FC2ブログ

モーガンを買おうと思う

2020launchgal_0003.jpg
以前から気になっていたモーガン。
いよいよ買う気になってきました。

セブンと同じ英国車でありますが、
内容は大きく異なります。
2020launchgal_0008.jpg
何でも丸出しのセブンと較べて

・ドアがある(笑)
・エアコンのオプションがある
・幌と窓をつけると、それなりにキャビンの気密性が保たれる

モーガンの魅力を熱く語る動画。2:00くらいから



なかなか良さそうでしょう?
これで好奇の視線も気にせずに済む…かも。

モーガンの車体は完全ハンドメイドで
1930年代からほぼ変化がないことが知られています。

しかし2000年に64年ぶりの新車(!)を発表。
アルミシャシに、木製のフレーム。エンジンはBMWという大変革。
7038941639.jpg
茶色い部分が木製の部分。

パッと見、現代のクルマらしい感じですけど
工場では相変わらずの手作業でのんびり製造してます。
タイトルなし
大変革の是非はともかくねじり剛性は100%アップ、
車重は1トン切りの軽量を維持というのは間違いなく良いことです。

まだ日本では発売されてませんが、
PLUS4というグレードに狙いを定めました。
2020launchgal_0005.jpg
本国のサイトでは、非常によくできた
カーコンフィギュレーターが公開されています。

毎晩「俺モーガン」を作っては独り悦に入って
おりますが、驚いたのはその項目の多彩さ。

レベルとしてはフェラーリやベントレーなどの超高級車と同等に感じます。

細かく見ていきます。
まずは外装色。
color.jpg
ソリッドカラーが9色。メタリックが10色。

自分で調色してオーダーすることも可能です。
カスタムオーダーのメタリック塗装でも現地価格で23万円くらい。

フェラーリだと150万くらいする(笑)

ツートーン塗装も標準のメニューに入ってる。事実上何でもできそう。
twotone.jpg
ホイールはクラシカルなワイヤホイールを選択。
カッコいいっす…。
wheel.jpg
リアにスペアを載せると、1本分割り増しに
なります。それでも5本分で23万円くらい。

独伊のスーパーカーについてるヤツと
較べれば、かなり割安に感じます。

ブレーキキャリパーの色を変えるといった
定番のカスタマイズも勿論あります。

インテリアはさらに凝っています。
座面のデザインは3種類から。
stitch.jpg
ステッチの色は18色から選べる。
偏執狂的なこだわりです。

シートのパイピングの色はどれにするか考えるだけで悩ましい。

シートバックをボディ同色にするのか革張りにするのか。
センタートンネルのサイドを革にするか、カーペットで覆うのか。

マジにめまいがするくらい設定項目が多いです。
しかし、こだわるヒトにとっては夢のような環境。

僕がレクサスに惹かれないのは、まさにこういう所。
選べる部分がほとんどないんだよね。

好きなようにカスタマイズさせてくれるプログラムが
あれば、1年くらい待つと思うよ。熱心なファンは。
cockpit.jpg
オプションが多いと言っても、パワーウインドウとか
クルーズコントロールは無い(笑)あくまでシンプルなスポーツカーです。

いいなあと思うのは、オプションをたくさんつけても
速さは全く変わらないこと。純粋に遊びの部分なんです。

オプションなしでもクルマの性能は一緒。(ポルシェはオプションでかなり変わってくる)

やりたい人はどうぞ、というわけですね。
front.jpg
納車は通常の状態で、1年待ち。

英国はロックダウンの真っ最中ですし、
国内価格も決まってません。手元に来るのはずっと先になりそう。

でも多分買うと思う。
とりあえず受付が始まり次第、オーダーをいれるつもりです。

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

月別アーカイブ

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR