Twixtor 最初の壁

000430000001.jpg
GH2で動き回るカモを撮影する。
何の不満もないはず…なのにね。

TWIXTORを導入しました。
通常の動画から超スロー映像を合成するプラグインです。

自分の目的はGH2で撮ったカワセミの映像をスローで見ること。
すでにハイスピードカメラEX-F1を持っているのですが
解像度が低い。できればHDクオリティで楽しみたいのです。

top_20110214162918.jpg
GH2の動画から切り出したカワセミ。

これが超スローで動けば言うことなし…。

撮影にあたっては、とにかく撮影コマ数が多いほうが
良かろうということで、1280x720 60コマ/秒で撮影。

しかし動画を再生してみると…
1_20110214162917.jpg
2_20110214162917.jpg
000010000021.jpg
1/60秒ずつコマ送りしてもこれだけ変化している。
TWIXTORは、この中間のコマを自動生成するのですが
こんなに変化してても大丈夫!?

サンプル まずやってみた

ま、そんなうまい話があるわけもなく…。
妙なものができて来ましたよ。

要するにサンプル数が少なすぎるんでしょう。
さらに言うと野鳥の翼の形態変化が大きすぎることも一因。

これだけ高速で形が変わるものってあんまりないでしょ。
横向きでモトクロスとか撮るとハマル気がしますね。

さて、サンプル数を増やすとなるとEX-F1の出番です。
300コマ/秒の動画を3倍にひきのばしてみました。

900fpsのカワセミ飛び出し

これは、見事に決まった感じ。これだけコマ数が多いと
きれいに補完されて滑らかなスローができるわけですな。

最初のもくろみは、GH2最強化計画の一環だったのにな。
でも、もうすぐGC-PX1がでますからね。そこでも活躍
してくれるでしょ。きっと。

新たな散財の予感

P1310995.jpg
深夜も活動中の白鳥。
こんなに明るければ夜更しも仕方ないか。

デジスコファン待望のコンデジ
XZ-1の発売日が近づいてきました。

しかし、ここで新しい散財のネタが(汗)

今度はカメラじゃなくてソフト。
After Effectsというやつ。

とにかくこれを見ていただきたい。

Rickard Bengtssonさん製作の動画

これ、Kissデジタルで撮ってるんだそうです。
エントリークラスの一眼でもここまで出来る!
感動です。

画像処理にはTwixtorというPlug-inを使用。
各コマを補完する画像を生成して、擬似的に
ハイスピード映像を作るらしいです。

After EffectsのPlug-in「Twixtor」

強調しておきたいのは、CG技術を使ってはいるけど
ニセモノではない、ということ。

靴を濡らしたり、泥だらけにしたり
そういう努力はやっぱり必要なわけで・・・。

さて、これでカワセミダイブを撮ったら
どうなりますかね。すごく楽しみ。

After Effectsを買ってさらにTwixtorを
購入する必要があるわけですな。

価格を調べると・・・うーむ、中級クラスの
一眼ボディが買えますね(汗)これは厳しい。

どうしたものか。XZ-1キャンセルするかなあ。



プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR