キッチンタイマーによるタイムラプス撮影

最近、タイムラプス動画にゆったりとした回転を
加えるのが流行のようです。

僕も、ちょっと前から色々試していて、前回は
自作のサンプルを紹介しました。

この効果を得るためには、ゆっくりと一定のスピードで
回る回転体が必要です。赤道儀を使うのが一般的のようです。

とは言うものの。いかんせん赤道儀は高い。なんとかならないか。
そこで、コレ。

P1010045.jpg

Camalapseという商品。eBayで66ドルでした。

ゼンマイで出来ていて、くるっと上部を
まわすと1時間かけて、360度回転します。

底部には三脚穴が付いていて、すぐ使える
ようになっています。

なかなか面白い商品ですが、これなら
回るタイプのキッチンタイマーでも代用できそう。

早速、Amazonでキッチンタイマーを検索・・・。

P1010031.jpg

キッチンタイマー メタルラウンドという商品。1080円。
なかなかデザインもいかしてます。

これなら、上に雲台を貼り付ければ使えそう。

ただ、10分計なのが気になる。10分で1回転は
ちょっと忙しすぎるかなあ・・。

もうひとつ。

P1010024.jpg

IKEA ORDNING タイマー ステンレススチール 1130円。
これは1時間で1回転。なかなか使いやすそうです。

P1010035.jpg

Camalapse以外はキッチン用品なので、当然ながら
加工が必要ですね。

どうしようかなあ?と思ってたら、タイマーと
「よく一緒に購入されている商品」として

ETSUMI 止めネジ(メス・メス)
312kTG4m9ML.jpg

これが紹介されてました(笑)
キッチンタイマーのページだぜ?

みんな考えることは一緒なんですね。

さて、早速試してみることにしました。

カシオEX100に、GITZOのミニ雲台。
なるべく軽量にしたつもり・・・。

しかし結果として、これが全然ダメ。
もうグラグラ。



EX-100のタイムラプス「HDR」
これを使いたかったんだけどなあ。


3つの回転体はいずれも、剛性感に乏しく
かなりガタつきます。

重いものを載せているせいで、回転も
安定してないですね。途中で止まったりします。

まあキッチンタイマーだからね(汗)
製品に罪はないですよ。

結局のところ、載せられるカメラはGoProの
ような超軽量アクションカムだけみたい。

手持ちのカメラで一番軽量なパナのGM1と
ボディキャップレンズ15mm。

CIMG3034.jpg

これでもグラグラよ。どんだけ弱いんだ。
仕方なく、雲台を取り去って、キッチンタイマーに直付け。



おお・・・意外といけてますな。使えるじゃん!


10分計のほうは、とにかく忙しい。すぐ終了しちゃう。
忙しいタイマーは、忙しい人が集まるところで使ってみました。

CIMG3038.jpg

10分でくるりと回る。これって意外と速いんですよ。
スローシャッターだとブレてしまいます。

でも明るいレンズでボディも軽いってあんまりないよね。
今回はオリンパ25mmF1.8を使用。なんか落としそう・・・。



どうすかね?結構いい感じだと思いますけど。
これは使えるかも。

そんなわけで、いろいろ試してきましたけど
やり方次第では、なかなか面白いのが撮れそうです。

でも仰角に振る事が出来無いから、空を撮りたいとき
困るよなあ・・・。

そんなわけで、次回に続きます。






スポンサーサイト

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR