FC2ブログ

出遅れた~

P5300004.jpg
ひさびさにやらかしました。
ソニーの新レンズの注文を忘れてました。

FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS
SEL200600G.jpg
まるで超望遠単焦点みたいな、男前のレンズ。かっちょいい!
買う気まんまんだったのに…出遅れてしまった。

とはいうものの30万円近い高額商品。
そんなに注文は入っていないだろう…そう思って電話すると、

「発売日には無理です。すごい数の注文が入ってます。」

なんですと~マジか…。
なじみの店員さんも、想定をはるかに超えた受注に驚いている様子。

参ったなあ…。しばらく様子見ですかねえ。
それと気になってたFE 600mm F4 GM OSSの値段。
SEL600F40GM.jpg
¥1,584,360(マップカメラ)だいたい想像した通りでしたね。
受注から5か月待ちだそうです。車より納期が長い。

まあメーカーも何本売れるかわからないだろうから仕方ないね。

仮に、手持ちのFE 400mm F2.8 GM OSSを売却した場合、差額はどうなのか?
引き取り価格を検索してみると、なんと驚きの120万円だ!めちゃ高い。

これで利益出るのかね?下取りなら10%のポイントがついて132万円となる。
さらにクーポンやキャンペーン併用で、限りなく差額を縮められそう…。

いくか?ロクヨン!
P4151986.jpg
しばし妄想にひたりましたが、やっぱり無いな。ロクヨンは。

400㎜F2.8だと、室内イベントとか使いまわしがすごく効く。
ヨンニッパを買ってそれがしみじみ分かったのです。

吹奏楽やってる坊主の撮影にもずいぶん重宝しました。
ロクヨンだと鳥撮りだけになっちゃうものねえ。

で、熟慮の上にコレを発注。OLYMPUSM.ZUIKO DIGITAL 2x Teleconverter MC-20。
100000001004493906_10204.jpg
300mm F4.0 IS PROに付ければ1200㎜として使えるし、
デジタルテレコンで4K撮影すれば2400㎜。

最小の出費で最大の効果!スバラシイ!

でも、ココロのどこかに寂しさが。たまにはデッカイ買い物をしたい。
いや、無駄遣いはしょっちゅうしてるか(汗) 節約しよう。やっぱし。
P5311765.jpg
ニコンがD5相当のミラーレス機を出すというニュースもありましたね。
みなさん、「朗報」として歓迎しているようです。確かに朗報ではありますが…。

やっぱし専用レンズのラインが揃ってからじゃないとどうにもならない。

D5クラスの高速連写機をマウントアダプタを介して使うってのは
ありえないわけで。

どうなんだろうねえ…3年後かな。

撮影は全てE-M1X  LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm/F2.8-4.0 ASPH.

PC昇天

PC210108.jpg
愛用しているHPのノートPC「Spectre x360」が昇天された。
デスクが一部だけびっしょり濡れているのに気づかず、PCを置いてしまったのである。

運の悪いことにSpectre x360は背面にたくさん排気口があるのだ。
パネルを外して泣きながら内部の水を拭き取った。
P1010012_201905180822125c9.jpg
かすかな期待をこめてスイッチオン。
・・・電源すら入らない(涙)マザボ直撃のようである。

HPのサポートはとても丁寧だ。さっそく相談してみた。
結果としては、

「マザーボードの部品代だけで本体と同じくらいの価格になり
とても修理はお勧めできない」

とのこと。担当の方は、あくまで個人的な意見ですが、と前置きしたうえで、

「データ復旧業者に依頼してSSDの内容を吸い出したうえで
買い替えのほうがよろしいのではないでしょうか?」

うーむ、想定していた中でも最悪の事態のようだ。
息子はお日様に当ててみたらと言うが、アジの干物と違うのだ。

「バカねえ、機械を乾かすなら陰干しのほうが良いに決まっているじゃない。

妻は妻で、洗濯物と勘違いしている。水没したPCにネクストはないのだ。
PC210070.jpg
基本PCはみんな同じような構造であり、端子の破損に注意すれば、
SSDを取り出すのは容易だ。これならDIYでいける。

問題は、メディア本体が破損している場合だ。これは僕の手に負えない。
HDDもそうだが、プロの出番だ。

データ復旧に関しては、悪質な業者が乱立しており、
素人相手にアコギな商売をしている。

以前見積を取ったら1GBあたり1万円と言われたこともある。
1TBだと割引してくれるんだろうか(汗)

「HDDドライブはなまものなので、時間が経つほど復旧の可能性が低くなります。」

などと謎の理論を展開する業者もいた(なぜか皆、白衣を着用している)
相手の無知をいいことにやりたい放題である。

日本データ復旧協会 DRAJという業界団体がある。
この団体の加入業者であれば不当な金額を請求される心配はないだろう。
P1040243.jpg
何にしろPCを預けるというのは他人に金玉を握られるようなもので、不安この上ない。
いかがわしいデータがどこに眠っているかわからない。自分でも忘れていることだってある。

以前、Windowsのアップデートにテロまがいの機能が実装されたことがあった。
PCが勝手にマイピクチャの内容をスライドショーし始めるというものだ。

自分がデスクを離れている間、秘蔵のエロ画像がデスクのPCに
ずっと表示されているという公開処刑を受けたひとが多数いたようだ。

僕も万が一に備えて、友人に頼んでおいたほうがいいかもしれない。

「もしもの時は、家族に気づかれないように、PCドライブを破壊してくれ…」
P1060017.jpg
だいぶ前の話だが、病院で使われていたPCが中古として売られ
なかに入院患者の個人情報が残っていたという出来事があった。

誰にも知られたくない病気の内容が第三者にさらされる危険が…という文脈で
TVの報道番組で、かなりの時間をとって扱っていた。

しかし番組で紹介されていたショップでは、PCを初期化したうえで販売していたとのこと。
実際にPCを購入した人物も顔出しで、出演していた。

「内容を見てびっくりしてしまいましたよ」

インタビューを受けている若い男が得意げに語っていたところでは、
初期化されたストレージを、さまざまな方法で復旧して読みだしたのだそうだ。

要するにコイツは女子寮のゴミ箱をあさるヘンタイと大差はない。
こんな手合いがウロウロしている世の中だ。

心配なら、PCには自作のポエム(爆)だけを入れておき、廃棄の際は
某議員の秘書がやったように、ドリルでディスクを破壊するのが最も確実のようだ。

潮干狩りについて

IMG_20190513_180807.jpg
遠浅の海辺で生まれ育った。
アサリ掘りは大の得意である。

潮干狩りの会場と違って、打ち上げられた海藻やクラゲで
いっぱいのキタナイ浜で掘る。それでも、アサリはたくさん採れる。

魚籠にいっぱい詰めこんで港の水産工場に持っていって買い取ってもらう。
子供にはいい小遣い稼ぎになった。
IMG_20190513_180730.jpg
地元の土壌は、堆積した貝殻でびっしり。
小学校のグラウンドも少し掘ると貝が出てくる。

今住んでいるところも、昔は海だったという。
P4153029.jpg
かように貝殻まみれの土地に過ごしていると
お金をはらって、貝を掘るのが、どうも感覚として変な感じがする。

掘れば掘るほど小遣いがもらえたものが
潮干狩り場でたくさん掘ると追加料金をとられてしまうのだ。

ちなみに週末にどっと人が押し寄せると、ほぼ1日で
潮干狩り場のあさりは掘りつくされてしまう。

無くなった分は、新たにあさりを撒くことで補充される。
1280px-Neverita_didyma_egg_mass.jpg
これは砂茶碗と呼ばれるツメタガイの卵塊。
見つけると、ついしげしげと観察してしまう。

「すなちゃわん」で画像検索すると、もはや生物のタマゴとは
思えない神秘的なオブジェクトが沢山出てくる。

ちなみに見つけたら、日干しにして抹殺しないといけない。
ツメタガイは、アサリを散々に食い荒らす迷惑者なのである。

アクアライン開通以降、潮干狩りのシーズンは渋滞が激化した。
訪れる観光客の数も、うなぎのぼりと聞く。

干潟が開放される時間には、すでに大賑わいだ。
潮干狩りがスタートしてから、2時間近くタイムラプス撮影した。

夕方になり、潮が満ちてきたときに雷鳴が聴こえてきた。
名称未設定1
こんなに暗くなるまで撮影をしているのもどうかと思う。
我ながらヒマだ。



それではまた。

ディズニー悪人組オプション

P4060400.jpg
 E-M1X M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO ISO800 F1.4 1/8s -0.3EV

1/8秒で手持ち。きれいに写るもんですね。

オリンパスのレンズは傑作が揃ってますけど
25mm F1.2 PROが一番好きですね。

年に2回のお勤め(苦行ともいう)ディズニーリゾートであります。
幸い、この場所はスナップ好きの楽園であります。
P4070969.jpg
LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm/F2.8-4.0 ASPH. 8㎜ 

キャラクターに興味のないオヤジも退屈しません。
遊園地で撮った写真とは思えない感じだもの。
P4071782.jpg
 M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

今回もものすごく混んでいました。
みんな本当に大好きなんだなあ。

しかし、昔からそんなに人気だったっけ?

僕は子供の頃にディズニーキャラに親しむ機会は
なかったような。ミッキーマウスのアニメを見たことなんかない。

「ママとあそぼう!ピンポンパン」「ロンパールーム」「おかあさんといっしょ」
そういう幼児番組ですねえ。最初に思い出すのは。

知ってはいたけど、そんなに親しみがあるわけでもない。
海外ブランド補正が入ってるかもしれない。

「機関車トーマス」はイケてる感じがあるけど、「機関車やえもん」は
ちょっとなあ…という。

商店街で着ぐるみが歩き回ったりしないのが良いんだろうね。
ディズニーはそういうこと絶対許さないでしょ。

ウルトラマンとか仮面ライダーみたいに、デパートの屋上では
会えない。そういうことすると ドサ回り感出ちゃうもの。

自分たちの看板を守ることに関しては、ものすごく厳重ですよ。
P4070797_20190419192115c67.jpg
 M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

ディズニーキャラは無農薬野菜だよね。
親も安心して子供に与えられる。

絶対に汚れないスーパースター。
コカイン吸わないし、アイドルと浮気して謝罪会見とかもない(爆)

ディズニーホテルで結婚式するとキャラクターに来てもらうことが出来る。
参列者も大喜び!

ミッキーが出てきたら、もう新郎新婦なんかどうでもいいという
不届きモノがたくさんいそうです。
P4060295_2019041919214922b.jpg
 M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

個人的には裏メニューで、「ディズニーの悪役」が呼べたらいいなあと。

新婦に、毒リンゴを無理矢理食わせる(笑)
テーブルひっくり返したり、勝手にケーキ入刀したり(爆)

トランプの兵隊にお尻を槍で突かれて

「女王の御前だぞ、立て!無礼者!」

列席者が顔をひきつらせて見守るような傍若無人ぶりを
発揮してほしい。今日は辛口の演出となっております~なんて。

新郎新婦がミッキーの存在感に食われることもないし、
イイと思うけどなあ。


狂気のオヤジを共にして

むーかーしギリシャのイカロースーは♪
という歌を小学生のころ散々歌わされました。

「勇気一つを友にして」という歌です。



蝋で固めた鳥の羽で空を飛んだのは有名なんですけど
なんでそんなことをしたのかは知られていません。実は父親のせいなんです。

父親はダイダロス。天才発明家なんですけど、これがとんでもないヒトなんだよね。

大天才のくせに、弟子の才能に嫉妬する。
若い芽は摘んでおこうと弟子を謀殺(汗)

その罪でアテネを追われてクレタ島に逃亡。
逃亡先でも、様々な発明をして王様に庇護されます。
P4071008.jpg
そのクレタ島の王妃が、雄牛に恋をしてしまう事件が起こる。
「雄牛みたいな青年」じゃなく、本物の牛です。

王妃から相談をうけたダイダロスは、諫めるどころか
精巧な牛の模型を作った。

「お妃様、この中に入って、雄牛を誘惑すれば如何でしょう」(爆)

薦める方も薦める方だけど、本当に入るのもどうかと思うよ。
かくして生まれたのが、かの有名な怪物ミノタウルス。

不義の息子(というか怪物)の扱いに困った王は
ミノタウルスを脱出不可能と称される迷宮の奥に閉じこめます。
800px-GeorgeF.jpg
絵画に描かれたミノタウロス。迷宮の頂上でたそがれるの図。
なんだか気の毒…。

迷宮を設計、建築したのはダイダロス。

ミノタウロスには毎年7人ずつの男女をいけにえとして与えられます。
これに憤慨した若者が彼を退治しにやってきます。

ミノタウルスを倒しに来た若者に王女が一目惚れ。
なんとか助けて欲しいと、ダイダロスに頼み込みます。

ダイダロスは若者に魔法の糸を持たせて、通ったルートに
糸を垂らして進むように教えます。
800px-Theseus_Minotaur_Ramey_Tuileries.jpg
勇気ある若者テセウスにぼこぼこにされるミノタウロス。
可哀想…。

結局ろくでもないアイデアを出して、混乱を招いた張本人に
いろんな人が巻き込まれてる。

頼まれれば善悪かまわず何でもやってしまう。
このモラルの無さは、本当の天才っぽいよねえ。
P4060072.jpg
王様は、このままダイダロスを放っておくとロクなことにならないと
高い塔にダイダロスと息子のイカロスを幽閉します。

こんなことではこのおっさんは懲りない(笑)

「息子よ、空を飛んで逃げよう」

ここでやっとイカロスの話になるわけ。
完全な被害者ですよイカロスは。

イカロスは太陽に近づきすぎて墜落死するわけですが
親父はしっかり生き残る。シチリアまで逃亡します。

怒った王様が執念深くダイダロスを追跡。
潜伏している彼をおびき出すために練った策は

「巻貝の中に糸を通すにはどうするか」

という技術的難題。これを誰か出来るものはいないかと尋ねて歩くこと。

すると、ダイダロスが「僕なら出来ますよ」と
あっさり出てきちゃった(笑) 神話とは言え、この辺もすげえリアルです。

ちなみに解決法は、蟻に糸をつけて、ハチミツで誘導するというもの。
なるほど頭いいなあ…。

天才はお話として聞くのはオモロイけど、身近にいるとすごく迷惑という話。



プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR