FC2ブログ

E-M1MarkIIIのベストレビューは…

P32319481502,8400400200323151711
デジカメWatchの E-M1MarkIIIのレビューがすごい。
E-M1やMarkⅡのユーザーが読むと

「うおおおマジか!」

となるでしょうね。とっても欲しくなります(笑)
P32309401504,01000200200323133329
レビュアーがそのメーカーの製品に精通してるか
どうかはすごく重要です。

某サイトで、1DxMark3のレビューをレビューを
読んでいて、

「僕は普段、一枚ずつ撮影し、連写を使うことはない」

と書いてあり、めまいがしました。
よりによって超高速連写機のレビューをなんで引き受けるかね。断ればいいじゃん。
P3160099124,050200200316180637
その点、デジカメWatchのレビューは
自身がMarkⅡを使っている方だったので、すごく良かったです。

・10%以上の残量があれば給電しながら撮影できる
・ハイレゾは「手持ち」と「三脚」なら「手持ち」のほうが階調が優れている、

などなど貴重な情報がいっぱい載ってます。

思ったのは、ネガティブなことが書いてない文章は、
読後も爽やかでいいなあってこと。

僕が書くと悪口ばっかりだもの(汗)
P2160382_20200327092544c94.jpg

淀川長治という映画評論家は褒めてばかり、
と言われてましたが、良くない所は全く言及しないんです。

役者の演技に触れずに、衣装とかセットばかり
褒めるてると、かえってそれが浮かび上がるという。

今回のレビューでは動体に関する話題はゼロ。
大して変わってないってことかも(笑)
P2160677_20200327092542663.jpg

読んでいて楽しく役に立つレビューでしたが、
1点だけ気になる部分があります。

E-M1MarkIIIの目玉機能のひとつ、「瞳AF」について。

確かに大幅に改善されています。
人物を撮るときはとても有用な機能です。

問題は、中央一点に設定していても、
「瞳AF」が優先されること。

つまり真ん中に合わせたいのに、
画面端の瞳にAFが持っていかれるってことです。

中央一点をユーザーが選ぶっていうのは、
どうしても真ん中に合わせたいっていう強い意志があってのことだと思うんです。

なのに、そこより大幅にそれた瞳に
AFが吸い付くのはどうしたっておかしい。排他利用にすべきだと思う。
P32314951502,8200200200323144055
E-M1Xの時も思ったんですけど、
画面全体に多数の認識枠がドバっと出てきてすごく見難いことがありました。

後日、α9Ⅱの設定をいじっていて、
全く同じ現象が出せることに気づいたのです。

つまり、出来ることは出来るけど、使いにくいから、
OffにしてあるんだねSonyは。

オリンパスは、こんなことが出来るようになったよ!
見てみて!という感じ。

このへん、メーカーの姿勢が全く違うのが興味深い。
…というかオトナになってくれよオリンパス。

うむ、今回も悪口ばっかりになってる(汗)
でも、それも一つのオリンパス愛なのよ…。

宇宙戦艦 発進す

P32215113004,02000500200322082534
E-M1MarkIII M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

E-M1MarkIIIでやっとまともなダイブが撮れました。
今回は三脚を使い、手振れ補正をオフしてます。

これは300㎜F4PRIOだけの特殊事情。

普段は手持ち、手振れ補正ONですが、
カワセミダイブだけは、設定が大幅に異なる。

大きくレンズを振り回す撮影では、強力な補正力が
裏目にでて、意図した構図から大幅にズレたり、ピンが背景に張り付いたりするのよね。

さて、前回、進水式で転覆(汗)した宇宙戦艦で
ありますが、今回無事にフィールド投入。
P_20200322_072652[1]4,71,712550200322072652
使ってみるとこれはなかなかカイテキであります。
E-M1MarkIIIだけじゃなく、α9ⅡもEVFについてはまだまだ発展途上。

個人的にはライカQ2の有機ELが現在のベスト。
でも、あれはレンズとのマッチングがばっちりのコンデジですから。
P_20200322_072626[1]4,71,712563200322072626
この外部EVFは決して精細とは言えませんが
大きく明るいのはやっぱり扱いやすいです。

オリンパスのドットサイトEE-1を横に設置して
両眼視もばっちりになりました。
P32215123004,02000500200322082535
ISO500 F4 1/2000s -0.3EV

で、カワセミ撮影はどうだったかというと、
レンズを振ると酔いそうになります(汗)

近距離の飛びモノは、何を使っても難しい…。
P32222463004,02000250200322113557
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO ISO200 F4 1/2000s +1EV

ミサゴくらいの距離感とスピードなら
すごく有用です。

残念ながらダイブはしてくれなかった…。
P32225563004,02500200200322124328
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO ISO200 F4 1/2500s 

この外付けEVFが一番威力を発揮するのは
動画撮影だと思います。

カメラの背面液晶は日中はテカって見難いし
本体のEVFをずっと見ていると、鼻息が録音されてしまいます(汗)

コチドリが目の前で水浴びを始めました。
120fpsのハイスピード撮影にトライ。



E-M1MarkIIIのハイスピード動画は元から
1/2スローで記録される仕様。音声は無し。

なので、通常のスピードにするには倍速再生
120fpsにするには、1/2スロー再生の編集が必要です。

αの120fpsは通常のスピードで再生されるほか
音声も入っていることを考えると、あまり使いやすいとはいえません。
P32225283004,02500200200322123657
困るのは、HDMI出力してると、ハイスピード録画は
無効になる謎の設定があること。

僕が一番やりたいことが、宇宙戦艦モードでは
出来ない。波動砲しか撃てないヤマトってどうなのよ。

やはり副砲も対角砲も使えないと…。
これは何とかしてほしい。
無題
今回もハイレゾ撮影をカワセミに使いました。
同じ300㎜F4のレンズを使用していても、画質の違いは明らか。

「手持ちモード」なら16回。
「三脚モード」は8回露光です。

こんなにたくさん露光してると、カワセミが動いて
ブレブレになりそうですが、露光は超高速連写で行われますので、あまり問題になりません。

8回露光なら、カワセミと猛禽はたいてい止まりますし。

週末、またテストしようと思ってたんですが、
全国的に天気が悪いみたいですね。

こんな時はヨドバシに出かけたいけど、
外出自粛になってるんで、ちょっとねえ。

ヨドバシやマップカメラはお店開けるのかなあ…。

このレンズこそ E-M1MarkIIIにベストマッチなのでは…

P32302191502,84000200200323130527
E-M1MarkIII  M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROが
発売されたのは2014年。もう6年も経つんですね。

実は、このレンズ、ほとんど使ってませんでした。
初代のE-M1で使っていた時、あまり良い印象が無かったのです。
P32301241502,85000200200323130244
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO ISO200 F2.8 1/6400s -1EV

しかしE-M1MarkIIIを買ってからは、コレばっかし。
新たなエンジンにばっちり合っている気がします。

近距離の飛びモノといえば、やっぱり花鳥園。
P32303191502,84000200200323131006
ISO200 F2.8 1/4000s -0.3EV

ラナーハヤブサによるフライトショー。
超近距離を凄い速さで旋回します。

トレーナーが振り回すルアー(疑似餌)に果敢にアタック。
このシーンの撮影はとても難しい。
P32304391502,86400200200323131023
ISO200 F2.8 1/6400s -1.7EV

以前、神戸でMarkIIと40-150の組み合わせでも
撮影したんですけど、かなり歩留まりが悪かったんです。

今回はバチピンのカット多数。

鋭く切り返すラナーハヤブサ。
とんでもない姿勢から急降下してくる。ほぼ背面飛行。
P32303661502,86400200200323131015
ISO200 F2.8 1/4000s -0.3EV

ついに、がっちりルアーを捕まえた!
P32305511502,82000320200323131046
ISO320 F2.8 1/2000s -0.7EV

以前300㎜F4PROで撮影したときはまるっきり
ダメだった。ま、さすがに換算600㎜は長すぎたんです。

それを差し引いても、40-150F2.8の性能は
ずば抜けてます。開放なのにピントがビシビシ来る!
P32313611502,82000640200323141441
メキシココガネインコ ISO640 F2.8 1/2000s -0.3EV

室内での撮影も勿論トライ。
300㎜F4PROだと、壁にAFが持っていかれる確率が高い。

150㎜F2.8PROはここでも強かった。
P3231006852,82000800200323133618
ハイイロエボシドリ ISO800 F2.8 1/2000s

追いやすいというのは当たり前ですけど、
良く張り付くのよね。AFが。

「MarkⅡとⅢで動体追尾力はあんまり変わらない」
そういうレビューが多いんだけど…。
P32311161502,820001000200323133954
キンムネオナガテリムク ISO1000 F2.8 1/2000s

この鳥も前ぶれなく目の前を横切るので
かなり撮影はむずかしいんですけど、ちゃんと写る。

やっぱりⅢのほうが撮りやすい気がするなあ。
P32308191302,8320400200323132548_1
久しぶりにみたワライカワセミの「ラフ」と「ララ」
繁殖の兆候が見られるとのこと。

見ていると、左の子が、隣に行きたくて仕方ない感じ。
でもリードが付いてるから、行けない…これは切ないね。

可愛いヒナが生まれるといいなあ。
P32315211502,816064200323145017
掛川花鳥園はいつ来ても素敵。
片道3時間という距離がツラいけど。

3時間かけるなら、飛行機で神戸花鳥園に
いったほうが早かったりするんだよね。うーむ。

ヒャッハーのモヒカンも泣き出すレベルの闇

P31800347,02,820s3200200318231515
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO  E-M1MarkIII  クリックで等倍 

かねてから星空を撮りたいと思っていました。
しかし、僕の地元は休みなく高炉が動く鉄鋼の町。

夜中でも西の空は常に真っ赤です。
P3210216524,02s200200321012458
個人的にこういう景色は好き。
室蘭や呉を訪れた時も、初めて来たような気がしなかった。

しかし、星を撮るとなると空が赤いのはいかにもマズイ。
無題
房総半島をひたすら南下して、突端までいくと
その先は太平洋。光を出すものは何もない。

ここまで行けば、満天の星空に会えるはず。
無題1
調べていくうちに、根本海岸という地名に
行き当たりました。

子供のころ、何度か遊びに来たような。

御神根島(おがみね)という神秘的な名前の磯場が
あります。穴場的スポットです。

問題は夜ということ。
4435707_p0_master1200.jpg
ひとけのないところで、こういうヒャッハーな人に
囲まれたら逃げ場がありません。

地元民の知り合いに聞くと

「今は暴走族はいませんねえ。というか若者がいません。」

ということでした。はい。
P_20200318_211932[1]4,71,7201377200318211932
仕事が終わって、そのまま南房総へGO!
おおよそ1時間くらいの小旅行。

明日も仕事なのに何やってんだか…。
P31800267,02,820s2500200318230412
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO 7㎜ ISO3200 F2.8 20s

満天の星空。予想通り素晴らしいながめです。

問題は、とんでもない強風。
この地特有の強烈な西風。大西(おおにし)であります。

冬だと、マジにすさまじい突風になります。
さすがにもう収まってるだろうと思ってたんですが。
P31800367,02,85s1600200318232104

なにより、暗い。暗すぎる。
超こええ!ヒャッハーだって、泣き出すよ。この暗さ。

光害を避けるためには、真っ暗のなか、
浜辺に歩いていく必要があるんですが、無理無理。

せめて星空AFだけでも…と思ったんですが
風でカメラが揺れまくり。全然効きましぇん。駄目だこりゃ。退却!
P3210168144,0206400200321001822
翌日、LEDヘッドライトを購入することに。
HEAD WARSという勇ましい名前の製品。500ルーメンの高出力。

充電式で、マメに消灯すれば10時間は余裕で持つ。
何より、怖さが1/10くらいになった!

ウルトラセブンに変身したような気分です。
眉間からエメリウム光線を照射しながら歩くかのごとく。
P3210161142,815s1600200321001050
椰子の木のシルエットと北斗七星。
トリミングなし。クリックで原寸。

オリンパス得意の比較明合成(ライブコンポジット)
14㎜でも露光が50秒くらいになると星が流れ出す…。

次は赤道儀かなあ…どんどん深みにはまってる気がする。

でも、これでロケハンは出来たので、夏は楽しく
天の川撮影を出来そうですね。

シーマスター ダイバー300M 007 エディション 大損したときはヤケ買いじゃ!

P31600117,04,020200200316180245
株価が大変なことになってますね。
リーマンショックを超える勢いで真っ逆さま。

僕は株や債券などの投資はしてませんが
仮想通貨には以前から興味があって、ビットコインにはかなりつっこんでます。

今回の相場で、順調に資産が半分になりました(汗)

ま、今までにも命より大事な金(爆)が紙くずになるのは
何度も経験してます。仮想通貨ではしょっちゅう起こる。

嘆いていても仕方ない。こういう時は買い物に限る。
シーマスター ダイバー300M 007 エディション ¥1,089,000
news_191212_omega007_02.jpg
新作映画「No time to die」で劇中ボンドが着用しているモデル。

007モデルは限定生産が常で、あっという間に
売り切れます。しかし今回は限定ではありません。

注文すれば、納期はかかりますが必ず買える。
投機目的のバイヤーの出番はありません。
se-diver300m-007edition-21090422001001-vuec-large.jpg
特徴としては、メッシュのチタンブレス。
007シリーズでは初です。僕の最初の印象は

「シブすぎる…お爺さんの形見みたいだ(爆)」

なんといいますか、若々しさがない。

それに較べて、ナイロン地のベルト(NATOストラップ)の
モデルは、色の統一感があってすごくイイ。
omega-seamaster-diver-300m-omega-co-axial-master-chronometer-42-mm-21092422001001-l.jpg
¥957,000。チタンブレスのモデルと較べて割安。
これ欲しい!

オメガブティックより商品が来ましたというお知らせを
頂き、いそいそと出かけてきました。
P_20200316_1709542,12,412527200316170954
行ってみてわかったんですが、
銀座の店舗のほとんどが19時閉店の早じまい。

開けててもお客が来ないってことなのか
お上のお達しなのか。
P_20200316_1719504,71,716026200316171950
早速ブツを見せてもらいました。うーむ。
チタンもカッコいい(汗)

僕が感じていたお爺さんテイストはあんまりなかった。
驚いたのは軽さとブレスレットのしなり。曲がる曲がる。
P_20200316_1713524,71,76045200316171352
「チタンってこんなにしなるのかって感じですよね」
「いや~ホントですね。すごい!」

お店の方とひとしきり盛り上がりました。

僕が注文していたNATOストラップモデルは
良いんですけどわりと派手目。

こういうのはやはり現物をみないとわかりませんね。
P_20200316_1720334,71,720025200316172033
悩みに悩んだのですが、いずれチタンブレスも
部品として注文できるとのことで、NATOモデルを購入。

ちなみにNATOモデルならベルトをもう一本貰えます。
これは正規店ならではのサービス。

チタンモデルはブレスが高いので、もう一本
というわけにはいかず、クリーニングのチケットになるそうです。

時計には007のロゴはなく、
英国官給品であることを示す「ブロードアロー」がついているだけ。

P101004540205400.jpg
∈みたいなマークがブロードアローです。

ジェームズ・ボンドが英国軍中佐であることから
これがついてるわけですが、スパイの身元が思いっきり割れちゃうような気が(汗)

時計裏には、007モデルらしく、様々な刻印が
されてる…らしいんですけどNATOモデルは、ストラップで見えない(汗)
P101004640200,3s400
ベルトループに007の刻印。
P1010050402010400.jpg
これは使っているうちにガリガリ擦れそう…。

付属品は保証書などを除くとこのポーチのみ。
P10100531522400.jpg
『女王陛下の007』の50周年モデルはケースだけで
7~8万円しそうな過剰包装でしたけど、今回はシンプル。

結構大きなもので、ポーチというより職人の
工具が収まる布ケースみたいな感じです。

P101005519224400.jpg
試しに入れてみましたけど、NATOストラップは
コシがないので、めっちゃ入れにくい(汗)

明らかにチタンブレス向けの設計ですな。
それにしても、NATOストラップは腕によくなじみます。

僕は皮膚が弱くて、カメラのストラップを
肩にかけると、真っ赤にミミズ腫れができてしまいます。

おっさんの敏感肌(汗)なさけない。
そんな体質でも、NATOストラップは柔らかくフィットします。

なかなかいい。

あとは、新作映画の公開を待つのみ…なんだけど
コロナ騒ぎで11月に延期になっちゃった。

その頃にはビットコインの値段も戻ってるね(白目)

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

月別アーカイブ

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR