乗らない遊園地

行ってきました。USJ。
前から気になってたんだけど機会がなくて。

P5310222.jpg
E-M1  M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

日曜日としては、かなり空いているように
感じました。

普段ディズニーで混雑に対する免疫がついて
いるので、快適そのもの(汗)

P5310612.jpg

でも、最初から波乱含み。

乗り物の入り口で、係りの人が、僕ら家族を
呼び止めて、「お客様ちょっと・・・」

ああ、下の子がまだ小さいので身長制限かな
と思ったら、アナタですよって・・・俺!?

え、なんで?と聞くとなんかモジモジしながら
俺のお腹を見てるんですよ。

「もしかすると、安全バーが下がりきらないかも
しれません。テスト用のシートがあるのでチェックしてみますか?」

教訓:USJの係員は規格外のデブを厳しくチェックしている

それ以降、ゲート前では、お腹を思い切り引っ込めて
歩くようにしました。

でも、乗り物にのって納得。すげえハードです。
これは、安全バーがしっかりはまってないと駄目だね。

途中で気持ち悪くなってしまって、ずっと休んでました。

P5310516.jpg
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm 広角端

家族は乗り物に夢中なので、これ幸いと
僕だけパーク内を散歩。もう楽しい楽しい!

いや、マジに来て良かったです。
ちょっとした路地が魅力的なのです。

DSC03970RAW.jpg
α7Ⅱ SUMMILUX-M F1.4/50mm ASPH.

雰囲気としては、ディズニーシーのアメリカン
ウオーターフロントがうんと広くなった感じでしょうか。

おお、こんなところにも道があるぞい?
なんて調子でぐるぐる歩きました。

P5310417.jpg

いやあ、たまらんのう。ひとりで来れば
もっと楽しかったのに(爆)

ぶらぶら歩いていたら、50'sぽい雰囲気の
お店に突き当たりました。

DSC04120RAW.jpg

メルズ・ドライブインというハンバーガーショップ。

ピクサーのアニメ「カーズ」に出てきそうな
雰囲気です。ここで、ハッと思いついた。

そうだ、ここでアレを使おう・・・。

「リーニュクレール」
P6010248.jpg

「ウオーターカラー」
P6010252.jpg

オリンパスのカメラについてるフィルタの
なかでもこの2種は本当に使いどころがない。

いろんなところで試したけど、どうもピンと来ない。
特にウオーターカラーはどうやって使うのかサッパリ・・・。

でも、やっとそれらしいのが撮れた。正解は大阪に
あったのだね。

それにしても、うんこ座りしてるカップルに気づかなかった
のは、大失敗だったなあ。いまさら遅いけど。

P5310627.jpg
α7Ⅱ UltraWideHeliar

お城のなかを覗いて回ったり。
カフェでまったりしたり。

乗り物乗らなくても十分楽しめましたが
家族に言われて、最後にもう一度乗り物に。

安全バーが腹にギューッと食い込む!
うええ、吐きそうだよう。

そしたら

「お客様、もう少しバーを下げてください」
「すみません、これ以上は無理です・・・」
「あと、もうちょっとなんです。駄目ですかね?」

そのうち非常ブザーが鳴って、乗り物全停止。

「規格外デブ発見!」
「ピザ野郎排除チーム緊急招集!」

脳内に妄想が駆け巡ります。
わらわらと係のひとが寄ってきました。

待っているお客さんの目が痛い。
本当にゴメンナサイ・・・。

DSC04080RAW.jpg

なんとか無事乗り終えましたが
本当に恥ずかしかったっす。

これは本格的にダイエットしなきゃなあ。

そんなことを考えながら、明石焼きを
食べて終了。全然反省してない(汗)

でも、関西に来たらこれを食べないと
気がすまないのよね。好きなんです。はい。






涼を求めて

DSC02915RAW.jpg
α7Ⅱ UltraWideHeliar 12mm

だんだん蒸し暑くなってきました。
いやな季節の到来です。

「夏って、なんでも許されるって感じですよね」

そんなコトを言ってた娘もいたなあ。
もちろんそんなコトは無い。

秋には、しっかりツケを払うことになるのだよ。
たぶんね。

DSC02899RAW.jpg

たまたま入った駐車場に差す陽が
素晴らしい水玉模様をつくってまして。

もう嬉しくて地面も撮る(爆)

DSC02903RAW.jpg

いやもうたまらない感じです。
だれもわかってくれないかも知れないけど。

ダッシュボードにも水玉。

DSC02896RAW.jpg

このあと、車をゆっくり走らせて
水玉が動くのを動画に撮った(汗)

いやもう、カウパー出まくり。
なんでこんなに水玉が好きなんだろう?

水槽のビー玉とか風鈴とか。
見てるだけでも幸せ。涼を感じます。

DSC03449RAW.jpg

流しそうめんも涼しい。
いいですよねえ。

ふつうに楽しめば良いのに、流れていく
麺をハイスピードで撮ったり(汗)アホですな。

そうだ、今年は夏らしい、涼しい画像を
沢山集めよう。そういう夏にしたい。

UDYzMDU3NzXCQA_enlargement_20150605181340937.jpg

ここしばらく、水玉が破裂する瞬間も
撮ってないです。

今年は水風船を沢山買いこんで
バンバン割ろう。なんかやる気出てきたなあ。





仏蘭西絵馬

L1023119.jpg
Summicron 35mmF2(8-elements)

なんとなく、惹かれるモノがあったので
近所の洗濯物を撮ってみた。

画像を縮小すると、フランスの国旗に
見える(笑)

どうでもいいけど、これも盗撮になるんかね。

同じ洗濯物でも、セクシーな下着とオヤジの
サルマタを撮るのは、法的に違うのかしらん。

DSC02465RAW.jpg

フランスで思い出したけど、明治神宮に
行くと、よく彼の国の旅行客に会うイメージがある。

僕はここで結婚式をしたんだけど、白無垢姿の妻は
フランス人のツアー客に囲まれ写真撮られまくり。

なんか晒し者みたいだったなあ。今は新婦に
近づけないように柵を設置してある。

感激した様子の仏人女性が熱心に妻に
話しかけてたなあ。当然チンプンカンプンでしたが。

DSC02874RAW.jpg

絵馬の文字にも外国語が目立つ。
彼らはびっしりと書き込むのが特徴。

まるで手紙みたいだよね。
悪趣味と知りつつ、読んでみると

「平和と幸せ、心の癒しを見つけたいです。
私の家族と友達が幸せで健康でありますように。
幼い姪が素晴らしい人生を送れますように」

そのようなことが仏語で書いてありました。

DSC02866RAW.jpg

なかには就職活動への思いを切々と書いた
日本の若者の絵馬も。頑張れよ!

でも気になったのは、氏名、年齢、住所まで
書いてあったんだよね。これエントリーシートじゃないから!

うちの坊主は何を書いたのか見てみたら

「沢山、剣が買えますように」

だって。頼まれた神様も困惑するよ。
何を頼んでいるんだか。



Hawk's Factory製Eマウント用補助ヘリコイド付Mマウントアダプタ

DSC02844RAW_20150514183020da3.jpg
α7Ⅱ LEICA SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH

ライカ用レンズで接写が出来るアダプタが
最近流行ってます。

コンパクトで超高性能。
だけど寄れない。それがライカレンズ・・・。

みなさん手持ちのレンズでマクロ撮影を
してみたいという気持ちはかなりあったようで。

コシナ製のアダプタに注文集中。全然手に入りません。

先日ヨドバシからは「9月頃の入荷予定です」
ってまじすか。9月!?

んで、調べてみると Hawk's Factoryという会社が
ヘリコイドアダプタを出しているらしい。

DSC_0006_20150514201549ebf.jpg

で、気がつくと家に到着してた(爆)

見た感じ=「いかにも中華」
あんまし高級感はないですねえ。

Hawk's Factory製Eマウント用補助ヘリコイド付Mマウントアダプタ(ノブ付)
DSC_0014.jpg

正式名称長すぎ(汗)
商品名が説明になっているという。

で、またヘリコイドがめちゃ渋いのよ。
ロックピンを押しながら回そうとしても絶対回らない。

最初は壊れてんのかと思った。

ピンを押しながら、もう一本の指で横向きの
力をかけるとスルリと回る。かなり慣れを要します。

早速使ってみました。

DSC02707RAW.jpg
α7Ⅱ LEICA SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH
ISO 1000 F2 1/60秒

これが、ノーマルの状態。最短撮影距離70cm。
アダプタのヘリコイドを繰り出すと・・・。

DSC02715RAW.jpg

おお、寄れるぞ。すげえ新鮮です。
今まではトリミングに頼るしかなかったのに。

こうなると、イッキに撮影の幅が広がるなあ。
そんな風に喜んでいたのもつかの間。

DSC02885RAW.jpg
ISO400 F1.4 1/8秒 -0.7EV

開放だと眠い。眠すぎ!

合焦面はバキバキシャープでぼけは溶ける
ように甘い。それがズミルックスのはず。

主題がのんのんずいずいと浮き上がる
愛と官能の大口径レンズが台無しよ。

んじゃ少し絞ってみるかと、それも問題あり。

DSC02883RAW.jpg

このボケの形・・・ズミルックスってちょい絞りの
時にこういう形になるんです。イヤだよこんなの。

これは極端な例だけど、使い方がなかなか
難しいアダプタであります。

DSC02889RAW.jpg
UltraWideHeliar 12mm F5.6

同じ位置から12mmで撮ると、全焦点マクロ
風になります。こっちのほうが面白いかな。

花にくっつきそうになるくらいまで寄っても
こんな具合。

DSC02753RAW.jpg

虫撮りにも使えそうだねえ。
やりませんけど。

なんか諦めきれずに家でズミルックスを
つけて色々試してみる。

通販の会社がくれた誕生日の記念品。
もちろんイミテーションなんだけどなかなかイイ雰囲気。

DSC02813RAW.jpg
SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH 開放

コイツで絞り値をいろいろ変えてみた。

クリックで等倍
名称未設定-1

うーん、いっぱい並べ過ぎてよくわからん(汗)

F2で既にカッチリ来てるようにも見えるね。
あとは、深度のコントロールとボケですか。

過度の期待をしなければなかなか面白い
デバイスだと思います。

ヘリコイドを繰り出さなければ、通常の
アダプタとして使えるわけだし。

DSC02860RAW.jpg

最後に普通に撮ってみた。
うん、別にマクロ出来なくてもいいや。

それが結論かよって。
でもまあそんな気分ですね。









で、どっちにすんだ? α7Ⅱとα7s

ライカMを売ってきました。

トップカバーと、カメラ底部のプレートは
地金が出ちゃってました。ずいぶん使い込んだなあ。

今までありがとう・・・。

で、いよいよライカMの代わりをどっちかに決めないと
イケナイのですがこれが難しい。

P2130073.jpg

見た目はあんまり変わらない両機種ですが
実際使うと全然違う。7Ⅱのほうがデカくて重い。

○ 7sは軽くてコンパクト

まずはここだね。

で、7Ⅱの大きな特徴はどんなレンズでも
手ぶれ補正が効く。これは大きい。

特に、社外品のレンズを多用する人に
とっては見逃せないポイントでしょう。

P2130026_20150226184820149.jpg

8mm~1000mmまで(爆)
まあ、たいていのレンズは対応してくれます。

純正レンズと較べると効きが弱いという
話なんですが・・・。

DSC01415RAW.jpg
α7Ⅱ ISO800 1/25秒

50mmライカレンズでの撮影。

僕は手振れがひどいんです。
補正なしだと50枚撮って7枚のみ当たり。

補正オンにして撮ると37枚が止まった!

眼を皿のようにして、僅かなコントラストの
低下も見逃さず、はじいたとしても21枚残る。

これは、かなり効果がありますね!

○7Ⅱの手ぶれ補正は社外品レンズにも有効。

手振れが有効なのはいいけど、人物が相手の場合は
あんまり意味が無い。

DSC01211RAW.jpg
7s ISO3200 F2 1/60秒 +0.7EV

室内型テーマパークでの撮影。中は本当に暗い。
ISO3200が安心して使える7sは頼もしいです。

それでもちょっと大きく動かれちゃうと、もうアウト。
記録性重視ならISO4000~6400もいけるか?

○やはり7sの高感度はあたま一つ抜けている。

DSC01239RAW.jpg
ISO2500 F2 1/60秒 +0.7EV

7Ⅱは残念ながらISO2000が限界かなあ。
あくまで等倍観察しての話ですけど。

動かれちゃうとつらいよね。

DSC01385RAW.jpg
α7Ⅱ ISO2000 F1.4 1/50秒 -0.3EV

母の誕生日でした。

こういう「ハイ、ポーズ」的なショットは
問題ないですね。手ぶれ補正も大いに有効。

ところで、僕はαではMFレンズしか使ってません。

DSC01307RAW_201502262022454d7.jpg
α7Ⅱ ISO2000 F2 1/60秒

こういう暗いところだと、ハイエンドの一眼でも
AFが迷います。それならマニュアルのほうがストレス少ない。

で、ここで7Ⅱは大きな大きなアドバンテージ。

○7Ⅱは拡大MFの品質が非常に高い

いや、これは較べちゃうと可哀想なくらいよ。
特にシャープなレンズほどその恩恵は大きい。

MFが楽しくなるんです。フォーカシングして
いくと、グワッと解像部が持ち上がる感じで。

開放を多用したり、ピントを神経症的に
追い込むのが好きな方は是非7Ⅱを・・・。

DSC01288RAW.jpg
7Ⅱ ISO160 1/800秒 -1EV

ところで、7Ⅱにないものが一つ。
電子シャッター撮影機能です。

暗いところで、三脚+スローシャッター
撮影するときはとても重宝するわけです。

高画素の7Ⅱにこそ必要な機能だと
思うけど、ついてない。

7Ⅱは必ずメカシャッターなんだよ。
変だよね?なんでなんだろう。

○α7sは、電子シャッター撮影が可能

あとは動画・・・これは7sの圧勝でしょうね。

ISO51200でも、すごくキレイですもん。
暗いトコ大得意。怖くない。

画面は小さいけど120fpsのハイスピード撮影も
出来る。カメラで遊ぶなら絶対7s推しです。

○7sは動画が素晴らしすぎ!

DSC01187RAW.jpg
7s ISO400 1/60秒

それでまあ、考えに考えたわけですが
出て来た結論は

「選べない(汗)」

だってどっちもすごくいいカメラなんですよ!!

マジに困ったなあ。とにかくどちらを買っても
幸せになれるのは間違いないっす。

あとは画素数か・・・これ7s使ってるとあんまり
気にならないんだよね。

少なくとも物足りないってことは無かった。
それよりも拡大MFの見え味。これが決め手になるかもなあ・・・。






プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR