FC2ブログ

真夏の海辺で考える

DSC04967.jpg
相変わらず暑い日が続きます。

最近は、「本当に暑いですねえ」の後に、
「やはり地球温暖化でしょうか」と言われることがやたらと増えてきました。

いつもどう返していいのか困ってしまうのです。

「そうですねえ、異常ですよね」そんな風にいい加減な返事をしているわけですが、
こんなんでいいのかといつも悩みます。

かと言って、「今も本当は氷河期なんですよ」みたいな訳知りの返答を
返されても、イライラするばかりですし。
DSC04909.jpg
野鳥を待っているときに、

「このレンズは何倍?」」

としょっちゅう聞かれて困るという話を師匠にすると、

「彼らは別にカメラに興味があるわけじゃないんだ。
おしゃべりのきっかけが欲しいだけなんだよ。」

そう言われてはじめて合点がいきました。
温暖化の話も、たんなる飾りで別に気にすることはないんでしょう。

ちょっとだけ涼しい動画をアップしました。



この動画を撮ってた時に、港を歩いていたお年寄りに

「今日も暑いねえ」

そう話しかけられて、でも、ここ数日過ごしやすいですよね!
と返事すると

「あ、ああ…そうだね」
DSC08704.jpg
うーん、またやってしまったなあ。
ホント暑いっすねえでいいんだっつーの!

あこがれているうちが花

DSC07758.jpg
ずっと前から憧れていたクルマに乗ったのに、
どうも考えていたのと違う。スゴイのはスゴイんだけど…。

どうにもモヤモヤするのでもう1回借りてみた。
結果、乗り出して1時間もしないうちに飽きてしまいまして。

そうなんです。あんなに憧れてたのに。すっかり興味が無くなって
しまったのです。なんてこったい。

フェラーリの新車が出るたび、雑誌で飽きるほど眺めては、ため息。
これまでずっとそうでした。

F355から360、F430とニューモデルがでるたび、入念にチェック。
そして458が発表されたとき、そのスタイリングをみて、これだ!と。

何度となく残価設定ローンのシミュレートもしたし、勇気を出して
ディーラーにも行きました。しかし乗ってみるとイメージと全然違った…。
DSC07666.jpg
すっかり魔法がとけてしまい、祭りのあとのような気持ちです。

こうなったら去年にオーダーしたスーパーセブンをひたすら待つしかない。
契約から10か月経過してますが全く音沙汰なし。

待たせてすまんな、とかそういうの一切なし。なしのつぶて。
これってある意味、フェラーリより傲慢なビジネスであります。

フェラーリは納車待ちが長いことで有名です。1年くらいは普通。

その間、CEOからの革装のサンクスレター、生産中の自分のクルマの写真、
オーダーしたものと同じカスタマイズが施されたミニカーなどが折に触れて届く。

一方、セブンの契約時に貰ったのはボールペン1本(涙)
しかも明らかに使いかけだった。

「良かったらどうぞ」

って差しされたときは、「無礼者!」と極太ステッキで殴ってやろうかと思いました(爆)
ステッキもってないけど。気持ちだよそういう気持ち!

でも、意外とそのボールペンの書き味が良い(笑) しかもペンがなくて困ってるときに
ひょっこり出てくるという特性があって、今はすっかりお気に入り。

それにしてもペン1本ってなあ…。
DSC07869.jpg
オーダーに際しては、ディーラーの人から

「忘れてることもあるから、遠慮しないで急かしてね」

そう笑顔で言われました。注文忘れるってウチの近所のパン屋かよ!
まじに何かトラブルがあっても自分で何とかするしかないという気がしてます。
DSC07657.jpg
クルマ雑誌の仕事をしてる人を知ってるんですが
仕事で色んなのに乗るんで、だんだん何も感じなくなると言ってました。

これって不幸だよなあ。憧れて妄想膨らませているうちが楽しいんだよ。
西遊記の三蔵法師だって、見たことないから天竺(インド)に行きたいわけで。

あの時代にネットがあったら絶対行かないよ。目的の経典も家で読める(笑)
Googleストリートビュー見て、はえ~インドってこんなとこなんだ。なんてねえ。

何でもわかるってのも良くないなあ。かといって、スーパーセブンのように
わからなすぎるのもどうかと思うよ。僕のクルマ、ホントに作ってくれてるのかしらん。


ブルーライトで失明って…(汗)

DSC08414.jpg
8月14日のYahoo!ニュースにはぶったまげました。

スマホのブルーライトで失明早まる可能性という扇情的な見出し。
暗闇でのスマートフォンの使用がその一因…ってオレのことじゃん!

加齢黄斑変性って一番かかりたくない病気のひとつ…やだなあ。
視野が歪んだり、中心部が見えなくなったり。これがジワジワ進むのです。

この記事を読んで、慌ててブルーライトカット眼鏡を買いに行った人も
多いんじゃないか。この記事がステマなら超優秀ですよ。
DSC08485.jpg
この際だから、ブルーライトについて考えてみることにしました。
かなりテキトーです。だって物理苦手なんだよ…。

パナソニックのサイトから頂いてきました。標準比視感度曲線というやつ。
僕らの眼がどの色に一番敏感かという。
CC018.gif
これで見ると黄緑が一番明るく見えるんだね。
いっぽう、青にはあんまり反応してない。これなら別に問題なさそう。

でも、本題はそこじゃなくて、波長なんです。

Yahooニュース中にある、「青い光はパワーがあり周波数が短い」という文。
正確には、周波数が短いからパワーがあるのです。

物質による電磁波の吸収 E=hv=hc/λ

h  : プランク定数 6.62607 ×10-34 [ Js ]
ν  : 振動数
c  : 真空中の光速 2.99792458×108 [ m/s ]
λ   : 真空中の電磁波の波長 [m]

・・・うん、もうやめよう。誰も望んでないんだ。

要する、波長が短いほど、物質に吸収されやすい。
ここが大事。海が青く見えるのと同じ理屈です。

波長の短いブルーライトは網膜に吸収されやすいわけですな。
もっと波長を短くすると紫外線になる。紫外線も人体に吸収されやすい。

スキーの後、眼が真っ赤になったりするでしょ。雪眼炎ってやつ。
あれは網膜じゃなくて角膜の炎症ですけど。
DSC08304.jpg
で、一般的な液晶パネルやスマホに使われてる白色LED。
あれは青色LEDと黄色蛍光体の組み合わせで出来てます。

なんで青色なのかって、それは可視光線の中でも波長が短いから。
蛍光体の役割は青色を吸収させて、波長を伸ばすこと。

つまり青から、黄色とか赤を作ってるわけね。
White_LED.jpg
これは白色LEDのスペクトル分布図。

これで見ると、一目瞭然。波長の短いほう=青に、鋭いピークがあるんだよね。
どうもコレが良くないらしいと考える人たちがいるわけです。

動物実験では青色LED飼育下でマウスの網膜に変性が起こることが報告されてます。
これはいろんな研究者が同じような結果を得てます。
DSC08400.jpg
ブルーライト有害説を眉唾と考える人たちもいます。
青空をずっと見てると、目が悪くなるんかい!と。

晴天の太陽光が10万ルクス。蛍光灯の室内が500ルクス。
スマホの光はもっと暗い。それで何が起こるの? うむ、もっともな意見だと思う。

Yahooニュースでは紹介されてなかったけど、同じ論文を解説した
他のサイトの記事では、

光量を考えると、そんなに害はないんじゃないか(it's not great but it seems tolerable)

という穏当な意見も載ってた。
DSC08367_20180816234125d17.jpg
ブルーライトを危険だと考えるひとの懸念は、暗がりだと
瞳孔が開いて、ブルーライトに対して無防備な状態になってしまうこと。

対策としては、暗い部屋で使うのはやめよう。ブルーライトカットフィルタや
保護メガネを使おう。そういうことですね。

それよりは画面の輝度を下げた方がよさそうな気もしますが。
DSC08442.jpg
で、やっと加齢黄斑変性のはなしにもどってきた。

Yahooニュースでは7人に1人の割合で…書いてある。
そんなに多くはない!日本人なら1%くらいです。

米国では、失明の原因の1位がコレなので、彼らとしては切実です。

原因はいまだ不明ですが、最大の危険因子はタバコ。
次が太陽光と言われてます。特に紫外線や青色など波長の短い成分。

なので、青色LEDに対して彼らが危機感を覚えるのは当然の流れと言えるかも。
しかもLEDの実用化はごく最近の話。

50年くらいたって、今の子供たちが次々視力低下に陥ってから
しまった!じゃあ間に合わない…そういうことなんでしょうね。
DSC08341_20180816234123912.jpg
最後に、ニュースになったネタ元の論文はScientific Reportsに載ったもの。
衝撃的な内容であり、色んな科学系サイトに解説記事が載ってます。

で、元の論文をじっくり読んだんだけど、まったく理解不能(涙)
ここ数日、ヒマを見つけては読み込んだんですけど…。

今週まったく更新出来なかったのも、コレが原因です。
もう疲れたので、しばらくはこういうのから離れます。


写真はすべてRX100M5 

サンタン

DSC01241.jpg
この暑さで全く外に出る気がしないわけですが、大人はもちろん子供も出ない。
というより、子供の日焼けは有害という風潮です。

特に白人は気にする。というのも、白人の人々は僕ら有色人種なんかより
ずっと皮膚の悪性腫瘍にかかりやすいんだよね。

Fitzpatrick scaleというのがあります。
s.jpg
Epidermal Melanin メラニン量
Cancer Risk がんの危険性

肌の色が濃いほど、皮膚がんになりにくい。わかりやすいね。

日焼けすると、赤くなるだけで、褐色にならないようなヒト。
具体的には金髪、青い目。そういうひとは気を付けないといけない。

そもそも、日焼けして黒くなるのはメラニン産生によるものです。
メラニンは紫外線をよく吸収するわけで日焼けって一種の防御機構なんです。
DSC01115.jpg
色白のヒトは紫外線によるDNA損傷を起こしやすい。特に白人は。

紫外線の害を啓蒙するサイトをみてると、
室内も注意せよなんて書いてある。

室内にいても紫外線は結構浴びてるものなんだそうで、防御が望ましいと。

「米国の学校では授業中の帽子やサングラスは禁じられているが…」

という一文があって吹き出してしまいました。
どこの国だって禁止だよ!
DSC01433.jpg
それにかぶれたんだかなんだか知りませんが、
最近は日焼けの害を気にする風潮が我が国でも目立ちます。

「生涯に浴びる紫外線量のうち80%を18歳までに浴びる」
という衝撃的な文がやたら出てくる。

いろいろネタ元を探すんだけど、
「だそうです」 「らしい」 の連続で要するにコピペなんだよ。出典がわからない。

で、いろいろ調べてみるとStemらがDermatologyという雑誌に発表した論文にいきつく。
1986年だから、もう30年以上経つ、ずいぶん古い論文ですよね。

そんなわけない!という反証も当然行われており、それを読むと
基本的に年齢=被爆量で、18歳までに浴びる量はぜいぜい25%です、となってる。

そもそも、ひとによってずいぶん浴びる量は違うはず。

ゲームオタクからサラリーマンという人生と
野球少年から漁師という人生では浴びる量はかなり違うだろうし。

前掲の論文ではゴルフの愛好家は紫外線をより浴びるとなってる。なるほど。
釣りや鳥撮りもたくさん浴びてそうだね。

様々な論文で示されている通り、紫外線は皮膚の老化を早めるし(光老化)
過度の日焼けは、腫瘍のリスクを高めるわけです。

出来れば、帽子かぶったり、日焼け止め(SPF30以上)を使ったほうが良い。
DSC01202.jpg
それでも、相変わらず日焼けしたい人は多い。

小麦色なんて、今は死語となりつつあるけど、
夏の生ビールCMは、程よく日焼けして白い歯の娘じゃないとしっくりこない。

論文を読んでるとやたらとインドア・タンニングという言葉が出てきます。
日焼けサロンのことだね。
Inside_a_tanning_bed,_March_2006
サンタン、というと、程よい日焼けの意味になる。

70年代に欧米で日焼けサロンが大流行したんですが、
現在、若年者への使用は法律で禁じる国が増えてきました。

日焼けが大好きな若者になんでそんなに焼くの?と聞いたら

「自信がつく」
「なまっ白い自分を想像できない」
「日焼けは生活の一部」

なんだそうで、りっぱな依存症だよ。人間やめますか、日焼けやめますかのレベル。
将来困るかもよ、なんていっても響かないだろうなあ。


フェラーリ458 憧れのヒトは、会ってみたら全然違った!

DSC07235.jpg
ついに乗ることが出来ました。フェラーリ458イタリアであります。
お借りしたのはロペライオ青山店。前に、カリフォルニアをレンタルしたお店です。

458は最後の自然吸気モデルになるとも言われており、人気が一向に
衰えません。新車はオプションなしで2830万円(当時)

例を挙げると、走行1万4千㎞の2012年モデルが2490万とか。
全然値段が下がらない。6年落ちの中古車がですよ?異常だよね。

残価設定ローンを組む場合、フェラーリは3年後の残価を75%で設定できる。
新車でも中古車でも。これは、どのメーカーもマネ出来ません。
DSC07147.jpg
こういう超高額な車を、一日自由に出来る機会はそうそう無いわけで。
いやはや、ありがたいことです。

レンタルした個体は、ボディがイエロー、ルーフがブラックの組み合わせ。
DSC07264.jpg
458が新車のころから、「俺458」を組み立てる妄想にふけって
いたわけですが、これが一番いいなと思ってたんですよ。

アンダードアカバーも黒くすると、「くびれ」が出来てぐっとセクシーに。
いやもうなんたる偶然。脳内妄想そのままだよ。
DSC06876.jpg
それにしてもカッコいい車だなあ…。
写真を何枚とっても飽きない。

乗る前に、あきれるくらいたくさんシャッターをきりました。

小学生の頃、スーパーカーショーで衝撃を受け、
同じように写真をたくさん撮ったのです。

あの時、脳が焼かれて、いまだにその鋳型が残ってるんだ。きっと。
DSC06338.jpg
借りる前にとても心配していたこと。それはボディの傷です。
飛び石などの不可抗力で、傷をつけてしまったらどうしよう。

修理代高そうだし…(免責は20万)

結果的にそれは杞憂でした。大きな傷はないものの、ボディやホイールの
各所にちいさなスリキズ多数。お店の方のチェックもごくあっさりとしたものでした。

そこまで神経質になる必要はないようです。
自分のだったら、メチャ気にするとおもいますけど(汗)


フェラーリのオプションはとにかく高い

DSC06310_20180808104545e69.jpg
フェンダーの上に付いてる、スクーデリアフェラーリのエンブレム。
七宝焼きなんですこれ。15万円もするオプションですが、ほぼ全車装着のアイテム。

リアのディフューザー。これも高い。
DSC07386.jpg
カーボン製に交換すると、77万円(新車当時)現在は102万円に高騰。
外から見えない、しかも削れやすいパーツ。だけどこの値段…。

隣に見えてる、3本だしのマフラー。普段は中央から排気。
高回転域でバルブが開くと、左右から炸裂音発生!

この個体はテールパイプがクロム加工されてて8万円。
チタンなら15万。うーむ。
DSC06593.jpg
カーボンがあしらわれたLED付きステアリングは42万。
インテリアを全てカーボン調にするとセットで95万円。

これらはあくまで一般的に利用できるオプションで、よりカスタマイズ性の高い
「テーラーメイドプログラム」を利用すれば、トータル1000万超えも普通にあるとか。

でも個々にみていくと、これどうなの?って。
DSC07497.jpg
例えば、ヘッドレスト部に入っている跳馬の刺繍。
これも人気の高いオプション。12万円。

クリックで拡大。
DSC07496.jpg
なんか、こう不揃いかつ隙間が目立つ。
母さんが夜なべして編んでくれたみたいな感じじゃない?

手作りなのは伝わってくるけど、値段に見合うクオリティとは思えない…。
DSC06895.jpg
シートレール後端。こういうの萎える。
3000万以上するクルマなのに。僕のじゃないけど。

走りに関係ないところは、どうでもいいと思ってるようです。


大事にしないとフェラーリはすぐボロくなる

このクルマは2012年製。シリアルプレートに記録されてました。
6年落ちということですね。
DSC06252.jpg
ドアの内張りはすでに波を打ってしわしわです。
こんな短期間でダメになるもんだろうか?

エアコンのスイッチ類は情けないくらいの安物で
一部は破損してました。
DSC05904.jpg
パワーウインドウのスイッチは他の車種と共通。
強く引くと取れる(笑) さすがイタリア製。

細かいことを気にする人は絶対向かない。
昔からのオーナーは、「そんなもんだよ」と笑っていました。
DSC06504_20180808184431ac9.jpg
458のステアリングは、フェラーリF1を彷彿とさせるレーシーなもの。
見ているだけでもわくわくします。

ほぼ全ての機能がこのステアリング上に集約されています。
ウインカーも、手を離さずに、スイッチを押すことで操作。

ステアリングコラムにはシフトパドル以外、レバー類はついてません。

問題はそのウインカー。押した感じが頼りない。ヘナヘナ。クリック感に乏しい。
これも経年劣化のようです。素材もいかにもプラスチック…という。

以前はスイッチ類が経年劣化でべたべたと溶けた。コレは溶けることは
なさそうですけど、ともかく手応えが悪くて押すたびにイライラします。


458は静かだった

走りだして驚いたのは静か!なんですよ。

今まで乗ったことのあるフェラーリは低速でもボーボー唸ってて
長時間乗ってると、たいていアタマ痛くなる感じ。
DSC06727.jpg
458はスポーツモード・3000回転以下なら、ほとんどエンジン音が聴こえません。
乗り心地もそんなに硬いわけじゃないし、とにかくラクチン。

長距離ドライブも普通にこなせちゃうと思います。
DSC05818.jpg
カッコいい車は、例外なく視界が悪い…と思ってたんだけど
458は車幅もつかみやすくて、斜め後ろも何とか見える。

こんなフレンドリーなスーパーカーは初めてです。よく出来てる。

ご多分にもれず、458はエンジン始動時に爆音が響きます。
アウディR8を買って、わずか1か月で売却したのはこれが理由。

ところが、458はすぐに静かになります。うるさいのは最初だけ。
これならご近所迷惑も最小限で済みそうです。
DSC06543.jpg
ハンドルについてるモード切替のスイッチ。
「マネッティーノ」と呼ばれてる。意味は「ちいさなスイッチ」

これを「レース」にすると、低回転からボーボーと
エンジン音が響き、いつものフェラーリになります。
DSC05982.jpg
458のエンジンは9000回転がレブリミット。市販車とは思えない驚異の高回転型。
アクセルを踏めは、もたつくことなく、あっという間にリミットへ…。

動画を撮ってみました。



ブリッピングの際に火花が出てるのが確認できますね。
後で確認してびっくりしました。

非常に素晴らしい音なんだけど、雑誌に書いてあるような

「暴力的」「野獣の咆哮」

みたいな言葉で形容されるような感じではなかったです。
窓を開けて、トンネルで踏むと、ああすごいなあとわかるくらいで。

アクセルをベタ踏みしても、車体が安定しているんで、
あんまり怖くないんですよ。エキシージSの時みたいな

「このまま踏み続けると死ぬかもしれない」

みたいな切迫感はなかったです。

野獣みたいな人だと思ってたのに、会ってみたら
ちゃんとスーツ着て、礼儀正しかったみたいな感じですよ。
DSC06691_20180808192230d5b.jpg
渋滞が辛いのは相変わらずです。
7速DCTはストップ&ゴーが苦手。

パドルを両方引くとニュートラルになるんで、止まるときは
空走すれば良い。でも低速でのシフトアップは、どうしてもガクガクです。


意外と実用的

以前、360モデナだったか、シューマッハが座席後部に
小型のゴルフバッグを載せて友人と出かけるPVをみたことがあります。
DSC06645_20180808192232ed3.jpg
458でもシート後部にちゃんとスペースが確保されてまして
これはいいなあと思いました。

トランクも結構広くて深い。エンジンとは離れているので
極端に熱くなることもなさそうです。
DSC07003_2018080819223308e.jpg
革製の工具ケース(おそらくSCHEDONI製)が無造作に
入れられてましたが、革が剥がれて散らばってた。悲しい…。


いつなんどきも特別な存在

普段i8で走ってる時と明らかに異なるのは、割り込んだり
煽ってくる車が皆無ということです。

腫れ物に触るような感じといいますか。

合流するときも、いつの間にかスペースが開いている(笑)
なるほど、これがオーラと言うものだなあと感心した次第です。

僕だって、フェラーリが合流してきたら、前をあけると思う。
後ろからゆっくり眺めたいものね。
DSC06816.jpg
丸一日、夢のような時間を過ごしました。クルマの特殊性を考えると、
レンタル料・税別49800はバーゲンプライスと言えます。

実際に所有されているオーナーも、購入前に
じっくり試乗出来たひとはほとんどいません。

新車だとオーダーしてから最低1年は待つわけです。
少しでも早く手にするには見切り発車するしかない。

特別なモデルともなると、購入出来るのは限られた顧客だけ。

「新しいモデルが出るみたいですけど、内容は我々も全くわかりません。
オーダーされますか?」

なんていう訳の分からないセールスなんだそうで。
そういう意味では、じっくり比較検討するような商品じゃないです。
DSC07051_201808081922276c8.jpg
今回の試乗では、本当にいろんなことを考えさせられました。

仮に、資金に余裕があって、勢いでこの個体を買ってたら、
どうなってただろうか…とかね。

感激することもありましたし、なんだか想像と違った部分もある。
でも、とにかく乗ってみて良かったなあと。それにつきます。


プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR