EE-1とエツミのブラケットが到着

注文していたオリンパス製ドットサイトが
ようやく到着しました。

DSC08386.jpg

かなりの人気商品のようで、注文から
2か月くらいかかりました。

ドットサイト照準器 EE-1
DSC08341.jpg

DSC08379.jpg

パンタグラフ式とでもいうのでしょうか。
組み込み式のユニットが持ち上がる。

これだと、ドットサイトのレンズを傷つけて
しまうこともなさそうですね。

ドットの調節は自由雲台ではなく
上下左右の2方向をダイアルで調整。

DSC08362.jpg

もともと銃器用のサイトはダイアルが硬くて
素早い調節が出来ないものが多い。

この商品のダイアルは指で容易に回せます。
大きく動かないぶん、自由雲台より精密な調整が可能。

よほど需要が多いのかエツミから両眼視用の
ブラケットも発売されてます。

01---コピー

「カメラメーカーのアクセサリー」のアクセサリ。
こんなのが商売になるんかね。

実際に装着するとこんな感じ。

DSC08419.jpg

とてもよく出来ているのですが、、背の高いカメラ
だと、両眼視できないかもです。

monopodさん考案のブラケットなら上下の調節が
出来るので、他社製カメラで使用する場合はこちらがいいでしょう。

よくできた商品ですが、ちょっと気になるのは
レティクルの形状。

K0000764987.jpg

こんな大仰なレティクルは要らない。
赤い点が一つあれば十分です。

小さな小鳥をサイトから見る場合
このレティクルに視界を奪われそう。

小さな点に切り替えられるようにしてほしい。
なんか見るたび、工場のマーク見てるみたいよ。

これが工場のマーク。

1_20151029193721286.jpg

小学校の社会で習いましたよねえ。
なんか、しみじみ思い出してしまいした。

じっと見てるとたてに線を一本書きたくなるんだよね。

いや・・・何でもない。聞き流してくれ。

スポンサーサイト

プロフィール

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR