FC2ブログ

これぞ最良のレンズサポート Manfrotto 293

IMG_20190113_105710.jpg
さて、いよいよ本題。
三脚穴がひとつだけのコンデジをいかにガッチリ固定するか。

今までに、どれだけ固定具に無駄金を使ってきたかわかりませんが
これなら安心して使えるという商品にやっと出会えました。

望遠レンズサポート293
P1010028.jpg
とにかく良く出来ています。Manfrottoらしさを体現したような製品。
マジメな製品づくり、そして、どんくさいデザイン(爆)

製品カタログの画像を見たときはあまり期待できない感じでした。
uuid-1800px-inriverimage_368691.jpg
レンズサポートの部分は固定で、高さの調節が出来ない。
鏡筒は、ベルトで固定するタイプ。

いかにも駄目そう…特にベルトは鬼門なんです。
コンデジとベルトは相性が悪い。鏡筒が伸び縮みするたびにひっかかる。

その都度、「レンズエラー。電源を入れなおしてください。」

そうです。コンデジのレンズサポートは、伸び縮みするレンズとの戦いなんです。
P1010032_20190115210239013.jpg
Manfrotto 293の素晴らしいところは、高さ調節を根元で行うところ。
カメラ本体を上下に首振りさせて、前方のY字部分に押し付けるわけ。

これならベルトは要らない。付属のベルトは購入当日に捨てました。
P1010029_20190115210236bd2.jpg
1/4インチと3/8インチの三脚穴が沢山開けてある。流石だねえ。
良くわかってるなあ。

大型のカメラ筐体を、たった一つの三脚穴で止めるという
不安定さは、クイックシューをつけることで解決。
P1010044_20190115210242368.jpg
すごく軽くて、どっちかというとチープな感じのシューなんですけど
固定性は大変高いんです。本当に素晴らしい。

取り外しもスムーズ。正直、クイックシューをつけるだけで
こんなに安定するものかと驚きました。
IMG_20190113_093225_20190116125426952.jpg
レンズのサポート部分は伸縮式。一番短くすると
レンズフード下を支える感じになる。

移動中はこのスタイルになりますかねえ。
あるいは、根元をはねあげて移動するか。
IMG_20190114_094623.jpg
こんな具合にね。

オートパワーオフを「30分」に設定しても、バッテリはすぐ無くなったりは
しません。結構持つ印象があります。でもいつの間にかレンズは引きこもっている。

なんで、鏡筒を伸ばしっぱなしにする設定がないんだろうね。
このカメラに限らずRX10も隙さえあれば引きこもろうとするわけよ。ニートか!



4Kです。さすがに強風下では、画面がゼリーのように
ブヨブヨ揺れるのは避けられない。

でも、この条件だと、一眼でも揺れるし、デジスコだと撮影自体が不可能。
かなり健闘してると思います。

ともかくマンフロット293は軽いのがいいです。
これなら、ザハトラーなんか要らない。小型ビデオ雲台で十分イケる。

P1000のブレで悩んでいる方や、購入を検討している方は
 一度試してみることをお薦めします。責任は一切持ちませんが(爆)

P1000でオオタカ

DSCN3330.jpg
Nikon P1000 ISO200 F8 1/400秒 -0.7EV 

2回クリックで等倍になります。

まてどくらせど鳥が来ないと思ったら、コイツがフィールドを
睥睨してたのです。そりゃあ来ないわけだよ。

オオタカを見ると、野鳥は一目散に逃走。
しばらくの間、ひっそりとします。

良く見ると、口元が血で汚れている。食休みのようです。
DSC09242.jpg
α9 SEL400 F2.8GM 

ちょっと伸びをするオオタカ。
400mmだと、2400x1600にトリミングしてもこの大きさ。

やはり観察にはP1000が一番ですね。
DSC09257.jpg
DSC09258.jpg
飛び出しの映像。この後は、後ろの樹木にAFが後抜け。
結構ていねいに追ってAFも微調整したんだけどなあ。

400F2.8は早急にアルゴリズムの改善をお願いしたい。
プロのレビューでも、AF追従についてどのモードが一番か、わからないと書いてた。

4K動画も撮ってみました。



うーむ、動きがないぞ(笑)やっぱり食休みなんだね。
しかし、きれいに写るもんだ。

α9とヨンニッパも近ければ…。
DSC06919.jpg
 α9 SEL400F28GM ISO320 F3.2 1/400秒 +0.3EV

凄まじい解像感。動きモノにも対応するし、ゼイタクは言えないか。
押さえでP1000を持てば最強です。

でも、いつかは10㎜から3000㎜で如意棒みたいに伸び縮みするレンズと
画質サイコー、AFサイコーのカメラが出て欲しいですねえ。

ニコンP1000 パワーバンド狭すぎィ!

DSCN2977.jpg
 P1000 ISO200 F7.1 1/20秒 -0.3EV 2200㎜ クリックで等倍

先日撮った画像が全てあらかた消失し、メンタル仮死になっていた管理人です。
しばらく寝込み、やっと水面に浮上してきました。よーそろー。

いつもα9とP1000両方持って出かけるわけですが、
稼働率はP1000が圧倒的に高い。使ってて面白いんだよね。
DSCN2909.jpg
 P1000 ISO200 F8 1/40秒 3000㎜ クリックで等倍

3000㎜だとずーっとぶわぶわブレてる。
それが1800㎜くらいまでひくと急に安定します。鏡筒の構造なんだろうね。

スリーブが伸び切ってしまうより、少し畳まれてたほうがイイ。
画質的には大差ないしハンドリングは圧倒的に1800㎜くらいが使いやすい。
DSCN3136.jpg
 P1000 ISO200 F8 1/200秒 3000㎜ クリックで等倍

海鳥はディテールが出にくい。ヒヨドリのように
毛羽立ってイガイガしてくれないとね…。

今回の動画は4Kそのままでアップしてみました。



youtubeだと伝わらないけど、
マジ画質すごいっす。完全に実用になる。
DSCN2991.jpg
ISO200 F5.6 1/2500秒 -0.3EV 広角端 クリックで等倍 

そして広角端の画質。サイテーです(涙)
パワーバンドが2万回転からみたいな。極端すぎる。

街中ではノッキングしまくりで、まともに走れないけど
超高速域で、アタマが溶けるような加速が…。

どこで飛ばせばいいんだろうねえ。それが問題よ。

ウルトラ超望遠で首都の夜をタイムラプス

DSCN2802.jpg
 P1000 ISO400 F2.8 1秒 広角端 クリックで拡大

超・長距離砲のニコンP1000は意外にも多彩なメニューを
併せ持つ、「便利な」カメラでもあります。

タイムラプスと、ハイパーラプスを、お気楽に楽しめてしまうのは
なかなか素晴らしいことです。

果たして超望遠とタイムラプスって相性はどうなんでしょうね。
DSCN2763.jpg
都心の展望台で撮影開始。
ここは、三脚は禁止ではないんですが、とにかくすごい人混みです。

がっちりした足回りで臨みたいところですが、人混みでの
三脚は迷惑ですし、雰囲気を壊したくない。ミニで我慢。
DSCN2838.jpg
東京タワー。どこまで近寄れるだろう。
DSCN2841.jpg
1000㎜も行かないのにブレが止まらない。こりゃあ駄目だあ…。

3000㎜砲は最初から最後まで揺れてます(笑)
レリーズで必死に連写するんですが、ほぼ壊滅。

なるべく、ヒトのいない端っこで、ひっそりタイムラプスを実行…。



つくづくカワッテルなあと思うのは、ズームすればするほど画質が向上すること。
普通逆じゃん?

反対に広角端はさえない。時にぎょっとするようなヒドイ絵が出ます。
ただ、そうじゃない時もあるんだよね。扉の写真はマトモでしょう?

何かコツがあるのかもしれないね。

ハトから出る不思議な粉

DSC06392.jpg
 α9 SEL400F28GM 

ここのところ、出張や仕事でご無沙汰していた
フィールドに出撃。やっと平常運転です。

しかし、久々に撮影するとこれがまあ失敗ばかり
やはり、いつでもこの河原は手ごわいです。
DSC06523.jpg
眼が消された。終わった…。

飛び出しから追っていたのに、撮影が始まったのがこのカットから。
あれれ?と思ったらα9が省電力モードに入ってました。

100400はそうでもないんですけど、400F2.8は立ち上がるまでが遅い。
省電力モードへの移行は、長めの設定にしておいた方が無難です。
DSC06182.jpg
それにしても、イージーなダイブを次から次へとミス。
ヘタクソめ!設定もいまだに固まらないし…。
DSC06005.jpg
止まり物の時は、EVF最強!

一気にISO400に落として、ヒストグラムみながら補正して、
万全期すなら拡大MFして…一連の操作があっという間にすんでしまう。

同じこと一眼でやるのは大変。試し撮りしないと正確な露出が分からないものね。
DSC06150.jpg
さて、今回は撮影場所の裏に自生している柿を
食べに来る野鳥を同時に狙っていました。

あまり長居をしてくれないので、P1000のセッティングが
間に合わないこともしばしば。とりあえず、動画を回しちゃう。
DSCN2740.jpg
クリックで拡大。4K動画から3;2に切り出し。
十分な画質を保持してます。豆粒センサーとは思えないよね!

ところで、超拡大でキジバトの羽繕いをみていると
白い吐息のようなものが立ち上るのが見えます。

うひゃあ、鳥の吐く息が見えるなんて素晴らしい、
隣にいた師匠に見てみてコレ!

「うーん、わかんねえなあ」

そう言われて、それじゃあ編集した動画を見て貰おうと
思ったのですが…。



吐息じゃなかった。皆さんすんません。ハトなどの特定の鳥に見られる
紛綿羽と言われる、粉状の物質です。

触ると、すべすべとしているそうです。撥水、防虫などに寄与する。
英語だと、powder down。

ちなみに紛綿羽をそのまま英語翻訳にかけると「Potato starch」が出てきた。
これって片栗粉のことです。なるほど、そういう触り心地なのね。
DSC06319.jpg
動画の字幕が英語なのは、別に気取ってるわけじゃないんです。
youtubeチャンネル登録を頂いてる方が、英語圏のヒトがやたら多いんですよ。

ま、一応彼らに配慮してみましたという。

あっちのひとってネイチャー好きが多いのかなあ…鳥だけじゃなく、エアガンとか
スーパーカーの爆音とか、脈絡ないものいっぱい載せてるのに。

英語はGoogle先生に頼りっきりなので、質問とかされても困っちゃう。
なので、全スルーです。すみませんねえ。日本語で謝ってもしょうがないけど(爆)

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR