今度は3000㎜かい! COOLPIX P1000  

02_o.jpg
以前より噂になっていた超高倍率ズーム機がいよいよ発表されました。
Nikon COOLPIX P1000であります。

先代機のP900は望遠端2000㎜で、世の好事家を大いに喜ばせた
わけですが、今回は3000㎜。いやあ素晴らしいじゃないですか。

センサーは1/2.3型とごく小さく、画質も全く期待できないわけですが
そんなことはどうでもいいの。

車で言えば、18輪トラックみたいなもんでしょ。
完全に規格外なわけで。わくわくです。
04_l.jpg
P900は近くで撮ると、なかなか素晴らしい画像を見せてくれました。
決してイロモノじゃなかったですよ。P900の記事はこちらで。

P900の欠点は、とにかく動作がノロかったこと。今度は頼むよ…。

まじめな話、4K動画が撮れるのはデカい。
野鳥の記録には偉大な性能を発揮するでしょう。

3000㎜というのはどういう世界かちょっと想像してみます。
DSC06461.jpg
先日出かけたフィールドでは、モリアオガエルが繁殖期を
迎えて、盛んに泡で包まれた卵を産み付けてました。

てっきり、水際に産卵するんだと思ってたんですけど、
かなり木の高いところも卵塊があるのでびっくりしましたね。
DSC06830.jpg
木の幹に突起物みたいなのが見えると思うんですけど
これがモリアオガエル。

この時はRX10M4で撮ってましたので、望遠端600㎜。
それを5倍に拡大すると3000㎜相当となるわけですな。
DSC06798.jpg
3000㎜相当の画角がこれ。
うーむ(汗)いろいろすごいぞ3000㎜。

クロツグミも登場。これはα9で撮った。
DSC06782.jpg
α9 SEL100400GM SEL14TC ISO800 F8 1/60秒 クリックで拡大

画質がさえないね。
この場所はかなり暗くて撮影が難しい。

1.4倍テレコンをつけていたので、F値は8。
P1000と同じ条件です。SSも出ない。

フルサイズのISO800でこれですから。
P1000はISO100が主戦場。ブレとの戦いは相当キビシイと思うなあ。

キビタキを狙うヤマカガシ。わかりにくいんですが左側で
鎌首をもたげてるのがそれ。見ててドキドキしました。

もちろん鳥の方が2枚も3枚も上手で、ギリギリでさっと飛び立つ。
DSC07167.jpg
RX10M4 ISO400 F4 1/40秒 クリックで拡大

しかし画質がさえないね。時々、木漏れ日も当たる
イイ感じの雰囲気ですが、写らない。距離かもしれませんね。

その後、出かけた奥庭での撮影。
やはり近いとよく写る!
DSC07621_20180710192845aba.jpg
RX10M4 ISO400 F4 1/250秒 クリックで拡大

結局、距離が一番の問題なんです。
20mまでじゃないでしょうかね。それ以上はコンデジだと厳しいっす。
DSC07763_20180710192847189.jpg
RX10M4 ISO800 F4 1/320秒 クリックで拡大

あとはブレ…3000㎜ともなると、頑丈な三脚と雲台が必要になると思います。
P900の時も、手持ちではマトモな画像は得られませんでした。

小型の三脚で撮るなら、せめてリモコンがあったほうがいいです。
手でシャッターを押すとほんとダメなんです。
DSC08238.jpg
奥庭の帰り道と言えば心臓破りの坂道。今回もつらかった…。
歩幅もズームしてくれるカメラはないものか。

にしても楽しみですね。いつ発売になるのかなあ。



プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR