空気を読んでくれるAIを切望する

DSC00209.jpg
病院勤めをしてますと、窓口で毎度のやり取りに遭遇します。

「何時間待たせるんだ!」
「僕、呼ばれましたかね?」
「あとどれくらいかかりそうですか」

外来あるあるですな。それに対する事務員の返事。

「お名前は?」「何時ごろ受付されましたか」
「まだお呼びしてません」
「どれくらい待つかはお答えしかねます」

どの返事も失格です。誰もそんな返事は期待してない。
まず最初に言うべきは

「お待たせしてしまって本当にごめんなさい。」です。

相手の口調、表情を見ることなく、いきなり結論から入る人が多いんですよ。
それじゃないだろ、今言うべきは。
DSC01431_201710131407209ca.jpg
本人に悪気がなくても、顧客を怒らせてしまう人というのは一定の数で存在します。
対人トラブルが多いので、本人も悩んでたりする。

こういうのを避けるためにAIを活用したい。

具体的には、相手の皮膚温、声の抑揚、会話の内容などを
リアルタイムでAIが判断して最適な返答をアドバイスしてくれるってのはどうだ。

メガネにカメラを仕込んでおいて、AIからのアドバイスがレンズの下方に
表示されるの。良さそうでしょう?

空気を読むAIですよ。ぜひグーグルにやってほしい。
google KY。KYはまずいか…じゃあgoogle忖度ってのは?余計ダメか。

でも忖度ってのは相手の気持ちを慮ることで、かなりの高度なスキルなんです。
別に悪い意味じゃないはず。妙な使われ方をしたせいで、ソンタクが気の毒です。
DSC01444.jpg
No1のセールスマンとか、やたらとモテる男というのはみんな忖度のプロなんでしょう。
相手の欲しい答えを素早くつかんで、当意即妙に話を繋げていく。

こういう人はプレゼントもうまい。クリスマスにはソンタクロースとなって、
スキルを炸裂させます。

うちの妻もソンタク下手なんだよなあ。
付き合い始めのころサボテンを4株、誕生日プレゼントにもらって当惑してこともあったっけ。

今はお互いに指定してもらう欲しいものを指定してます。

でも、サンタへの手紙に「Amazonのプリペイドカードをお願いします」なんて書いてあると
ゲッソリするんだよね…。
DSC01437.jpg
何とかタイムラプスに話をつなげようと思って書いてきたけどダメだった(汗)

とりあえず撮ってみたので。紹介させてもらって今回はおしまい。



撮影はすべてRX100M5

暴風マシーン

DSC_9159.jpg
長らく洗車はガソリンスタンドに任せてきました。あれって凄い重労働だよね。
手洗い2000円の店とかあるけど、割に合わないと思うなあ。

クルマ洗うだけじゃなくて、ホイールも磨いて、タイヤの艶出し、車内の清掃まで。
ホント、大変だよ。

でも最近は自分でやってます。いい運動になるし、何より出来上がりを待つ間
じっと待ってるのが辛くてねえ…。
DSC06089.jpg
しかし、夏場の作業はツライ。特に、ラジエーターのグリルとか複雑な形状の
部分の拭き上げは滅入る。そこで、コレを導入。マキタの充電式ブロワ。

スイッチを押すと風がびゅうびゅうと出る。これで水分を吹き飛ばしてみよう、と。
特徴としては最大風速54m/s

風速50m/sですよ?走ってるトラックが横転したり、電柱が倒れるくらいのレベル(汗)
ホントかなあ?
DSC06076.jpg
業務用のブロワはたいていエンジン式ですけど、これは充電式。
電池は二個仕様。最大出力だと9分しか持たない。

手持ちが出来て、静音タイプということで、購入に至りました。
早速、使ってみました。



でまあ、結論からいうと、爆音です(汗)ものすごくウルサイ。
朝夕、静かな住宅地での使用は厳しい。

静音タイプとのことですが、あくまでエンジンタイプと較べてという話。
絶叫してます。工事現場とかなら「静音」かもしれないけど。

それと風力ハンパないです。自分に吹きかけてみたら息が出来なかった。
机に向けてスイッチを入れると、載っているもの全て吹き飛んでいく、愉快痛快。
DSC06643.jpg
本来は、こういうお屋敷の奉公人が、枯れ葉を吹き飛ばしたりするために
つかうんだろうねえ。

しかし、こんなにうるさくては、気難しいシャルロッテ大伯母様のご機嫌が…。

誰だよ、それは。ホテルの前で、つい、妄想にふけってしまった。
いや、きれいな建物ですねえ。、ま、それはともかく。

非常に便利なんですけど、郊外のコイン洗車場でのみ使うことになりそうです。
何しろダイソンのやかましい掃除機が5台くらい並んでるみたいな音なんだもの。


かわはぎ皮剥ぎ

DSC_9616_2017031522223721a.jpgお酒はからきし駄目なんですが、酒のつまみは好きです。そういうヒトは結構多いんじゃないですかね。特に、焼カワハギとかカワハギロールという名前で売っている珍味。アレが大好物です。深夜、家族が寝静まったころ、一人キッチンでカワハギを食べるとしみじみ幸せを感じます。P3150997.jpgところで、カワハギ=皮剥ぎ、でありましてなかなか物騒な名前です。魚皮が剥きやすいからこの名前が付いているようですが、実際にカワハギをさばいているところを見た限りはめりめりばきばきと結構大変そうでした。それにしてもカワハギに生まれなくてよかった。皮を剥がされるのはかなわないなあ。DSC_9570.jpg人間の皮剥ぎは最も過酷な拷問の一つ。作家たちの心をやたらと惹きつけるものらしく映画や小説でも時折登場します。村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」では、「皮剥ぎボリス」の異名を持つロシア人将校が出てきましたし、ジョージ・R・R・マーティンにはそのものずばりの「皮剥ぎ人」という中編があります。映画「イングロリアス・バスターズ」に登場する米国特殊部隊の兵士は、1人当たり100人分のナチス兵士の頭の皮を剥いで持ってくるように命じられていました。最近だと、悲願のオスカーをディカプリオにもたらした映画「レヴェナント: 蘇えりし者」にもインディアンが頭皮を剥ぐシーンが出てきましたよね。DSC01245.jpgインディアンにとっては毛髪は霊力の源と考えられており、非常に大切にする…そうWikiに書いてあったのですが、敵の頭皮を剥ぐのはそこからきてるんでしょうか?霊力の源を奪われるというのは、この上ない屈辱を相手に与えるわけで…でも、それだけじゃなく手技が簡単というのがあると思うんだよ。髪の毛を取っ手にして、ひっぱると剥きやすそうじゃん?ものすごく同意しにくいね、この話は。でもそんな気がするのよ。そういう意味ではハゲの頭皮剥ぎは、ものすごく難しそう。持つところがないし、ツルツル滑って、やりにくいことこの上ない。何の心配をしてるんだ俺は(汗)ちなみに脳外科の手術でリアル頭皮剥ぎをさんざん見てきましたが、ペロリと簡単に剥けてました。そういうもののようです。DSC01296.jpg今回はカワハギのことから頭皮剥ぎに話が流れていきました。またしても役に立たない豆知識をネットからたくさん得てしまいましたねえ。年をとると脳内実装メモリがどんどん減っていくのにこんなことを詰め込んでる場合じゃない。なんか大事なことが代わりに抜けていくような気がする(汗)ネットを見てて一番たまげたのは、「頭皮剥ぎ」で検索したら「頭皮剥ぎの通販は楽天で」って広告が出てきたことだね。品揃えが幅広すぎるだろ楽天。

でぶ

今年もアクアラインマラソンが行われます。海の上を走ることが出来るのが最大の魅力。クリックでコース拡大。
coursemap.jpg
コース後半にそびえる坂が、ランナーを痛めつけます。コース設定をした人はかなりのSですねと参加者の一人が言ってました。参加費はフルマラソンで12500円と高額です。なのに僕の周囲では軒並み抽選に落ちてます。大変な人気ですね。計算してみると参加費収入は約2億円。高いんだか安いんだかよくわからないけど、毎年運営は赤字と聞きます。2億円というのはアクアラインを25万台の車が橋を走行したのと同じこと。1日の通行量は休日でも4万ちょっと。約1週間分の通行料金収入にあたるわけですね。高速道路の貸し切り料っていくらなんだろうね?
P1050884_20161023101637c64.jpg
マラソンをしている人にきくと、みんな「つらい」とか「苦しい」といいます。楽しくてたまらないというひとにはあまり会わない。でも走ってるとハイになるんでしょ?と水を向けても「いや、辛くなる一方なんだよね~」 それでもなんだかんだと、年に数回は参加してる。食事もすごく気をつけていて、レースの直前には、炭水化物をたくさんとらなきゃいけない。カーボローディングというらしいです。
皆さん大抵やせていて肌にはつやがありません。かさかさしてます。収容所映画のエキストラに応募すれば、すぐに採用されるでしょう。体を鍛えているのにも関わらず、しょっちゅう風邪をひいています。不思議なことです。
DSC09049.jpg
つらいといいながら、一向にやめる気配がないのは、やっぱり楽しいからなんでしょうね。お腹がへこんで、若い頃買ったジーンズがまたはけるようになったとか、美味しいものをたくさん食べても罪悪感がない、とか。体が軽くなって、階段を上がっても息切れしないとか。デブには耳の痛い話です。髪の毛や貯金は減る一方なのに、ウエストのサイズだけは右肩上がりで減る気配もありません。着る服はどんどん限られ次々に買い換えないといけません。靴の紐を結ぶのは一苦労。階段を上がるだけで心臓が破裂しそうに踊り、息切れが止まりません。デブになるということは、死神の声を遠くに聞くようなものだと思います。そして、その声は徐々に近く強くなってくるのです。
L1010965.jpg
若い頃は自分がハゲたり、デブになるなんて考えもしませんでした。電車の中でほろ酔いの太った薄毛のサラリーマンを見ると嫌悪感すら感じました。ああいう風にはなりたくなあ、と。
今、まさに自分がそうなっているわけで、やはり人を呪えば穴二つ。それは使い方が違うか。まあハゲは不可抗力だけど、腹は自堕落な生活の結果なわけで言い訳できません。自分と同じ背格好のオヤジをみると、ああしみじみキタネエなあと思います。俺もお前もなんとかしろよ、その腹・・・。
DSC02356CP1_2016102310042230f.jpg
マラソンが趣味の人は、とにかく「ツラい」しか言いません。それが何となく腑に落ちないのです。辛いなら続かないと思うんですよね。何となく、「禁欲的に頑張るオレ」に酔っている気がして素直に感心できない。走るとイキそうになるとか、仕事をしていても、そのことばかり考えてしまうとか言ってくれれば納得できるんですけど。まあ、デブも走れば「逝きそう」にはなるね。息切れやばい。


毎度ばかばかしい・・・

今日は実にくだらない話。まじめな人は読まないほうがいいと思う。記事を書いてて自分でも死にたくなってきたくらいだ。

インターネットというのは誠に便利なもので調べれば大抵のことはわかる。弁当に入っている緑色のギザギザは何だろうと長年思っていたが、誰に聞いてもわからなかった。ところがgoogleで調べれば「バラン」という名称がすぐに得られる。しかも無料で。

L1010074.jpg

長年ひっかかると言えば、海老原少尉のこと。別に知り合いではない。ロシア語でエビはいやらしい意味になる。そしてハラショーは良く知られているとおり「素晴らしい」とか「素敵」という言葉だ。かの国を訪れた海老原少尉のことを随員が呼ぶたびにロシア軍人が大ウケしたという。実によくできた話で、実際にネットでいくらでも似た話が見つかる。

しかしこの話は本当なのだろうか。実際に確かめてみたいのだが、知り合いにロシア人はいない。調べてみると「海老」は「еби」であり、発音はイェビが近いようだ。同じようなネタで、「磯野カツオ」はイタリア人が聞くとびっくりするような意味になるとも聞く。これも実際に確かめてみたい。google翻訳にまずはお願いしてみることにした。原文をちゃんと読み上げてくれるところが素敵だ。



いや実に素晴らしい。長年のどの奥に引っかかっていた小骨が取れたような気分だ。そういうことだったのか。ロシア人ボクサーのユーリ・アルバチャコフが、「ユーリ海老原」のリングネームを嫌がったのは無理もなかったわけだ。

L1010056.jpg

一方、日本語での響きがやばい例もある。80年代に活躍したGPライダー、フランコ・ウンチーニが特に記憶に残っている。彼の場合は現役時代、イケメンかつ冷静なキャラクターであったため尚更印象深い。もっとマズイのはフランク・マンコビッチだろう。姓をうっかり区切って読むとさらにパワーアップする。よく考えると「フランク」もまずくねえかと思ってしまう。日本での登録名は「マニー」大毎オリオンズの選手である。



うーむ、完全にわかった上で発音してるだろgoogle!!


プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR