飛びモノ 一番搾り

P4161568w_20170422105914874.jpg
E-M1markⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

コイツとは知り合いなんです。昨年の秋から。別に餌付けしたわけでもないんだけど
港の堤防にいるとすぐ近くに寄って来る。

この時は2mないくらいの激・至近での撮影。クリックで実寸大。もちろんノートリです。
オオセグロカモメの虹彩をじっくりご覧いただけます。P4161529.jpg
なんか、片足を伸ばしたまま飛ぶカモメがいるなあ…と思ってたんです。
よく見ると、ルアーと釣り糸が絡んでいるのがわかりました。

その後、糸は取れたけど、関節が外れちゃったみたいで、その後も足をぶらぶらさせたまま
飛び回ってます。コイツが近寄って来るとすぐわかる。
P4161818w_2017042210591771f.jpg僕のすぐそばを飛んでいく「ヤツ」。クリックで等倍。

全部の画像がノートリです。設定も全部標準のまま。元画像を圧縮して少し画質が
落ちてますけど、サイズは5184x3456で元のままです。
今回はヤケクソで全部そうしてみました。

堤防ぎりぎりに身を寄せて撮影していると、体がフレームからはみ出す。
夏羽のユリカモメ。拡大すると眼が可愛い。
P4161781w_2017042210591434d.jpg顔見知りのカモメとの違いは、撮影している僕に気付くと、びっくりして急旋回すること。
それはそうだ。鼻先に人が突然現れるんだもの。

あのカモメはやっぱりヘンなやつです。僕を見てもよけることすらしない。
P4160688w.jpg
地元の海にもツバメがやってきてます。
地を這うように飛翔するイワツバメ。逆光で暗くなっちゃったね。レタッチしたいなあ…。

E-M1markⅡになって本当に性能が良くなりましたね。
前は飛びモノは「絶対」駄目でしたから。

今は、しっかりフレームに捉えれば、撮れてそうな気がするんです。そして実際撮れてる。
P4160655w_20170422105910b6b.jpg
盛んに同じところをいったり来たりするムクドリ。いったい何だろう、と?
拡大してみたら、巣材をくわえてた。いよいよ本格的に子育てシーズンなんですね。

理想に近い機材が手に入ったし、今年は買い物を控えて撮影に専念したいと思ってます。


撮影は全てE-M1markⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
AF-C ISO:Auto 絞り:F4 1/3200秒

さまよう花筏

P4100501.jpg
E-M1markⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
桜の季節というのが苦手です。
花粉はヒドイし、冬鳥はいなくなるし、公園はやたら混んでるし。P4100610.jpg
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
「今日は、出が良くないから、桜カワセミを撮りに行こうよ」
師匠が誘ってくれたので、僕もくっついていくことになりました。
何年振りかで、桜を撮影することに。P4100687.jpgMさんに教えて頂いた公園は、実に素晴らしいところでした。
ちょっと鉄塔が気になるんで、ソフトフォーカスにしてみたんですけど、
無駄だったみたいね(汗)

写真を撮るヒト、釣りするヒト、散歩するヒト、グラウンドゴルフに興じるヒト。
みんなすごく楽しそうです。P4100236w.jpgクリックで大画面。エライ逆光だったんですけど、ミラーレスのいいところで、
くいくいっとプラス補正。E-M1markⅡではJPGしか使わないんで、その場で補正しないと…。
ともかく、桜カワセミを無事に撮影出来ました。P4100733.jpg途中から、湖面に浮かぶ桜の花びらに心を奪われまして。
じっとみてると、ゆっくり動いてるんです。

何か、一定の流れが湖面にあるのかもしれない。タイムラプス撮影で確かめることに。
E-M1markⅡでは初めてでしたけど、インターバル撮影999枚スタート!



むうう…早送りで見ると、こんなに動いてるんだね。
しかも、規則性なしで、さまよってる。風にただ揺られてるだけ…。

に、しても編集は地獄だった。E-M1markⅡで撮るときに16:9のアスペクトにするのを
忘れてたんです。4:3で撮っちゃった。これ、必ず犯すミスなので気を付けないと。

カメラ内合成の動画も4:3になっちゃうのよ。左右に黒帯が入る。カッコ悪い。
しょうがないんで999枚、全部16:9にトリミングして、動画編集ソフトに読み込んで…。
最初のケアレスミスが、後々まで響くのです。
P4100792.jpg満開の桜の下、楽しそうに麻雀を打つ老人たち。これは羨ましい。
この季節だけの最高の贅沢だね。たぶん花が散っても、紅葉になってもやってそうだけど。

僕もこんな老後を過ごしたいものです。


くんず ほぐれつ

まずは状況説明。P4030904.jpgほぼ巣穴も掘り終わり、これから産卵というタイミングで、もう一羽の♀が登場。これが呆れるほどシツコイ。追われても追われても、ずっと居すわろうとするのです。そしてついに…。P4030908.jpg
P4030911.jpg
P4030914.jpg
P4030915.jpg
P4030916.jpg
P4030917.jpgこのあとも延々連写。結局50枚くらい撮りました。P4030928.jpg
P4030931.jpg
P4030934.jpg
P4030938.jpg正確に顔の横の柔らかいところを狙い続けているのが、しみじみ怖い。一羽の雄を巡って激しいぶつかり合い。
「モテるなあ。きっといいモノを持ってるんだろうなあ」
「追いかけてるのは元カノか?妹?本妻かも?」
「いっそ、姉妹どんぶりで…」
およそバードウオッチングという響きからは遠く離れたオヤジ達の会話が続きます。全部動画に残ってて、聞いていると大笑いなんですが、ばっさりカット。嫁も見てるし。
IMG_0799.jpg師匠のSonyRX100デジスコ。触ってみると、安定感バツグン。しかもこのシステム、かなり凝ってます。IMG_0824.jpgカメラ本体もドットサイトも外部から給電。わずらわしい電池切れに悩まされることもなく撮影に集中できます。シーソー型のレリーズとか自作ブラケットとか見てたら、俄然自分もやりたくなってきました。P4031151.jpg今日は穴掘りのシーンをたくさん見ることが出来ましたので、RX10M3でじっくり撮影しました。望遠端600㎜。動画では周囲がクロップされるので、800㎜近い画角になってる気がする。素晴らしい。でも、あと一息なんだよね。やっぱしデジスコかな。


4K動画をFHDにクロップすると、1200㎜相当となり、かなり望遠効果出ますね。これで8Kの時代になれば、静止画も切り出しでいけちゃう。10年くらい経てば、5万円くらいになるかしらん。P4031788.jpg無事に抱卵、育雛、巣立ちと進んでくれるのを祈るばかり。いよいよ春らしくなってきました。

撮影 E-M1markⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 

今日もおひとりさま

P3201135.jpgミーアキャットの砂堀りをどうしてもハイスピード撮影したくて、また来てしまいました。
長時間粘りましたが、結局駄目…。
今日もひとり。撮影って、家族が一緒だと出来ない。
あれこれじっくり試して自分にあった方法に至るのが楽しいわけで。

P3200151.jpg
P3201377.jpgフラミンゴの餌箱に飛びつくスズメをじっと待つ。結構しんどい。
こんな時、
「ねえ、もう行こうよ」だの
「喉が乾いた、何か飲みたい」
なんて言われたら、あっさり諦めてしまいそう。それじゃあ駄目よね。
P3201857.jpgE-M1でも良く撮影にきましたが、ダチョウの揺れる顔にはなかなかピンが来ませんでした。
MarkⅡは結構追いかけてくれる。進化をひしひしと感じます。
P3201703.jpg今回の発見は、コウモリの水飲みを初めて見たこと。這いつくばって飲む!驚きだ。


子供たちに見せても、「ふーん」で終わりなんだろうなあ。あいつらは字幕や大げさな実況がついてないと楽しめない。全部受け身。
ま、しょうがないよね。どこでも液晶画面を開きさえすれば、刺激的なコンテンツが脳に刺さって来るんだもの。
P3200130.jpgバツの悪いことに、何人かの同僚にあってしまいました。みんな家族連れ。
「いや、その、近くで研究会があってちょっと時間が空いてね」
なんて聞かれてもいないのに、しどろもどろで一人でいる理由を説明。

武士の情けで、撮影してるときは放っておいてくれると助かるんですが…。

かわうそ 川獺 獺

P3202043.jpg
E-M1markⅡ  M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
フィールドでよく見る動物と言えばイタチ。可愛い顔をしてますし、ほっそり長い体に短い脚がなんともいえずユーモラスであります。今回はコツメカワウソ。この子たちは見ていて本当に飽きません。P3201547.jpgとにかく表情がイイ!P3201590.jpg不思議な動きも見どころのひとつ。くるくる回転したり、腰を振ったり。少し動画も撮ってみました。
驚くのは、300㎜望遠端、手持ちでこの安定感…ちょっと異常だよなコレ。ビチーッと止まってる。E-M5の頃から動画の手ぶれ補正スゴイ!と思ってましたけどE-M1markⅡになって更に炸裂してます。今回から4Kになったし、いよいよ死角なしの様相を呈しておりますな。P3202094.jpgフンとオシッコをする時の動きも相当ヘンで大笑いなわけですが、ちょっと写真や動画で紹介するのは憚られるので、今回はナシ。まあでもカワウソ好きです。しみじみ。

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR