FC2ブログ

岬にて

DSC097124002,820002000191013110743
今回の台風もとんでもないヤツでしたね。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

停電ですっかり忘れてましたが、渡りの季節なんですよね。
1280.jpg
via wikipedia

僕の地元、千葉県にも猛禽の渡りで有名な場所があります。
富津(ふっつ)岬です。

クルマで10分ちょいなのに、渡りを見に行ったことがない(汗)

渡りの観察は大変です。ピークは数日、ひどいときは1日しかない。
時間に余裕があって、根気のあるヒトでないと…。
DSC089784002,86400100191013101205
綺麗に晴れ渡って、戦時中の東京湾要塞である第一海堡が良く見えます。

子供の頃は砂州でつながってて、歩いて行けたような記憶が…。
別の場所だったかしらん。
DSC089944002,88000100191013101228
目線をずらすと、富士山の稜線が綺麗に見えました。
第一海堡の向こうに、第二がみえます。
DSC093678007,12000400191013101924
高校生の時に、漁師の息子と船で出かけて
ココで夜釣りをしました。もちろん親に内緒で(笑)

灯台が見えます。護岸工事ですっかり様子が変わりました。
今は立ち入り禁止です。
DSC091458007,12000100191013101554
横浜みなとみらいの町並み。800㎜ノートりでこの大きさ。
富津岬からは、すごく近く見えるんだよね。

漁師の息子は

「中華街行くならオレの船で20分くらいだよ」

そう言っていつも得意げにしてました。
アクアラインが出来るまでは、向こうに渡るのは本当にタイヘンだった…。
DSC090794004,02000250191013101322
昔を懐かしんでいると、海を渡る鳥の群れを発見。
ヒヨドリです。

水面ギリギリを渡って行きます。
DSC092408007,12000640191013101637
留鳥のイメージが強い彼らですが、実際は季節により
かなり移動するみたいです。

猛禽を見ない日でも、ヒヨドリの群れはよく見ます。
DSC091918007,120001000191013101616
台風のあとということもあって、まだ蒸し暑く、
太陽にジリジリ焼かれてしんどい鳥撮りでした。

とくに収穫らしいものはなし。唯一みかけた猛禽。
DSC094548007,12000640191013102036
等倍までトリミングしてこの大きさ。
遠くてなんだか良くわからないっす…。

森の中に、何か変わった鳥が迷い込んでいないか
歩き回りましたが、これも空振り。
DSC096934002,82000250191013110357
くたびれて、ベンチに腰掛けてたら
公園猫にガンをつけられたという。

威風堂々。
DSC097054002,820001600191013110737
あんな嵐のあとでも、毛並みつやつや。
大したもんです。いったいあの風をどこでやり過ごしていたんだろう?





ザハトラー雲台 FSB6とFSB8 どちらを選ぶか

PA050023104,5800200191005160114
10年ぶりに雲台と三脚を新調しました。

特に不満もなかったんですけど、うっかり置き忘れたら、誰かが持っていってしまった。
今まで使っていたのはSachtlerのFSB6。頼もしい相棒でした。
100000001000958969_10204.jpg
僕がこの雲台を買ったころは、結構高かったです。20万弱したような。
これより上位の機種はもっと高かった。

すでにディスコンになっているDV8。
item12585p1.jpg
いかにもプロ用というがっちりした造りで憧れたなあ。
定価は31万5千円。ちょっと手が出なかったですね。

それにDV8は僕の機材には、too muchだと思ってました。
デジスコや500㎜にはFSB「6」で充分という認識でしたから。
P80300656008,01000200190803083143
現在、ザハトラー雲台は、耐荷重4㎏のカジュアルなモデルから、
耐荷重115㎏のモンスターまでヤケクソのフルラインナップ(汗)

アマチュアの野鳥撮影用に人気があるのはFSB6とFSB8。

ネットには、500㎜F4などの比較的軽量な機材なら、FSB「6」
600㎜や、400㎜F2.8なら、FSB「8」と書いてあります。

でもこれは事実ではありません。

どんな機材でもおすすめは「8」です。
PA050041144,5400200191005160221
ザハトラー FSB8

「6」と較べると、細かくアジャストできて、使い勝手も良い。
軽量機材にも対応できる調節性があります。

「6」は軽量機材には向かない。オリンパス機を使うとはっきりそれがわかる。
軽量機材だと、パンニング(左右に振る)がダイアル「1」でも重い。

「6」は大砲専用と考えたほうが良いです。

少しでも軽いほうが良いということで「6」を選ぶひともいる。僕もそうでした。
ところが、サイトによって重さの表示はバラバラ。

2.1kgと書いてあるサイトもあれば、ヨドバシでは2.7㎏となっています。
Sachtler公式では2.6㎏。どれが本当なんだ?

重要なことは、FSB6も8も重さはほぼ同じということです。

あえて「6」を選ぶとしたら価格だけかなあ。僕がお世話になってるショップでは、
両者の価格差は2万3千円でした。結構ちがうよね。
PA050047144,5800200191005160502
10年ぶりに引っ張り出してきた。5型GITZO。
持ってすぐ、その太さ、重さに圧倒されました。

「こんな太いの…無理」

何となくエロ小説っぽく、艶めかしい声で脳内再生してみた(爆)
一体何の話をしてるんだ。話を戻そう。
PA050070144,5500200191005162044
3型も5型も、地面が草地だったりすればグラグラします。
5型だから大丈夫ということはない。

ただ、同じ条件なら、風に対する耐性は5型が強い。
超望遠動画の時は、5型を使ってました。振動のおさまりが段違いなんです。

段数少な目、シャフト太め。これに敵うものなし…。
DSC089048005,62000640191005171328
α9 FE 400mm F2.8 GM OSS SEL20TC

ヨンニッパに2倍テレコンで800㎜。クリックで等倍。
こんな悪条件でも、髪の毛の描写はしっかりしてる。

α9は素晴らしいカメラですね。現在最安値は¥366,675。
性能から考えるとバーゲンプライスと言えます。

不満なし…のはずだったんだけどα9Ⅱを
予約してしまいました(汗) ソニーストア価格545,000円。たけえ。

転送マニアとしては1000BASE-T対応が気になってしょうがないわけ。

金策をしないとね。

再デビュー

DSC099735604,03200800191007095131
FE 400mm F2.8 GM OSS α9

三脚と雲台を失ってから、しばらくしょぼくれておりましたが
機材を一新して再デビュー。

10年前に買ってからほとんど使っていない5型GITZOと、ザハトラーFSB8のコンビ。
使い勝手については次回レビューを。
DSC089984002,83200800191007080856
大きな大きなザリガニを捕まえたカワセミ♀。
食べられないと思ったか、すぐに捨ててしまいました。

今日は沢山ダイブしたので、いろいろ試してみました。
kf2_201910072056338b2.gif
飛び出しから戻りまですべて合焦。
ファームが新しくなってからさらに安定感が増した感じ。

問題はα9Ⅱがどうなってくるか。
センサーは同じということで、みなさんガッカリしてるみたい。

でも、ニコンのD3S、D4Sに代表されるように、改良熟成版にハズレなし
ということを考えれば、結構期待できるんじゃないかと思ってます。
DSC002534002,86400400191007123210
TKN先輩にお願いして、色んな小鳥が現れる森に連れて行ってもらいました。
高い枝にちらりちらりと小鳥の影。

三脚の足を全部伸ばしてみたんですけど、
僕の5型ジッツオは意外と短い。しゃがみ気味にならないと打ち上げ撮影出来ない。

3型は足が長くて、相当仰角を稼ぐことが出来たのですが。
やっぱり3型良かったなあ。ぐやじい。
DSC003548005,6200400191007123903
エゾビタキさんをキャッチ出来て、嬉しかったなあ…。
また挑戦したいです。

止まって見える

P92906217,06,3320200190929165632
人間の眼のシャッタースピードはどれくらいか?
というのを時々考えます。

ゆっくり点いたり消えたりする光源を見ながら、点滅のスピードを
速くしていくと、やがて、ずっと点いているように見えてきます。

これがだいたい70~100回/秒だそうです。
となると人間の眼のシャッタースピードは1/70sくらいなんですかね。

僕らの眼球には、シャッター幕はないので、実際には脳の処理速度ということになる。
視覚情報を脳が処理する頻度が70Hzという周波数とも言えるでしょうか?
DSC_7972RAW_20191003132747dfa.jpg
1/70秒というスピードでは、カワセミのホバリングは羽ばたきには見えないはず。
実際に思い出してみてもあれは羽ばたきというか、小爆発みたいだもんなあ。

車の動画を見ていると、高速回転しているホイールが止まって見える
時がありませんか?アレを印象的に使ったコマーシャルとかありますよね。

これに関して面白い動画を見つけました。



これいいなあ。僕らもチャレンジしたくなりますね。
全部のフレームにホイールが同じ向きでが記録されているとこうなる。

例えば、このホイール。エンケイ製 1968年復刻モデル。
ENKEI SPOKE
こういう五芒星がベースのデザインは
1/5回転ごとに星が正立の位置になります。

僕のクルマにこれを装着してみた場合、どれくらいのスピードで
走るとホイールが止まって見えるのか。

VWパサートのタイヤ(235/55/R18)の外周長は≒2250㎜。

1/30秒ごとに外周の1/5の長さを進む速度は時速48.6㎞とでる。
これくらいで走ると、並走車からはホイールが止まって見える。

一般のホイールのようなシンメトリカルなデザインではない場合はどうか。
たとえば漢字とか。
vewooca003465.jpg
中国で走ってそう(汗)

このデザインだと、1/30秒ごとにきっちり1回転で字がみえるはず。
1/30秒ごとに2.25m進むってことは…時速243㎞だ!

パサートじゃそんな速度は出ない。
スーパーカーじゃないと駄目だ。

並走して撮影するクルマも大変だね。
いや、そんな心配はどうでもいいけど。

でも、考えてみてほしい。回転するホイールの中心に「寿」が浮き出てきたら
無茶苦茶コーフンするんだけど!
P9081656174,0640200190908160827
この「止まるホイール現象」はなんと呼ぶんだろう?

最近、生物学者の福岡伸一さんが、その仕組みを詳しく
週刊誌に書かれていたんですけど、ワゴンホイール効果と言うんだそうです。

長年の疑問がやっと解決しました。福岡先生ありがとう。
ところで、動画じゃなくてもこの現象を見る機会はある。

扇風機のスイッチを切ると、だんだん回転が遅くなって、
羽が止まって見えたり逆回転したりするでしょ?

福岡先生によると、あれは、室内照明のフリッカーが、
そのようにみせているんだそうです。
P9071521174,51000200190907154251
動画や照明には一定の周期があります。
これでワゴンホイール効果が起こるのは理屈としてわかる。

でも、ワゴンホイールは日中、屋外でも起こるんですよ!プロペラと独楽とか。
太陽の光は途切れることのない定常光。ホイールワゴン効果が出るハズがない。

となると、これは我々の脳に、何らかの周期が存在するということです。

福岡先生によれば、人間は映像の変化を一定の時間ごとに、
小さなデータのまとまり(=パケット)として処理しているのでないかとのこと。

絵をひとまとめのパケットとして処理するというのは、
PC上で動画を圧縮するときのGOP(group of picture)と同じですよ!なかなか興味深い。

もしかすると、その処理速度こそ、脳のシャッタースピードなのかもしれません。

これはかなり個人差がありそう。合気道の開祖、植芝盛平は、発射された
拳銃の弾を見ながらよけることが出来たそうですから、脳のクロック数はスパコン並みかも。

僕のは年々、下がる一方。SSが下がっていいことって…あんまりないよね。
いやはや。

喪失、リハビリ、ホバリング

P92905687,010800200190929163532
E-M1MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO

14連勤だの、停電騒ぎだのと、全く落ち着かなかった今日この頃。
やっと、通常の日々が戻ってきました。

日曜日の夕刻、夕焼けを撮影。ま、たいして焼けなかったんですけど
こんなに落ち着いた気分で撮影したのは、ずいぶん久しぶりでした。
DSC071214002,84000200190930085338
α9 FE 400mm F2.8 GM OSS

そしていよいよマイフィールドへ復帰。やっと帰ってきた!
で、気が付いたのです。三脚がナイ。

記憶を辿ると、夕焼けを撮影したあと、
クルマの中に入れた記憶がない(汗)忘れてきたようです。

カワセミフィールドでは何回か忘れたことがあるんですけど
すぐ気づいて戻ってきてました。今回は盛大にやらかしてしまったようです。

管理事務所に電話したけど「三脚の忘れ物は届いてないです」とのこと。
そうですか…。

鳥撮り先輩のASKさんが、予備の三脚を貸してくれました。感謝です。
DSC072854002,82500400190930090937
現在のヌシである、翡翠女子。

メスがこのフィールドを支配するのは、今までになかったこと。
来年の春には、美しい姿になりそうでとても楽しみです。
DSC077424002,86400400190930100301
DSC077444002,88000400190930100301
久しぶりのカワセミ撮影。最初はちょっと泣きそうなくらい
動きについていけませんでした。

なかなか上手くならないのに、下手になるのはあっという間。
スポーツと似てるところがあるかもしれませんねえ。
DSC073674002,85000400190930092541
DSC073704002,85000400190930092541
短時間にたくさん撮影できまして、ホクホク。
職場に行く前に、ちょっと撮影画像を確認してガクゼン。

全然撮れてない…ピンぼけばっかし。
とにかく離水が壊滅的。これじゃあ帰れん!
DSC081754002,82000200190930122529
運動公園に寄り道。今年生まれの子が頑張っていました。
ここでは手持ちで撮影。

じっくり考えて飛び込むタイプの子のようで、
10分くらいで手がシビレてきました(汗)
DSC081014002,82000200190930122443
DSC081024002,82000200190930122443
DSC081034002,82000250190930122443
DSC081044002,82000250190930122443
DSC081054002,82000320190930122443
DSC081064002,82000320190930122443
飛び出しからしっかり追っていけてるつもりでも
速度は2次曲線的に上がって行きます。

突入の瞬間は、電子シャッターだと、極めて高率にブレが生じます。
1/4000sくらいは欲しいところ。ここは暗いからねえ。

水に飛び込んだ後もダメダメ。コレは単に下手だから。
嗚呼、マジに錆びついてるよ!

突然のホバリング。
DSC082314002,82000100190930122722
ちょちょっと、MFで微調整したあとは、安定して食いつく。
GIFを作成してみました。
kf_201910011919405db.gif
撮影順に画像を並べてGIF化すると、羽ばたいているように見えない。
逆順にしたほうがイイよ、と師匠に教えてもらいました。

今回も、逆順で作成しました。
P92906637,08,0500200190929165826
夕方、置き忘れた場所に行ってみたけど
やっぱり無かったです(涙)

10年以上使ったザハトラーの雲台とジッツオ3型。
新しい主人の元でも頑張ってくれ…。

もちろん、持って行ったヤツには盛大な天罰を。
とりあえずドブにでも落ちとけ!







プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR