絶対うまくいかない夕焼けタイムラプス

DSC02536.jpg
最近、飼っていたカブトムシ♂がついに絶命しまして、ちょっと切ない管理人です。
もう11月も中旬ですから、よく頑張ったなあ。

さなぎって動かないもんだと思ってたので、飼育箱をつつくと、何ともエロティックに
身をくねらせる。♂だけど。子供の頃、飼ったことあるはずなのに全部忘れてました。

さなぎから成虫へなったあと、数日は全く動かなくて死んだのか?とか。
しばらくは何も食べないんだよね。そんなことも忘れてた。
DSC02334_201711111622527a0.jpg
飼育中、前脚が口を塞ぐように折れて、戻らなくなったこともあった。
餌が食べられず、弱っていたので。慌てて薄い添え木を当てたり。

飼育箱から2回も脱走したこともあった。自分の布団の上でゴソゴソしているのを
見つけたときはビビったなあ。1階から2階へどうやって移動したのか。

秋になる頃には、死んでしまうとわかってたんですけど、
だんだん弱っていくのが切なくてねえ。
DSC02761.jpg
たかがカブトムシで、これだけくよくよするわけですから、僕はとても犬や猫は
飼えません。病気になったりしたら、動転してしまいそうです。

昔っから、動物のいる生活は憧れますけどね。親が許してくれなかったので
経験したことがない。

夕焼けを見ながら、ブツブツと色々考えました。
今日の動画は失敗集。もう何度もトライしてるのに、さっぱりなんですよ。



撮影はすべてRX100M5

RX100 カメラ内でのタイムラプス合成

20170930_121840.jpg
都心の高層ビルにて、タイムラプス撮影を行いました。
これは、ホント大変です。

短い動画を作成するのに、数十分かかるのは当たり前。日没を絡めると
2時間コース。またセッティングが面倒なんだよね。何度もテストを繰り返さないと。

長時間、窓を占有することになるわけで、一般客にはいい迷惑です。
心ゆくまでタイムラプス撮影に取り組むならやはり宿泊しかないでしょう。
20170930_181949_007.jpg
カメラなんですけど、あれだけ罵詈雑言を書き立てながら、結局RX100M5に
別売りのアプリをインストールすることになりました。

代替として買ったカメラの使い勝手が今一つなのと、やはり撮影中の
ズーム&パン効果の魅力に抗えませんでした。弱すぎる…。
20170930_181856_005.jpg
まずはアクセスポイントにカメラを接続。背面のリングとボタンでちまちま
パスワードを打ちます。

アプリを買うにはSony Entertainment Networkのアカウントが必要。
同時にクレジットカードの登録もしておきます。
20170930_182119.jpg
タイムラプス用のアプリと、「アングルシフト・アドオン」を購入。

ケータイのゲームに課金してしまったような後味の悪さ。
なんで最初からつけてくれないんだろう。

まずは撮ってみた。せっかくの「上から目線」なのでミニチュア風味も足してみました。



ううむ、悔しいがやっぱしイイ。これを機械的にやるのは本当に大変なのよ。
ズームとか絶対無理だもんなあ。

ズームやパンの方向や範囲を指定できたり、なかなか高機能なアプリですが
とにかく操作性が悪い。そもそも、カメラの小さなボタンやリングで編集なんて無理ですって。
20170930_181419_006.jpg
編集後の動画合成もカメラ内。これが恐ろしく遅い。時間と電池をバカ食いします。
やれやれです。

これを見て、よっしゃワシも…と思う方はよほどの好事家と思われますが
注意点がひとつ。撮影するときに記録方式を必ず静止画に指定してください。

そうでないと、パンやチルト、ズームなどの効果を加えられなくなってしまいます。
CIMG1015_20170930195231ea3.jpg
さんざん悪口ばかり書いといてなんですけど、NEX-5Rみたいな古いカメラでもちゃんと
対応してるのは好印象。中古を安く買って、遊ぶのもいいかもしれません。


火を噴く3600㎜砲 RX100M5で超望遠撮影

DSC03198.jpg
RX100M5での超望遠撮影。相変わらず、手を焼いております。
なかなかうまい組み合わせが見つからない。

KOWAが初めて「PROMINAR」の名を冠した傑作アイピースTE-11WZを
使いたい。これはマジに切れる。
41AErPGFccL.jpg
でもスイッチを入れると、アイピースとレンズが衝突しちゃうのです。
毎回レンズエラーが出る。RX100M5とは相性が悪い。
DSC02999.jpg
今のところ、ユニバーサルアダプターTSN-DA4を使うことで、レンズの衝突を
回避してます。電源入れて、レンズが縮むまで、蝶番を開いておく。

RX100M5は、広角端が一番レンズが伸びる。少しズームして、鏡筒が
引っ込んだら、ぱちんとはめて撮影開始。めんどくさいけど、これしか今のところ方法がない。
DSC02981.jpg
400㎜で、枝に止まってるトンボを撮るとこんな感じ。
トリミングしないと何が写ってるかわからない。

デジスコで2000㎜だとこんな感じ。
DSC09452.jpg
うーむ、やっぱりいいねえ。これで2000㎜ですか。
まだまだ行けます。

アイピースは25-60倍です。RX100M5は望遠端70㎜ですから4200㎜までイケル。
DSC09680.jpg
3600㎜相当。ノートリ。かなり遠く、大砲レンズでも小さくしか写らない鳥を
ぐいぐい引き寄せる。画質はいまいちでも、やっぱり楽しい。

この日は、とにかく翡翠の出が悪くて、常連のみなさんとひたすらトンボを撮って
時間を潰しました。



トンボに飽きたら、α9でハトの飛びもの練習。
DSC02908.jpg
クリックで拡大。野球でいうところの素振りみたいなもんですか。
こういうの大事。しかし、それもだんだん飽きてくる。

もういい加減イヤになったころ、翡翠登場。
DSC03017.jpg
DSC03070_20170926073715e4a.jpg
DSC03146w.jpg
すべてα9。クリックで拡大。デジスコで撮るはずだったのに、
反射的にα9に持ち替えてた。3600㎜じゃ撮れないものねえ。

途中で、ああコレじゃいかん、デジスコ修行に来たんだっけと
思った時には、もうカワセミはいなかった。

このままでは、納得いかない。夕刻にまた出撃。
至近のカワセミに遭遇。
DSC09764.jpg
クリックで5472 x 3648。レタッチなし。ISO400 F6.3 1/10秒。
Web用の圧縮のみ。

久々にイイのが撮れました。感涙であります。

やはりTE-11Zは切れる。使いにくいけどRX100M5と組み合わせると
ハイスピードと高画質・超望遠の両立が可能。これは稀有なコンビですね。


波に揉まれるアオバト

DSC09770.jpg
α9 SEL100400GM ISO2000 F5.6 1/2000秒 +1EV

以前から夏の時期に、集団で塩水を飲みにやってくるハトがいると聞いており
一度は行ってみたいなと思ってました。

行ってきた方に、場所を聞いたんですが、僕はひどい方向音痴で、地図がないと
安心できない。事前に、じっくり調べました。
名称未設定-1
場所は照ヶ崎海岸というところ。アオバトが海水を飲むという岩場が写っています。
駐車場もすぐそばだし、ここで間違いないようです。

近くに高速道路が走ってますし、アクセスはとても良いですね。
CIMG0592.jpg
いつものフィールドから1時間と言うことでしたが、念には念を入れて前泊(汗)
ホテルから20分くらいで到着。

駐車場はとても広いんですが、有料です。オフシーズンなのに…。
湘南という土地柄なんですかね。僕の田舎じゃ考えられないなあ。
CIMG0589.jpg
駐車場のそばにある陸橋。登っても、また降りなくちゃいけません。トラップです。
これを登らずに、奥にいくと、浜に出る階段があります。

デジスコとα9を担いで、大汗をかいてしまいました…。
CIMG0586.jpg
アオバトの集団飛来地という看板が立ってます。ここから撮影する方も多数。
長いレンズをもっているなら、ここからのほうが全体を眺められていいかも。

僕は初めてなんで、浜のほうに降りて撮影を開始しました。
CIMG0583.jpg
デジスコのセッティングに四苦八苦。昨日、じっくり合わせたはずなのに光軸ズレズレ。
毎回鏡筒の伸び方が違うのが原因です。

電池がすぐ無くなるので、外部バッテリ必須。アオバトがきたら、充電コードを外して
レリーズをセットする。めんどくさい…。
DSC09493_20170911200330414.jpg
とは言うものの、岩場までは結構な距離があります。400㎜ノートリでこれくらいです。
トリミング前提のスチルはともかく、動画は600㎜でも足りない。

TE-11WZとRX100M5による、2500㎜砲が炸裂!



うむむ、やはりええですなあ。デジスコ。

「超望遠とハイスピード」 このブログのテーマなんですけど、やっと
それらしい記事がアップできた。いやはやどれくらいぶりなんだ?

そろそろ看板を掛け替えるか…。
DSC09864_20170911201128830.jpg

蜂…じゃなくて蝶の一刺し

カワセミ池の入り口に蝶が乱舞していました。

しきりに、木にしがみついて、樹液を吸っております。
コムラサキやアカボシゴマダラ亜種などの蝶にまじってキイロスズメバチも!
DSC05426.jpg奴らも樹液を吸うのか…。

捕らえた獲物をかみ砕いて肉団子を作るというのは聞いたことがあります。
彼らはなんでも食べたり、飲んだりするのか?

調べてみると彼らが狩る昆虫やクモは幼虫に与える餌で
彼ら自身は肉食じゃないんだそうです。

成虫は、幼虫が分泌する液体や花の蜜や樹液が栄養分。
飲み残しの清涼飲料水を飲むことがあるとか。

なんかイメージと違いますよね。菜食主義者っぽい。

でも、性格は獰猛かつ執拗と書いてました(汗)
ベジタリアンの殺し屋。



蝶に逆襲されてますね!
これも調べてみたんですが、よくあるんだそうで。

「あーら、ごめんあそばせ。オホホホ。」

そんな声が聞こえてきそうです。
蝶もやるもんだなあ。大人しそうにみえるけどね。

ひらひらしてて、スズメバチも捉えどころがないのかね。
ジャイアンがしずかちゃんをいじめないのと一緒ですか…それとは違うか。

スズメバチは、ミツバチを狩りますが、うっかりミツバチの仲間に
見つかると、集団で襲われ、蒸し焼きにされてしまいます。

そのほか、彼らの天敵は結構多い。狩ったり狩られたり。
毎日が血で血を洗う戦国時代。

惻隠の情とか慈悲の一切ない世界。もちろん忖度も(笑)
しみじみ平和な暮らしがありがたい。


プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR