狭い後席=家父長制?

PC231140.jpg先日、PHEVのX5をしばらく乗る機会がありまして。
まあとにかくデカい。全高1762 幅1938。

こんなの日本では扱いにくいだけだよなあ。
なのに後席が狭い。何なのコレ。

信じられないことに、後席はスライドもリクライニングもしません。
ありえないよな。

車体は化け物のようにデカいのに。いったいフットスペースは
どこ行っちゃったの?

PC230025.jpg狭いね、とセールス氏に言うと、
「深く腰掛けて見てください。乗り方でかなり変わります。」

などと、座り方の指導を受けました。とほほ。
そういう問題じゃないよ…。

やっぱし疲れてる時は、足を投げ出して楽にしたいし、
シートを傾けて眠りたい。1千万を超える高級車でこれが出来ないって、絶対ヘンだよな。

PC230031.jpgでも、これはBMWに限った話じゃなくて、メルセデスもアウディもそうです。
後席のスライドや、リクライニングしない車種が大多数です。

家人の軽自動車(タント)なんて、シートを奥まで引けば荷室は犠牲になるものの、
ビジネスクラス並みかそれ以上のフットスペースが出現します。

DSC00101.jpgもちろんリクライニングもあり。目を瞑ればすぐ夢見心地に…ならない。
シートの出来がヒドいからなあ。でも、狭苦しいよりは、ずっといいです。

シート下の収納スペースとか、傘立てとかよく考えられてる。使いやすい。
日本の軽はリッチな車ですよ。

IMG_4975.jpgリアモニタもつけられる。画質も素晴らしい。
ちなみに斜め上に首を傾ける姿勢が、最も酔いにくいとされてます。

なんで、後席のスライドやリクライニングがされないのか。
ちょっと調べてみました。

まず、軽自動車のリアシートをいっぱいまでスライドさせるのは
危険だそうです。

軽自動車の後部安全性の危惧
(一般社団法人自動車生活総合研究所)


なるほど、確かに後ろからぶつかられると、もろに衝撃を食らってしまいそう。
シートの後ろにすぐ、薄いリアゲートがあるだけだもん。

さらにシートを後ろに引いて、 乗員とシートベルトとの間に空間を発生させると、
シートベルトの初期拘束力が弱まり頭部傷害値が2.5倍増加するという実験結果が出てる。
[1]

DSC00094.jpgタントのリアシートをいっぱいまで後ろに引いてる状態です。
確かに、シートベルトの効きが悪そうだね、コレだと。

これはパサート。広大な荷室はクラッシャブルゾーンとしての役割も
あるわけね。DSC00222.jpgしかし、リクライニングはどうなんだろう。ボタン一つでリアシートが
倒れて荷室を増やせる機構があるのに、何で?

ちょっと傾いてくれるだけで、劇的に楽になるのになあ。

DSC00240_20170325172106384.jpgこれはM3の後席。やっぱし狭苦しい。当然のごとく
スライドもリクライニングもナシ。

僕のようなチビが「狭い」と感じるんだから、大柄なドイツ人は
さぞ窮屈だと思います。

おまけに、妙にシートが固くて、長時間乗るのは苦痛です。
安全は何より大事…だけど、もう少し何とかならないものか。
PC231201_201703261232219f5.jpgすごい靴を履いてるんだね。X5。
315とか(汗)安全靴みたいだなあ。

軒並み車幅が1.9mを超えてきて、ますます車体はぶくぶく肥大化
してるのに、後席の人間は狭苦しいシートで姿勢も変えられないなんて
絶対ヘンだと思う。

優先順位の違いなのかね。運転席の快適性が1番。次が
トランクの容積。最後が後席。

後席に乗るなら日本のミニバンに乗るほうが楽だよね。
最新型だと各席にUSBジャックがついてたりするもの。

ドライバーが徹底的に優遇されるドイツ車をみてると
「家父長制」がここに生き残ってたのか、と。



[1]後部座席シートベルトの効果と課題 槇 徹雄



スポンサーサイト

かわうそ 川獺 獺

P3202043.jpg
E-M1markⅡ  M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
フィールドでよく見る動物と言えばイタチ。可愛い顔をしてますし、ほっそり長い体に短い脚がなんともいえずユーモラスであります。今回はコツメカワウソ。この子たちは見ていて本当に飽きません。P3201547.jpgとにかく表情がイイ!P3201590.jpg不思議な動きも見どころのひとつ。くるくる回転したり、腰を振ったり。少し動画も撮ってみました。
驚くのは、300㎜望遠端、手持ちでこの安定感…ちょっと異常だよなコレ。ビチーッと止まってる。E-M5の頃から動画の手ぶれ補正スゴイ!と思ってましたけどE-M1markⅡになって更に炸裂してます。今回から4Kになったし、いよいよ死角なしの様相を呈しておりますな。P3202094.jpgフンとオシッコをする時の動きも相当ヘンで大笑いなわけですが、ちょっと写真や動画で紹介するのは憚られるので、今回はナシ。まあでもカワウソ好きです。しみじみ。

指ですりすり

DSC00694_201703192040457c1.jpg先日、ニュースで高校生がスマホでネットを見てる時間が3時間を超えてるという話題が出てました。まあ、そうなりますわな。僕だって高校生の頃にネットがあったらそうしてたと思いますもの。何でも手に入るものね。you tubeで動画みたり、友達とチャットしたり。ゲームしたり…。IMG_5110.jpg宮崎駿「iPadは自慰行為そのもの」 「iナントカじゃ大切なものは手に入らない」
2010年の記事ですが、いまだに面白い。タッチパネルをさする様子をマスターベーションに例えてるわけですが、これだと高校生は毎日3時間自慰してることになります。まあ若いからなあ(爆)そういう問題じゃないか。宮崎駿にとっては、それくらいバカバカしいことに思えるんでしょう。
IMG_5086.jpg「誰でも手に入るものは、たいしたものじゃない」というのは、なかなか痛烈であります。
毎日のんべんだらりとWebリンクをポチポチしてるだけだもんなあ、俺。
でも、2017年現在、たいていの欲しいものは動かずに手に入ってしまいます。
本はKindleで即座に読めるし、音楽もそうですよね。GoogleErathで旅行も出来る。
昔、繁華街でカツアゲにあった場所をstreet viewでもう一度確認したり(爆)
IMG_5078.jpg
調べものも、Wikipediaのおかげで劇的に楽になりました。
そのままWikiの文章を引用するのも気が引けるので引用元のウエブサイトに
飛んで元の文章を読んだり、本だったらAmazonで買って読んだりするわけです。
んで、読んでみると、特に目新しいこともなくWikiに書いてあることが全てだったりするんだよ!
ジャンルにもよるけどWikiの文章って、すごく良くまとめてあるの。
これじゃあますますWikiに頼りっきりになってしまいそうです。
IMG_5184.jpg以前は、何かひとつ手に入れるのにも手間がかかりました。
・深夜にエロ本の自販機にお金をいれて(手が震えたなあ)、ゴトンと落ちてきた本を抱えて脱兎のごとく走り去る。
・見逃してしまったドラマをどうしても見たくて、雑誌の掲示板で「録画したひといませんか?」と聞いてみる。
・待ち合わせに失敗して、公衆電話から相手の自宅にかけてみる。

今、こんなことしてるヒトは勿論いません。ネットやケータイで全部すむ。
プロセスってものがなくて、即座に結果が出てくる。
掲示板の書き込みも3行以上だと
「長い。もっとまとめろ」
「こんなに長く書いて、結論がコレかよ」
そんな罵言が飛んできます。キレイにまとまった文章を読むのに慣れ切ってるわけ。
いつの間にか我慢の閾値がどんどん低くなってせっかちになっていく…。
IMG_5016.jpg
実際に何かを教わったり調べたりって無駄の連続です。
有料の講演会なんて、一個ヒントが得られれば良いほうです。
先輩から仕事のコツを教えて貰うのだって、日頃から媚を売って
下らない自慢話に延々付き合ったりしなきゃいけなかったりする。
そんならネット見たほうがいいや、となるんじゃないかと。
メンドクサイ手続きもなく、知りたいことが分かったらすぐログアウトできるもんね。

最近、特に多いんですが時間をかけて病状や治療方針を患者さんに説明したあと、
「だいたい納得しました。ネットに書いてあることと同じでしたから。」
「ネットには、○○は効果がないって書いてあったんですけど。」
これを何回も言われるようになりました。結構ヤバい状況かなと思ってます。


写真は全てEOS M5

かわはぎ皮剥ぎ

DSC_9616_2017031522223721a.jpgお酒はからきし駄目なんですが、酒のつまみは好きです。そういうヒトは結構多いんじゃないですかね。特に、焼カワハギとかカワハギロールという名前で売っている珍味。アレが大好物です。深夜、家族が寝静まったころ、一人キッチンでカワハギを食べるとしみじみ幸せを感じます。P3150997.jpgところで、カワハギ=皮剥ぎ、でありましてなかなか物騒な名前です。魚皮が剥きやすいからこの名前が付いているようですが、実際にカワハギをさばいているところを見た限りはめりめりばきばきと結構大変そうでした。それにしてもカワハギに生まれなくてよかった。皮を剥がされるのはかなわないなあ。DSC_9570.jpg人間の皮剥ぎは最も過酷な拷問の一つ。作家たちの心をやたらと惹きつけるものらしく映画や小説でも時折登場します。村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」では、「皮剥ぎボリス」の異名を持つロシア人将校が出てきましたし、ジョージ・R・R・マーティンにはそのものずばりの「皮剥ぎ人」という中編があります。映画「イングロリアス・バスターズ」に登場する米国特殊部隊の兵士は、1人当たり100人分のナチス兵士の頭の皮を剥いで持ってくるように命じられていました。最近だと、悲願のオスカーをディカプリオにもたらした映画「レヴェナント: 蘇えりし者」にもインディアンが頭皮を剥ぐシーンが出てきましたよね。DSC01245.jpgインディアンにとっては毛髪は霊力の源と考えられており、非常に大切にする…そうWikiに書いてあったのですが、敵の頭皮を剥ぐのはそこからきてるんでしょうか?霊力の源を奪われるというのは、この上ない屈辱を相手に与えるわけで…でも、それだけじゃなく手技が簡単というのがあると思うんだよ。髪の毛を取っ手にして、ひっぱると剥きやすそうじゃん?ものすごく同意しにくいね、この話は。でもそんな気がするのよ。そういう意味ではハゲの頭皮剥ぎは、ものすごく難しそう。持つところがないし、ツルツル滑って、やりにくいことこの上ない。何の心配をしてるんだ俺は(汗)ちなみに脳外科の手術でリアル頭皮剥ぎをさんざん見てきましたが、ペロリと簡単に剥けてました。そういうもののようです。DSC01296.jpg今回はカワハギのことから頭皮剥ぎに話が流れていきました。またしても役に立たない豆知識をネットからたくさん得てしまいましたねえ。年をとると脳内実装メモリがどんどん減っていくのにこんなことを詰め込んでる場合じゃない。なんか大事なことが代わりに抜けていくような気がする(汗)ネットを見てて一番たまげたのは、「頭皮剥ぎ」で検索したら「頭皮剥ぎの通販は楽天で」って広告が出てきたことだね。品揃えが幅広すぎるだろ楽天。

オリンパスの迷宮にまたも放り込まれる

P3130590_20170313145542ad4.jpg
>E-M1markⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

このところ、60㎜マクロの出番が多いです。最初に出たマクロレンズなんですけど、結局ここに戻ってきてしまう。やっぱり使いやすいんです。適度にワーキングディスタンスも取れますし。P3130309.jpg
マクロフラッシュ STF-8使用
今回は新しく出たマクロフラッシュを使ってフィールドで写真撮りましょう、というのがテーマ。とにかく小さくて軽い。20170306_133514.jpg本体重量285gなんで、持って歩いても全然苦にならないです。基本手持ちなんで、大柄なフラッシュだと疲れちゃうんだよねえ。んで、早速実践してみたわけですが、いつもの問題に遭遇。どう設定しても自分のやりたいことが出来ない。フラッシュじゃなくてE-M1markⅡ本体の問題です。P3060384.jpg以前から繰り返しオリンパスのメニュー体系は迷宮のようだと言ってますが、そのクソっぷりはいまだに健在です。自分の頭の中では
1 なるべく高速で連写
2 フラッシュも同調しつつ
3 フォーカスブラケット
これをやりたかったんです。いつもはMFでピンを合わせて、連写しながらゆっくりカメラを前後に動かして撮ってます。ファインダを見ながら、額でカメラをで押したり引いたりしなさいと習った覚えがあるんですが…違うのかな(汗) ま、ともかくカメラを動かさなくてもピントを前後に自動でずらしてくれると便利っすよねえ?P3060848.jpgでも、駄目なんですよ。なぜって
・フォーカスブラケットは電子シャッターのみ。
・電子シャッターでのフラッシュ使用は1/50秒まで
という制約があるんです。1/50だと、動きの速い被写体はブレるし、フラッシュ使用では露出オーバーになりやすいんです。マニュアルを読んでも良くわからなかったので、色々試してみた結果、どうもそういう事のようです。P3130700.jpgいいアイデアだと思ったのになあ…フォーカスブラケットは諦めよう。フラッシュをぱちぱち焚きながら連写してみるか…観察していると、STF-8は秒3コマくらいの連写が限界みたいですね。カメラ本体をメカシャッターに設定して連写すると、連写速度の設定に関係なく秒3コマくらいでぱちぱち光ります。でも、何かの拍子に急に高速連写になったりするわけ。もちろんフラッシュの同調はなし。何が悪いんだろうと思って、設定を丹念に変えてみるんだけど、出来たり出来なかったりする。つくづくアホの相手は疲れる。P3060875_20170313151305265.jpgそういうわけでマクロフラッシュでの撮影はグダグダのまま終了。無念。でもせっかく買ったし、気力が再チャージされたころに、もういちど挑戦してみようと思います。これだけ軽いシステムってまず無いですし。



プロフィール

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR