RX10M3デジスコ 再び

20170424_110220.jpgずいぶん長いこと、フィールドスコープを使ってませんでした。
超望遠とハイスピードのブログを名乗っているのにこれじゃあイカンよ。

TSN-884にRX10M3の組み合わせははっきりってよろしくないです。
おおよそ1500㎜付近しか、使えませんし、画質も大してよくありません。
DSC00818.jpg
TSN-884 TSN-VA2B RX10M3


これ、ノートリです。確かに大きくは写るけど、トリミングはきつい。
きちんとセッティングされたデジスコなら等倍鑑賞にも耐えるんですが。

ピントはMFだし、そよ風でもぶれるし、やっぱりE-M1markⅡが楽ですよね。
P4242359.jpg
E-M1markⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

P4242268.jpg
遠い遠いホバ。絶対ピンが来ないだろうと思ってシャッター切ったら撮れてた。
いや、お前スゲエなあとカメラの肩を叩きたくなった。どこが肩かわからんけど。
P4242319.jpg
P4242320.jpg
P4242322.jpg
やっぱしいいですよねえ。押せば写るってのは。
デジスコは、何でもかんでも、全部人間が面倒みてやらないとダメなの。

だから燃えるってひともいるけど、基本ラクなほうに流れるのが世の常。
今や絶滅危惧種であります。



RX10M3のハイスピードはとにかく扱いにくい。

フォーカスも露出も固定で、たったの2秒しか撮影出来ない。(画質優先モード)
ハイスピード愛好家の僕も悶絶する最悪の操作性。

でもフィールドスコープにつないだ状態なら。フォーカスだけは変えられる。
これだけでも随分違う。
DSC00788.jpg
TSN-884 TSN-VA2B RX10M3

うーん、改造したいなあ。
もう少し使いやすくなるといいんだけど。

昔は、コンデジのレンズを取り出して(いわゆる玉抜き)、一眼レフのレンズが
付けられるように改造する勇者もおられたのです。

僕も真似してカシオのコンデジや、パナFZのレンズユニットを外したりしました。
しかし、RX10M3みたいな高額機材は失敗すると、眼も当てられません。そんな勇気はない。

次のカメラを買うための種でもありますし…。




ソニーの大容量モバイルバッテリ CP-S20 

P4161920.jpg
充電が好きです。なんか貯金してるみたいじゃない?
満充電のバッテリがいっぱいあると安心…しみじみ心の平静を感じます。

バッテリ消耗の激しいデジカメなんかは予備のバッテリ1個じゃあ心もとない。
特にソニー機は、減りが速い。

今数えたら、α7用のバッテリが全部で6個あった(汗)
RX10にも使うので、余るという事はないんですが。

ところで、今回のテーマですが、モバイルバッテリです。
僕、これと相性がよろしくない。

買うやつは皆壊れる。ひどいのだと買って2週間とか。
特別、乱暴に扱った覚えもないんですけどね。
P4220010.jpg
僕が今使ってるのは、ヨドバシで店員に「壊れないのはどれ?」と聞いて選んだもの。
1週間でインジケータの光が付かなくなった(涙)

武士の情けで、メーカー名は書きませんが「Rock」という会社の製品です(爆)
P4220009.jpg
妻が使ってるNTTドコモの商品はもう2年近く使って故障ナシ。
のび太の絵がついたいかにも駄目そうな商品もずっと使えてる。

なんで、僕が買うのは次々壊れるんだろう。

充電できるけど、放電しないものもあったなあ。貯めるだけしかできない。
何だか「禅」を感じる商品だったね…。

それで、今回はコレ。
P4220006.jpg中華製品に懲りたので、今度はSony製です。
何と20,000mAhで、USBポートは4個。
P4220011.jpg4人で飯食いながら、全員のスマホを充電出来るね。
おおよそ9回分の充電が可能と書いてある。9回。素晴らしい。

重さは510gと、これまたモンスター級であります。
ネオ一眼を持ち歩いているような感覚ですよね。すげえ重い。

でもいいの。弾薬庫がカバンの中に入ってるようなものです。安心感MAX。
どこからでも来いという。

RX10M3のUSB端子につないで、充電してみました。
P4220001.jpg完全放電のバッテリを充電してみたところ、1分で1%ずつ充電されていきます。
満充電までに100分。いけるじゃないですか、コレ。

出張先でバッテリチャージャーを忘れたときの絶望感ってあるじゃん?
これがあれば、いつでもどこでもOKでしょ。

バッテリの状態にもよるみたいで、15分で25%までいくこともありました。
給電しながらしようすると、増えもしなければ減りもしません。なるほど。

P4162010.jpgしかし、なんだってドラえもんショップの駄目そうなヤツが長持ちで
外見がカッコいいバッテリがすぐ壊れるのか…。

友人に聞くと、
「壊れるように作ってるんだよ。」

などととんでもないことを言うのです。ユーザーも長持ちなんて期待してない。
モバイルバッテリを常時持ち歩くやつは、たいていせっかちだから、駄目だったらすぐ別のを買うと。

「耐久性なんて考えてないんだよ。そういう商品なんじゃないの。そもそも電池でしょ?」

うーむ、なんだか寂しい話だなあ。充電好きとしては、納得いきません。
モバイルバッテリにも愛を!


飛びモノ 一番搾り

P4161568w_20170422105914874.jpg
E-M1markⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

コイツとは知り合いなんです。昨年の秋から。別に餌付けしたわけでもないんだけど
港の堤防にいるとすぐ近くに寄って来る。

この時は2mないくらいの激・至近での撮影。クリックで実寸大。もちろんノートリです。
オオセグロカモメの虹彩をじっくりご覧いただけます。P4161529.jpg
なんか、片足を伸ばしたまま飛ぶカモメがいるなあ…と思ってたんです。
よく見ると、ルアーと釣り糸が絡んでいるのがわかりました。

その後、糸は取れたけど、関節が外れちゃったみたいで、その後も足をぶらぶらさせたまま
飛び回ってます。コイツが近寄って来るとすぐわかる。
P4161818w_2017042210591771f.jpg僕のすぐそばを飛んでいく「ヤツ」。クリックで等倍。

全部の画像がノートリです。設定も全部標準のまま。元画像を圧縮して少し画質が
落ちてますけど、サイズは5184x3456で元のままです。
今回はヤケクソで全部そうしてみました。

堤防ぎりぎりに身を寄せて撮影していると、体がフレームからはみ出す。
夏羽のユリカモメ。拡大すると眼が可愛い。
P4161781w_2017042210591434d.jpg顔見知りのカモメとの違いは、撮影している僕に気付くと、びっくりして急旋回すること。
それはそうだ。鼻先に人が突然現れるんだもの。

あのカモメはやっぱりヘンなやつです。僕を見てもよけることすらしない。
P4160688w.jpg
地元の海にもツバメがやってきてます。
地を這うように飛翔するイワツバメ。逆光で暗くなっちゃったね。レタッチしたいなあ…。

E-M1markⅡになって本当に性能が良くなりましたね。
前は飛びモノは「絶対」駄目でしたから。

今は、しっかりフレームに捉えれば、撮れてそうな気がするんです。そして実際撮れてる。
P4160655w_20170422105910b6b.jpg
盛んに同じところをいったり来たりするムクドリ。いったい何だろう、と?
拡大してみたら、巣材をくわえてた。いよいよ本格的に子育てシーズンなんですね。

理想に近い機材が手に入ったし、今年は買い物を控えて撮影に専念したいと思ってます。


撮影は全てE-M1markⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
AF-C ISO:Auto 絞り:F4 1/3200秒

α9にさっぱりわくわく出来ない件



なんてわかりやすい動画なんでしょうね。
ナレーションも字幕もないけど、α9のすごさが良く理解できます。

ブラックアウトしないEVFでの秒20コマ連写とか。
ほぼ全画面に置かれているの693点像面位相差AFセンサーとか。

個人的には電子シャッターの動体歪みを排除というのが素晴らしいと思います。
しかし、わくわくしない。さっぱり。

何故かって、それはレンズですよ。未だにEマウント専用の望遠単焦点がない。
今回同時発売されるかと期待してたのに、出てきたのは、100-400mm F4.5-5.6。

ボディ性能のハイパーインフレだけが先行してるんです。
いまだにαのボディで動体を追うイメージがわかないのはそのせいです。

Eマウントのレンズラインをみてると、まあ同じようなのがいっぱい並んでる。
でも、これ欲しい!と思えるような尖ったスペックのレンズはほとんどない。

センサーが得意なのはもうわかったよ。次はレンズを何とかしない?

自分の得意科目では、大きな声で発言するけど、そうじゃないときは
ずっと寝てる才気煥発の少年。でも、そろそろ大人になって欲しいんだ。



我らが翡翠フィールド、崩壊す

20170417_092000[1]最近、RX10M3でのお手軽ハイスピード撮影を良くしてます。
以前は、リグ組んで脚もガチガチに固めて、外付けEVFもつけて。

ほとんど業者のような重装備。それに比べると、ずいぶんシンプルになりました。

コンデジ用のフロントテレコン(オリンパス TCON-17)をつけるだけ。これで約1000㎜。
ヒップサポートなんてしないし、USBで給電とか、超お手軽。それで十分です。
P4170090.jpgかたわらにE-M1markⅡを置いて撮影してたんですが、まあチャンスが逃げる逃げる。
二刀流はうまくいった試しないのに必ずやるのよ。わかっちゃいるけど…。


他にもたくさんチャンスがあったのに…無念。
しかし、今回のメインはこれじゃない。大変なことがあったんです。
P4171479.jpg僕らが撮影をしている河原は、昨年、大増水がありました。
三十年、この川を見てきた常連さんも記憶がないというくらいのレベル。

護岸がえぐられるように破壊され、巨大なブロックが河床にばらまかれている状態。
人間の力ではとても動かせない大きさです。
P4171021.jpg突然ユンボに乗ったおじさんが現れ、明日の豪雨に備えて作業したいと
いうのです、散らばったブロックを集めて即席の護岸を作るようです。

ユンボのおじさんはとても丁寧な方でした。常連さんたちは
「向こうは仕事だもん。しょうがないよね。」
どうぞ始めてください、と声をかけて見守ることに。

見る間に、我らがフィールドが変貌していきます…。


うむむ、ついさっきまで、翡翠が穴掘りをしていた土手が崩され
河床がみるみる乾いていきます。寂しい…。

それにしても、ユンボのおじさんの技術はスゴイ。バケットで川底をゴシゴシ
擦って、ブロックを探り当てて上手に掘り起して行きます。

どんどんブロックが積みあがっていくのをみると、重機版テトリス(爆)という感じで
ひたすら感心しました。熟練の技。

デスバレーのような光景のなか、翡翠はそれでも土手に止まったり、鳴き交わしたり。
うーむ、この先どうなるのかなあ。

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR