッターを切るとき、感動して心がわななく。
あの写真に写っているのはブレではない。
心のわななきが写っているのである。

そういう解説だったと思います。

中学生の僕は思わず笑ってしまったのですが
まだ憶えているということは、やはり
その言葉には力があったのだと思います。

仮に、ここで巨匠が

「あれは撮影表現のひとつで、わざとブレを
 出しているんですヨ」

なんつー話をしたら、全く頭に残らなかったでしょう。
しかし、ブレてるのがカッコイイ写真を撮るのは
超絶解像より難しいですよね…。
dGFqeXV1M9fv_enlargement.jpg
うーむ。わななかない。
これはどうだ。
UEExMzMxNTXEcg_enlargement.jpg
すこしわななく感じ。そうでもないか。

で、わななきですが漢字だと「戦慄き」で
恐怖や緊張をともなう感情だそうです。

シャッター切るときの震えるような感動を
表すにはちと方向違いか?伝わるけどね。

GC-PX1 動画の話

GC-PX1の動画画質はすごい、てな話をしたいんですが
うまいこと伝わらないでしょうねえ。

自宅のテレビで視聴すると「おお」とか思わず
声が出ますけど、持ってない人はサッパリ
分からない。

3Dと一緒だよね。共有できない。
やっぱりネット上で、おんなじもの見て
あーだこーだ言うのが楽しいんでさ。

youtubeにアップして皆で見るのは
楽しいけど画質評価は出来ない。

最大35Mbpsのビットレートが
2Mbpsくらいまで圧縮されてしまうのです。

でも、そういう動画にも
「さすがxxですね。すごい画質ですね」

なんてレスがついてたりします。
それは違うでしょ…。

出来るといえば動画を静止画に切り出すくらい。
PIC_09760000000-1.jpg
TSN-884+TSN-VA2B+GC-PX1
これは等倍で
jcv-up.jpg

よく写るよね~。
豆粒みたいな撮像素子なのに。

ちなみにGH2に100-300ズームつけて撮ると
こんな感じになります。
pana-bee.jpg
しかし、このクオリティの画像を一眼で得ようとしたら
どれくらいお金掛かるんだろうね。

実売5万のレンズと7万のボディでこれだもの。
GH2は本当に偉大。軽いしAF速いし。

GC-PX1はヒストグラム出せないし、日中は液晶が
見づらくて露出が良くわかんない。操作性もよくない。

画像が素晴らしいのはいいけど。
撮影があんまり楽しくないのは良くないよね。

ハイスピード動画も撮れるのはいいけど…。
PIC_05230000000.jpg

GC-PX1ハイスピード動画

片脚でもがんばるシギ

EX-F1の300fps動画よりサイズが大きい分だけ
見栄えはするけど。でも結局の所5倍スローでしかない。

EX-F1の600fpsを知っている自分としては
物足りないです、やっぱり。

ざっと使ってみましたけど、やはり中途半端だなあ
という印象は否めません。

ハイブリッドカメラ、と名乗ってはいるけど
静止画モードは要らないと思います。
いちいち切り替えないといけないし。

動画モードでも3200x1800で秒60コマきれる。
もうそれで充分でしょ。

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR